deha magazine / オフショア開発

オフショア開発

pythonWEBアプリ開発オフショア開発 2023/11/26

Python開発のための便利な開発環境|最新動向を解説

Pythonはその柔軟性と豊富なライブラリにより、幅広い分野で利用されています。 Python開発者にとって、効率的で便利な開発環境の選択は非常に重要です。そこでこの記事ではPython開発のための便利な開発環境と、最新の動向について解説します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばPython開発のための開発環境はもちろん、最新の動向も丸わかりですよ。

オフショア開発 2023/11/22

【2023年最新版】経産業省が調査した「未来人材ビジョン」に見る、IT人材不足の背景と動向

経産業省が調査した「未来人材ビジョン」では日本の産業の現状や、これからどのような変革が必要なのかなどが紹介されています。 この記事ではそんな「未来人材ビジョン」から、IT人材不足の背景と動向を中心に詳しくまとめていきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば日本の産業の現状や課題がわかるほか、これから必要なスキルや能力も丸わかりですよ。

オフショア開発 2023/11/21

スクラムで スプリント バックログを活用し、作業改善に取り組む際の注意点

スクラムは、アジャイル開発の一形態であり、迅速かつ柔軟にソフトウェアを開発するためのフレームワークです。 そんなスクラムでは、作業を小さなイテレーション(スプリント)に分割し、その間に特定の目標を達成することが重視されます。そんなスプリントの成功には、バックログ管理が欠かせません。 そこでこの記事ではスクラム開発でバックログを活用する際の注意点やポイントについて紹介していきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばスクラムでスプリントバックログを活用する際のポイントやオフショア開発との組み合わせ方まで丸わかりですよ。

オフショア開発システム開発 2023/10/31

システム開発の外注を失敗しないためコツ5選|オフショア開発

システム開発の外注は、効率的なソリューションを提供し、コストを節約するために非常に有益な方法です。 しかし、外注のプロジェクトは失敗する可能性もあり、それを防ぐためにはいくつかの重要なコツがあります。 そこでこの記事では、システム開発の外注プロジェクトを成功させるための5つの重要なコツを説明します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばシステム開発を成功させるための方法が丸わかりですよ。

オフショア開発システム開発 2023/10/29

システム開発 工程の流れ|効率化させる方法を紹介【オフショア開発】

システム開発を効率化させることは、プロジェクトの成功に不可欠であり、オフショア開発を含む多くの企業にとって鍵となります。 そこでこの記事ではシステム開発の工程をあらためて整理し、効率化させるための方法をシェアしていきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばシステム開発の工程に関して知ることができる他、効率化させるためのポイントが分かりますよ。

WEBアプリ開発WEB制作オフショア開発 2023/10/20

​Web フレームワークのトレンド5選|オフショア開発

Web開発の世界は常に進化し、新しい技術とトレンドが日々登場しています。特にオフショア開発において、最新のWebフレームワークを理解し活用することは、プロジェクトの成功に不可欠です。 本日はそんな2023年に注目すべきWebフレームワークのトレンドについて、紹介したいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばWeb フレームワークの最新のトレンドがわかるのはもちろん、オフショア開発と相性の良いフレームワークも丸わかりですよ。

オフショア開発 2023/10/15

ラボ契約(ラボ型開発)とSES契約の違い|オフショア開発活用の選択

オフショア開発は、多くの企業にとって効率的でコスト効果の高いソフトウェア開発アプローチとして人気があります。 オフショア開発を活用する際、ラボ契約とSES(システムエンジニアリングサービス)契約は2つの主要な選択肢です。この記事では、ラボ契約(ラボ型開発)とSES契約の違いと、それぞれの特徴について解説します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばラボ契約(ラボ型開発)とSES契約の違いがわかるのはもちろん、どちらがあなたの開発に合っているかなども丸わかりですよ。

アジャイル開発オフショア開発 2023/10/13

アジャイル開発とスクラム開発の徹底比較|オフショア開発

ソフトウェア開発で注目されているアジャイル開発とスクラム開発はご存知でしょうか。 これらの開発手法では、プロジェクトを短いイテレーションやスプリントに分割し、反復的な開発サイクルを採用します。これにより、プロトタイプの迅速な開発と変更への柔軟な対応が可能になります。

オフショア開発システム開発 2023/10/12

LIVE オークション システム開発の外注費用を抑える際に、オフショア開発会社選定ポイントとは?

