Author Archives for Tien Nguyen

第4次産業革命の画像処理技術で交通管制

May 17, 2018 4:06 pm Published by Leave your thoughts

近年、高速道路や都市部、交通渋滞が拡大している地域での交通流管理ニーズが高まっています。一方、車両台数が早急増加する傾向のある現在で、重要な交通流監視場所で監視を行う作業者を配置することは大きいな課題であります。したがって、コンピュータサイエンス研究家が画像処理技術を応用して、交通流管理問題解決に試みました。 機能 画像処理技術はビジネスや人事、治安など生活の様々分野で応用されており、交通整理の場面で、この技術はどんなことができるか、一緒に見ましょう。 第一、画像処理技術は交通事故やトンネル内の煙、規制されたサイズの異常物体が自動検出できます。その他の異常交通現象もスマート監視カメラから記録され、分析が行われます。 第二、画像処理技術が自動に道路運行中車両を算出して、分類できます。大型自動車(バス、トラックなど)、普通自動車(普通自動車、小型特殊自動車、ジープなど)、自動二輪車、自動三輪車などまで複数の車種別が認証可能です。 第三、画像処理が道路走行中車両の交通ルール遵守度の監視手法の一つにもなれます。管理者が車両の速度・走行方向、または正しい車線に通行しているかどうか、把握できます。 交通管制計画に適用 上記の応用例から見ると、画像処理技術活用により、交通管制や交通計画する際に有用であります。具体的に、道路上の交差点での交通量を計測ことで、道路を広がる計画や道路改良計画などに役に立ちます。画像処理が交通量や平準速度などを計測・分析できることにより、交通に参加する運転士に必要な情報が提供でき、異常の交通問題などを事前に検知できます。 また、政府が大型自動車の計測情報から将来の道路修理・改良計画から必要なメンテナンススケジュール・運用サビースなどまで簡易に策定できます。平準の運行速度や占有率から、事故が発生する可能性が高い場所に異常な現象を早めに検知し、早急対応が図れます。 上記の応用例のように、DEHAが画像処理駆使でできることの研究と開発に取り込んでいます。私たちの将来ビジソンは交通分野での活用だけではなく、生活の様々な場面にもこの技術が駆使できるように広がりたい。画像処理を始め、先進技術の力で、お客様の様々問題を効率高く、低金額で解決することを望みます。


顧客データ収集に利用する画像処理とAI技術

May 16, 2018 5:30 pm Published by Leave your thoughts

現在、コンビニやお店に置いているPOSレジには、年齢と性別のボタンが配置され、こちらのデータを利用し、マーケティングに様々役に立っている。但し、マシンのボタン配置やスタッフの忙しさのため、まだ徹底的に使えないことが多いである。また、観光地、お祭りのような短期的な環境で設置しているレジであれば、顧客データ収集するのはもっと難しいである。現在、コンピュータビジュアルの中で大事になった画像処理技術を応用した結果、今までの収集方法が改善でき、正確に取得したデータは活躍できるようになった。 日本で顧客の情報収集できるPOSレジマシン 画像処理技術を活用することで、人の顔が認証できる以外、人が集まる場所や動画内の人数も計測できる。また、人数だけではなく、80%以上の正確度で顧客の年齢や性別までも検出できる。顔認証で、画像処理技術が人の顔に表れる様々な表情や感情を検出できる。上記の素晴らしい機能で画像処理技術が現在実験室や工場などの限られた世界ではなく、生産業や生活環境にも普及し,一般的になりつつある。 人数計測機能で、人が集まる場所の通行量や動画内に出現する人数を集計できる。この機能がイベント開催する際に参加者のチェックインや来店者数の計測でき、マー ケティング施策を考えるには役に立つ。 上記がDEHAで画像処理技術を駆使することにより、開発した通行量計測アプリケーションのデモ動画である。このアプリケーションで費用少なく、時間帯別の来店者数の計測の課題を解決できる。 顔や年齢、性別認証機能を通じて、マーケティング担当者が購買傾向を見極めて、今後のマーケティング戦略への応用が可能です。人事領域で、画像処理の顔認証を導入して、時間と手間を省き、スタッフの勤怠管理を効率化できる。 画像処理が刑法分野やセキュリティシステム、アクセス権限システムなどにも幅広く活用されておる。顔認証の目的を目指す画像処理プロセスが不審人物を早めに検知でき、個人・企業・機関のセキュリティシステムを効率化できる。特に、iPhoneの新しいバージョン、iPhoneXでこのセキュリティ対策がすでに適用されておる。以前指紋でロック解除の代わりに、IphoneXユーザーが自分の顔を使っって、デバイスのセキュリティーレベルを向上させる。 現在カスタマーサービスが企業経営に欠かせない存在である。しかし、以前オフラインでカスタマーサビースを提供することの代わりに、時間と費用節約効果でマシンが段々人の作業をやってもらう。そのため、オンラインのカスタマーサービスマシンに顔や感情認証技術を導入することで、顧客の気持ちやサビースへの評価などを簡易に検出でき、顧客の要求に応える改善や新規マーケティング戦略を考える。将来、マシンが人の複雑な感情を検出できるようになったら、犯罪者や不審人物を特定する可能性が高まり、刑事分野にも大きな貢献できる。 画像処理は誕生してから、まだ時間が少ないが、特に自分の人認証技術で生活の様々な場面で活躍されておる。その傾向を見極めて、DEHAが画像処理研究チームに力を入れて、様々なアプリケーションを開発できるように、取り込んでいる。近い将来、私たちの画像処理商品がもっと多面に成長し、お客様の様々なニーズに応える。


【展示会のご来場 お礼】

May 14, 2018 12:43 pm Published by Leave your thoughts

皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、2018年5月9日~11日まで東京ビッグサイトにて開催されました展示会「Japan IT Week Spring」では、 ご多忙の折にもかかわらず弊社ブースにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 尚、混雑時には十分なご説明ができず不行届きな部分が御座いましたことお詫び申し上げます。 もし、展示会に紹介させた商品に関するお問い合わせやご不明な点がございましたら、お手数をおかけし恐縮ですが、 「お問い合わせ」より、お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので、 何卒、末永くご愛顧くださいますようお願い申しあげます。