TOP ベトナム経済 新型コロナウイルスに関するベトナムでの感染、対応状況。日本人はベトナムに入国できない!?

新型コロナウイルスに関するベトナムでの感染、対応状況。日本人はベトナムに入国できない!?

by Van Nguyen
0 コメント
corona-virus-update

現在、日本のニュースは新型コロナウイルス一色ですね。

日々コロナウイルスの患者の増減や政府の対応についての話題が報道されています。

それは日本だけではなくベトナムでも同じです。

ベトナムでも患者数は少ないものの、ベトナム国民のコロナウイルスに対する不安は非常に強いです。

改めて新型コロナウイルスとは

コロナウイルスが新しいウイルスで怖いものだとはみなさんご存知だと思いますいが、改めて新型コロナウイルスとはどういったウイルスで身体にどういう影響があるのか一緒に見てみましょう。

『ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。HCoV-229E、HCoV-OC43が最初に発見されたのは1960年代であり、HCoV-NL63とHCoV-HKU1は2000年代に入って新たに発見された。』

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html NID国立感染症研究所ーコロナウイルスとは より引用

コロナウイルス自体はありふれたウイルスでのようです。

そして、引用にもあるように一般的な風邪と呼ばれる症状の10~15%は4種類のコロナウイルスが原因です。

しかし、今回世界的に大流行している新型コロナウイルスは名前の通り新型で、今まで人から人に移っていた一般的なコロナウイルスとは違い、動物から人に移ってきた新しいコロナウイルスです。

2002年に大流行したSARSもその一つです。SARSはコウモリから人に移ったと言われています。

新型コロナウイルスの症状

新型コロナウイルスの症状は通常の風邪と同様に、発熱、倦怠感、咳のような症状が出るようです。

そのため、症状だけでは通常の風邪と区別がつきにくいので注意しないといけません。

感染力はインフルエンザ並

今回の新型コロナウイルスは感染力が強いことでも知られています。

その感染力はインフルエンザより拡大スピードが速そうです。

ですが、新型で有効な特効薬が確立されていないということから各国が感染拡大に厳しく対応しているので、現状インフルエンザ程の大流行は抑えられています。

新型コロナウイルスの感染源は飛沫感染と接触感染です。ウイルスを持った人からの唾やくしゃみの飛沫、またはウイルスが付いたものの触れることでも移ってしまうそうです。

潜伏期間は一般的には14日間ですが、それ以上の例も報告されています。その為、感染症状が出る前に人から人へ感染を広げてしまう恐れもあります。

ベトナムの新型コロナウイルスの感染状況

2020年2月25日現在日本の感染者数は159人、死者4人ですが(クルーズ船内の感染者含まない)、ベトナムでの感染者は16人です。

また、完治者は日本では22人ですが、ベトナムでは全員が既に完治しています。

(ベトナムでは感染者が2月16日以降増えていません。)

ベトナムの新型コロナウイルスへの対応

ではなぜ日本とベトナムではこんなに感染状況が違うのでしょうか?

それは隔離処置の違いにあります。

ベトナムの対応

・感染者が集中していたソンロイ村を完全封鎖し、全村民(1万人)を完全隔離

・全国の学校を2月29日まで休校

・中国人のビザ発給を停止、国境封鎖

ベトナムの感染者はビンフック省のソンロン村に集中していて、感染が全国に拡大する前にすぐに封鎖などの対応をとったので日本のように感染者が広がらなかったのだと思います。

また、日本とは違い現在は中国人や中国からの入国を停止しています。

そのお陰で新たな感染者の発生も防げているのだと思います。

日本人がベトナムに入国できない?

現時点では、ベトナム国内の空港で発熱、咳などの症状が確認された場合、帰国指示や14日間の隔離処置をとっているようです。

また、現在はまだ検討中ですが、感染者が多い日本や韓国から来た人(ベトナム人も含む)の隔離も検討しているようです。

ベトナムは徹底して発生源を排除する方針です。

このような状況が続けば本当に日本人がしばらくベトナムに入国できなくなるかもしれません。

多くの企業が中国からベトナムに避難!?

中国といえば世界の工場として多くの外資系企業が中国に生産拠点を置いていました。

そしてベトナムはチャイナプラスワンとして中国依存を避けるための回避先でしたが、ここに来てベトナムの人件費、地理的な魅力だけでなく、中国の新型コロナウイルスの影響もあり各企業の中国撤退に勢いがついているようです。

新型コロナウイルスの影響による対策で目先の経済損失はありましたが、長期的には良い結果になるかもしれません。

関連記事