LIVE オークション システム開発を行う際に外注開発を選択される方も多くいらっしゃるでしょう。外注開発は費用効率を向上させる方法の一つです。 そしてとある工夫をすることで外注費用をさらに抑えることができます。その工夫が「オフショア開発」です。 この記事ではLiveオークション型システム開発のオフショア開発会社を選定する際に、どういった点に気をつければ良いのか、そのポイントを紹介します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばLIVE オークション システム開発をオフショア開発する際のポイントがわかる他、どういった点に気をつければ良いかがわかりますよ。 LIVE オークション システム開発とは ライブオークション型システム開発は、オンラインでリアルタイムな入札と競り合いを提供するウェブアプリケーションやプラットフォームの構築を指します。 システムはリアルタイムのストリーミング技術を使用して、ユーザーにオークションの進行状況や他の入札を提供します。ユーザーエンゲージメントを高め、参加者がリアルタイムで競り合うことでエンターテイメント性を提供します。 オフショア開発会社選定ポイント ここからは実際にオフショア開発会社を選ぶ際にどういった点に気をつければ良いのか紹介していきます。 ポートフォリオと実績 オフショア開発会社のポートフォリオや過去の実績を確認しましょう。同様のプロジェクトを成功させた経験があるかどうかを確認し、信頼性を評価します。 DEHAソリューションズではホームページから実績を確認することができるので、ぜひチェックしてみてください。 専門性と技術スキル LIVE オークション システムは高度な技術スキルを必要とします。プラットフォームの開発には、ウェブ開発、モバイルアプリ開発、リアルタイムストリーミング、セキュリティ対策、支払いゲートウェイ統合など多くの技術要素が関与します。 開発会社の技術スキルと使用する技術スタックを評価し、プロジェクトの要求に適しているかどうかを確認しましょう。 コミュニケーション オフショア開発はリモートで行われるため、適切なコミュニケーションがプロジェクトの成功に不可欠です。 オフショア開発会社が効果的なコミュニケーションを確保できるかどうかを確認し、タイムゾーンや言語の違いをどのように処理するかを議論しましょう。 また進捗報告をどのぐらいの頻度で、どのように行うかも事前によく確認しておくようにしましょう。 セキュリティ対策 LIVE オークション システムはユーザーデータや支払い情報を取り扱うため、高いセキュリティ対策が必要です。 開発会社がセキュリティに関するベストプラクティスを遵守していることを確認しましょう。 費用対効果 費用対効果を検討しましょう。最も安価な選択肢が最適であるとは限りません。品質やサポートを考慮に入れ、総合的な価値を評価しましょう。 法的および法規制の遵守 オフショア開発会社が法的および法規制を遵守しているかを確認しましょう。データプライバシーとセキュリティに関する規制を遵守していることは非常に重要です。 プロジェクト管理能力 開発会社のプロジェクト管理能力も考慮に入れましょう。 プロジェクト管理者はタスクの進捗を監視し、問題が発生した場合に早期に対処する役割を果たします。定期的な進捗報告と問題解決のプロセスがスムーズに機能するか確認しましょう。 スケジュールや品質の管理が適切に行われるかどうかを事前に確認し、プロジェクトの円滑な進行を確保しましょう。 またプロジェクト管理者はリスク管理に対しても責任を持ちます。プロジェクト開始前にリスク評価が行われるか確認するようにしましょう。 サポートと保守 プロジェクトの完了後もサポートと保守が提供されるかどうかを確認しましょう。システムのトラブルシューティングやアップデートが必要な場合、開発会社がサポートできるかどうかは重要です。 これらを事前に確認することで長期的な関係を構築することができます。 まとめ いかがでしたか。本日はLIVE オークション システム開発についてオフショア開発で外注する際の会社選定のポイントについて紹介していきました。 オフショア開発会社選定の際には専門性や技術スキルをポートフォリオなどで確認するようにしましょう。またセキュリティ対策や保守などもLIVE オークション システム開発においては重要です。 さらに、オフショア開発ではコミュニケーションロスの問題が起こりがちなので、オフショア開発会社のコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も確認しておくことがポイントです。 DEHAソリューションズでは7年以上に渡りベトナムオフショア開発を行っています。ベトナムオフショアでは技術力の高いエンジニアによる開発を提供することができます。 エンジニアの質やコスト面など気になる点がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

