第4次産業革命の画像処理技術で交通管制

近年、高速道路や都市部、交通渋滞が拡大している地域での交通流管理ニーズが高まっています。一方、車両台数が早急増加する傾向のある現在で、重要な交通流監視場所で監視を行う作業者を配置することは大きいな課題であります。したがって、コンピュータサイエンス研究家が画像処理技術を応用して、交通流管理問題解決に試みました。

機能

画像処理技術はビジネスや人事、治安など生活の様々分野で応用されており、交通整理の場面で、この技術はどんなことができるか、一緒に見ましょう。

第一、画像処理技術は交通事故やトンネル内の煙、規制されたサイズの異常物体が自動検出できます。その他の異常交通現象もスマート監視カメラから記録され、分析が行われます。

第二、画像処理技術が自動に道路運行中車両を算出して、分類できます。大型自動車(バス、トラックなど)、普通自動車(普通自動車、小型特殊自動車、ジープなど)、自動二輪車、自動三輪車などまで複数の車種別が認証可能です。

第三、画像処理が道路走行中車両の交通ルール遵守度の監視手法の一つにもなれます。管理者が車両の速度・走行方向、または正しい車線に通行しているかどうか、把握できます。

交通管制計画に適用

上記の応用例から見ると、画像処理技術活用により、交通管制や交通計画する際に有用であります。具体的に、道路上の交差点での交通量を計測ことで、道路を広がる計画や道路改良計画などに役に立ちます。画像処理が交通量や平準速度などを計測・分析できることにより、交通に参加する運転士に必要な情報が提供でき、異常の交通問題などを事前に検知できます。

また、政府が大型自動車の計測情報から将来の道路修理・改良計画から必要なメンテナンススケジュール・運用サビースなどまで簡易に策定できます。平準の運行速度や占有率から、事故が発生する可能性が高い場所に異常な現象を早めに検知し、早急対応が図れます。

上記の応用例のように、DEHAが画像処理駆使でできることの研究と開発に取り込んでいます。私たちの将来ビジソンは交通分野での活用だけではなく、生活の様々な場面にもこの技術が駆使できるように広がりたい。画像処理を始め、先進技術の力で、お客様の様々問題を効率高く、低金額で解決することを望みます。