deha magazine / Veu.js

Veu.js

LaravelVeu.jsWEBアプリ開発 2023/10/17

LaravelとVue.js連携 メリット・デメリットも解説

Webアプリケーションの開発において、LaravelとVue.jsを組み合わせることは、多くの開発者にとって一般的な選択肢となっています。 LaravelはPHPの優れたフレームワークであり、Vue.jsは強力なJavaScriptフレームワークです。 この記事では、なぜこれらの2つを連携させるべきか、そのメリットとデメリットについて詳しく解説します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばLaravelとVue.js連携

Veu.jsWEB制作 2022/02/01

vue.jsとは?将来性・開発需要を解説

JavaScriptではさまざまなフレームワークが用意されていて、効率的な開発をすることができます。 その中でもvue.jsは日本で特に人気があり、学習コストが低いと言われています。 この記事ではそんなvue.jsについて、将来性や開発概要などを中心に紹介していきます。 vue.jsが気になる方 JavaScriptを勉強中の方 JavaScriptのフレームワークを知りたい方 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばvue.jsがどんなフレームワークなのか、将来性はどうなのかなどがまるわかりですよ。 vue.jsとは? vue.jsは2014年にリリースされた日本国内で人気のJavascriptのフレームワークです。 他のフレームワークと異なり記述方法に癖が少ないため、React.jsよりも学習コストが低いと言われています。また他のライブラリとの組み合わせを自由に選ぶことができるといったメリットもあります。 そんなvue.jsには以下のような機能があります。 ディレクティブ コンポーネント ディレクティブとはv-で始まる特別な属性のこと。ディレクティブによってHTMLに独自の属性を付与し、DOM操作を行うことができます。 コンポーネントとはアプリケーションで再利用することを指します。コンポーネント化をすることで、何度も同じコードを書く必要がなくなり見やすく保守も行いやすくなるのです。 他にもできることは多くあります。詳しくはこちらの記事で解説しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。 合わせて読みたい>>解説!Veu.jsでできること、向いていないこと【WEBアプリ開発】 Javascriptのフレームワークとは Javascriptのフレームワークは「開発を素早く行い、生産性をあげる」ということを目的に誕生しました。AngularやReact、jQueryなども有名ですね。 そもそもJavascriptはフロントエンド開発にて主に使われていて、HTML、CSSで作られたページに動きをつけることができます。 実はそんなJavascriptのフレームワークは公式のものはなく、個人や企業が独自に開発を行っています。だからこそ、世界中に多くのJavascriptのフレームワークが存在するのです。 その中でも、学習コストが低く、扱いやすいvue.jsは特に人気が高くなっています。 vue.jsの将来性 vue.jsは将来性がとても高いフレームワークと言って良いでしょう。その理由を解説していきます。 理由①多くの企業で利用されている vue.jsは多くの企業で導入されています。2018年に行われたVueFesでは、「LINE」「DeNA」「GMOペパボ」などと言った大手のIT企業がスポンサーになっています。 理由②求人数も増加 人材メディアHRogによると、2018年の1月〜12月での求人広告は267.3%の増加率となっています。 このように求人数から見ても将来性があると言えます。 理由③学習コストが低い 何度も言っていますが学習コストが低く、学びやすいフレームワークです。そもそもVue.jsはAngularJSの有用な部分を取り出しそれ以外を削ぎ落として作られています。 シンプルな文法構造の上、日本人の学習者が多いので、日本語の情報も多く出回っています。公式サイトも日本語に翻訳されているのも嬉しいポイントですね。 理由④歴史が浅いのにもかかわらず既に人気が高い vue.jsは2014年に誕生したばかりにもかかわらず、人気がとても高いです。先ほども紹介したように多くの企業でも導入されています。 企業に導入される実先が増えれば、学習しようとする人も増えます。そこからvue.jsを使ったサービスも増えると言ったような好循環が生まれる可能性が高いのです。 まとめ いかがでしたか。本日はJavascriptのフレームワークであるvue.jsについて、その概要と将来性を解説していきました。 学習への敷居が低く、多くの企業で導入されていることから今後も高い人気が続くフレームワークと言えそうです。 dehaでは本日紹介したフレームワークやライブラリを利用し、日本企業様向けのベトナムオフショア開発を5年間行ってきました。 Web開発の開発実績も多数あり、JavaScriptに習熟したエンジニアも多数在崎しています。 オフショア開発は、国内開発より低いコストで、優秀なエンジニアを登用できるのが魅力です。 Web開発に向けた、エンジニアリソースの確保をお考えでしたら、ぜひdehaにご相談ください。 ▼ dehaソリューションへの簡単見積もりの依頼はこちら