オフショア開発 2023/09/13

Azure DevOps活用で開発効率を向上させる!開発から運用まで一気通貫の環境構築

ソフトウェア開発およびプロジェクト管理が行えるAzure DevOpsなら、開発から運用までのプロセスを一貫して管理することができます。 この記事ではそんなAzure DevOpsについて、どんな特徴があるのか、具体的にどんなことができるのかなど徹底解説していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばAzure DevOpsで何ができるのかがはもちろん、具体的なプロセスも丸わかりですよ。 Azure DevOpsとは? Azure DevOpsは、ソフトウェア開発およびプロジェクト管理のための包括的なプラットフォームです。主要なコンポーネントは以下の通りです。 Azure Boards プロジェクトの計画、追跡、タスク管理を支援するツール。アジャイル、スクラム、またはカンバンのプロジェクト管理方法をサポートし、タスクやバグの追跡、優先順位付け、進捗の監視などが可能。 Azure Repos プライベートなGitリポジトリをホストできるサービスで、コードのバージョン管理、コラボレーション、コードレビューが可能。複数の開発者が協力してコードを管理し、変更を追跡できます。 Azure Pipelines CI/CD(継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー)を実現するツール。コードのビルド、テスト、デプロイを自動化できます。さまざまなプラットフォームやクラウド上のターゲットにアプリケーションをデプロイできます。 Azure Test Plans テストケースの計画、管理、実行、トラッキングを行うためのツール。アプリケーションの品質管理やテストカバレッジの追跡に役立ちます。 Azure Artifacts パッケージ管理とアーティファクトのホスティングを提供。アプリケーションの依存関係を管理し、再利用可能なコンポーネントを保存できます。 これらのツールとサービスを統合して、ソフトウェア開発ライフサイクル全体をサポートします。 開発者、テスター、プロジェクトマネージャーなど、異なる役割のチームメンバーが協力してプロジェクトを進め、高品質なアプリケーションを素早く提供するための効率的な手段を提供します。 Azure DevOpsなら開発から運用まで一貫できる Azure DevOpsなら開発から運用までのプロセスを一貫して管理することができます。Azure DevOpsを利用することで品質の向上、素早いリリース、効率的なチームコラボレーションが可能となり、ソフトウェア開発プロジェクトの成功に寄与します。 具体的にできることは以下の通りです。 開発プロセスの統合 Azure DevOpsは、プロジェクト全体を統合的に管理できるプラットフォームです。ソフトウェアの企画、設計、開発、テスト、デプロイ、運用まで、すべての段階をシームレスに結びつけることができます。これにより、開発プロセス全体での効率性が向上します。 CI/CDの自動化 継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)は、ソフトウェア開発の要となります。 Azure DevOpsを使用すると、コードのビルド、テスト、デプロイが自動化され、素早いリリースサイクルが実現します。これにより、バグの早期発見と迅速なリリースが可能になります。 監視とトラブルシューティング アプリケーションが運用段階に入ると、Azure DevOpsは監視ツールとしても機能します。 システムの健全性を監視し、トラブルシューティングのためのデータを提供します。運用の自動化もサポートし、運用コストを削減します。 チーム作業の効率化 Azure DevOpsは複数の開発者や関係者が協力しやすい環境を提供することができます。具体的にはコードの共有、タスクの割り当て、コミュニケーションツールの統合などが可能です。 クラウドベースの柔軟性 Azure DevOpsはクラウドベースで提供されており、必要なリソースを柔軟にスケーリングできます。 プロジェクトの成長に合わせてリソースを増減させることができ、クラウドのセキュリティと可用性も利用できます。 Azure DevOpsを使用して、コードのビルド、テスト、デプロイを自動化する方法 Azure […]

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT