代表取締役 松崎 紀之様

株式会社 amp

代表取締役 松崎 紀之様

制作物

オフショア開発・ラボ契約利用

Q: DEHAと付き合う前、オフショアをご利用したことがありますか。
A: DEHA様とのお付き合いが初めての利用です。実はオフショアについては、「文化や言葉の違いによるデメリット」が大きいのではないか、と考えておりました。ファム社長が弊社にお越しいただいた際、具体的なサービス内容について誠実にご説明くださり、その不安はなくなりました。

Q: オフショア開発の課題・困りは何でしょうか。詳しく説明お願いいたします。
A: 今のところ、大きな「課題・困りごと」はありませんが、しいて上げるとすれば、プロジェクト途中での対応項目の優先度変更や対応内容変更の背景をご理解いただくのが難しい点でしょうか。内容変更に関しては、柔軟に対応いただけており、その点では不満は全くないのですが、「なぜその変更が必要なのか」をより深く意識していただくことにより、対応に関してロスがなくなると考えています。その点で、余計な作業をさせてしまっているという問題点が今後解決すべき課題だと感じています。

 

Q: DEHAと付き合っていた後はベトナムでのオフショアについてどのように変化しましたか。←「ベトナムでのオフショアへの印象はどのように変化しましたか。」という意味で記載します。
A: 先ほど述べた通り、「文化や言葉の違いによるデメリット」が大きいのではないか、と考えておりましたが、その違いを払拭するレベルのサービスだと感じました。具体的には、仕様理解と開発スピードの速さが、文化や言葉の違いにより、少しだけ起こる認識違いを十分に埋めると感じています。また、認識違いは日本国内の企業間で発生するレベルと大差はないので、メリットの方が大きいですね。

 

Q: ベトナムでのオフショアを検討されている企業へアドバイスをお願いします。
A: Q1からQ3の回答で述べたとおり、「文化や言葉の違いによるデメリット」を不安視しているのであれば、その心配はないと感じています。日本のIT業界への脅威と考えず、人材が不足している日本のIT業界への救世主だと考えて、発注する側が誠意をもって対応すれば、必ず良い結果がでると思います。

株式会社 amp

株式会社 amp

株式会社 amp(アンプ)

  • WEBアプリ開発
  • ITインフラ構築
  • WEBデビューサポート
  • IT・セキュリティサポート