顧客データ収集に利用する画像処理とAI技術

現在、コンビニやお店に置いているPOSレジには、年齢と性別のボタンが配置され、こちらのデータを利用し、マーケティングに様々役に立っている。但し、マシンのボタン配置やスタッフの忙しさのため、まだ徹底的に使えないことが多いである。また、観光地、お祭りのような短期的な環境で設置しているレジであれば、顧客データ収集するのはもっと難しいである。現在、コンピュータビジュアルの中で大事になった画像処理技術を応用した結果、今までの収集方法が改善でき、正確に取得したデータは活躍できるようになった。

日本で顧客の情報収集できるPOSレジマシン

画像処理技術を活用することで、人の顔が認証できる以外、人が集まる場所や動画内の人数も計測できる。また、人数だけではなく、80%以上の正確度で顧客の年齢や性別までも検出できる。顔認証で、画像処理技術が人の顔に表れる様々な表情や感情を検出できる。上記の素晴らしい機能で画像処理技術が現在実験室や工場などの限られた世界ではなく、生産業や生活環境にも普及し,一般的になりつつある。

人数計測機能で、人が集まる場所の通行量や動画内に出現する人数を集計できる。この機能がイベント開催する際に参加者のチェックインや来店者数の計測でき、マー ケティング施策を考えるには役に立つ。

上記がDEHAで画像処理技術を駆使することにより、開発した通行量計測アプリケーションのデモ動画である。このアプリケーションで費用少なく、時間帯別の来店者数の計測の課題を解決できる。

顔や年齢、性別認証機能を通じて、マーケティング担当者が購買傾向を見極めて、今後のマーケティング戦略への応用が可能です。人事領域で、画像処理の顔認証を導入して、時間と手間を省き、スタッフの勤怠管理を効率化できる。

画像処理が刑法分野やセキュリティシステム、アクセス権限システムなどにも幅広く活用されておる。顔認証の目的を目指す画像処理プロセスが不審人物を早めに検知でき、個人・企業・機関のセキュリティシステムを効率化できる。特に、iPhoneの新しいバージョン、iPhoneXでこのセキュリティ対策がすでに適用されておる。以前指紋でロック解除の代わりに、IphoneXユーザーが自分の顔を使っって、デバイスのセキュリティーレベルを向上させる。

現在カスタマーサービスが企業経営に欠かせない存在である。しかし、以前オフラインでカスタマーサビースを提供することの代わりに、時間と費用節約効果でマシンが段々人の作業をやってもらう。そのため、オンラインのカスタマーサービスマシンに顔や感情認証技術を導入することで、顧客の気持ちやサビースへの評価などを簡易に検出でき、顧客の要求に応える改善や新規マーケティング戦略を考える。将来、マシンが人の複雑な感情を検出できるようになったら、犯罪者や不審人物を特定する可能性が高まり、刑事分野にも大きな貢献できる。

画像処理は誕生してから、まだ時間が少ないが、特に自分の人認証技術で生活の様々な場面で活躍されておる。その傾向を見極めて、DEHAが画像処理研究チームに力を入れて、様々なアプリケーションを開発できるように、取り込んでいる。近い将来、私たちの画像処理商品がもっと多面に成長し、お客様の様々なニーズに応える。