Veu.jsWEB制作 2021/11/19

解説!Vue.jsでできること、向いていないこと【WEBアプリ開発】

javascriptのフレームワークVue.jsは、リアクティブ、コンポーネントなど様々な機能を利用することができます。その他にもVue.jsにはできることがたくさんあります。 この記事ではそんなVue.jsでできることを詳しく解説していきます。さらに、反対に向いていないことなども紹介していきますよ。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばVue.jsがどんなフレームワークなのか、どんなことができるのか、どんなことが苦手なのか丸わかりですよ。 Vue.jsとは Vue.jsは世界中で多くの人が利用しているjavascriptのフレームワークです。javascriptには他にもReactやAngularなどのフレームワークも存在しますが、それらと比べてより学習コストが低いということで注目されています。 ドキュメントが充実していて、日本語情報の多いことから国内でも人気となっています。 そんなVue.jsはUIを作るために用いられており、拡張性も高いと言われています。 Vue.jsで記述してる箇所に、他のフレームワークの処理を入れ込んだり、画面の一部だけをVue.jsで記述したりすることができるなど、かなり柔軟に使うことが可能です。 Vue.jsでできること Vue.jsは主にWebアプリケーション開発で利用されることが多いです。 そんなVue.jsでできることでできることは以下の通りです。 それぞれ解説します。 リアクティブ リアクティブとは、ユーザーが打ち込んだ変更に対して一瞬で反応をすることを指します。 Vue.jsでは、ユーザーが打ち込んだ情報を保持するModelと、ユーザーが目にする値viewが連動していて、どちらかの値が変われば、すぐにもう一方も変更される仕様となっています。 少しイメージがしづらいかもしれませんが、リアクティブの一例としてExcelの関数があります。 Excelに数値を入力して、それをもとに計算する関数を記載すると、計算結果が自動で表示されますよね。 このような機能がVeu.jsで使えることによって、コードを短くすることができメンテナンスも簡単にすることが可能になるのです。 コンポーネント コンポーネントとは、プログラムをパーツ化し、それぞれを再利用していくことを指します。 車の部品のように各パーツを組み立てて、それらを最後に組み合わせることでトータルの労力を減らす効果があります。 トランジション トランジションは、HTMLやCSSの変更を行った際にDOMの内容も即座に変更することができる機能です。 ちなみに、DOMは「Document Object Model」のことでHTMLドキュメントをプログラムから利用するためのAPIのこと。 HTMLドキュメントの中の「何処」に変更を与えるのか指定し、任意のプログラムを実装することを指します。 通常、Webブラウザに画面を表示する時は、DOMからHTMLを解析してWebページを表示します。 しかし、これではHTMLの変更の度にWebブラウザの読み込みをしなくてはいけません。 一方、トランジションを利用すれば、こうしたWebブラウザの読み込みは必要ありません。 HTMLを変更すればDOMも変更されるので、業務を大幅に効率化していくことが可能になるのです。 拡張性 Vue.jsはシンプルな設計ということもでき、拡張性がとても高いです。 他のライブラリ と組み合わせ、様々な開発に適用することができます。 また、後からでも導入ができたり、後から必要になった機能を追加することも特徴です。段階的に規模を拡大していくと言ったことも可能なのです。 Vue.jsに向いていないこと Veu.jsではできることがたくさんありましたが、反対に苦手分野は何でしょうか。 それはズバリ、「大規模な開発」です。 Vue.jsではSPA(Single Page Application)の開発といった小規模な開発に向いています。SPAは1つのページ内で情報が変化するので、大規模なページやサービスには向いていないのです。 もし、大規模な開発を行うのであれば、ReactやAngularなどを活用するのをおすすめします。 合わせて読みたい>>2021年版 JavaScriptのフレームワーク5選!開発者向けにご紹介 Vue.jsのメリット・デメリット 今までVeu.jsでできることや向いていないことなど解説していきましたが、最後にVue.jsのメリットとデメリットを紹介します。 詳しい内容や他のフレームワークとの比較は「JavaScriptのフレームワーク!Vue.jsのメリット・デメリット」や「WEBアプリの開発言語・フレームワークのトレンド【オフショア開発】」を参考にしてください。 Vue.jsのメリット Vue.jsのデメリット まとめ いかがでしたか。本日はjavascriptのフレームワークVue.jsでできることや、向いていること反対に向いていないものなどを紹介していきました。 Vue.jsでは大規模開発やモバイルアプリ開発などには向いていませんが、SPA開発などには向いていて、学習コストの低いフレームワークでした。 リアクティブやコンポーネント、トランジションなど様々な機能があり、拡張性も高いVue.js。 気になる方は取り入れてみてはいかがでしょうか。 DEHAでは、本日紹介したVue.jsなどを利用したシステム開発も行っています。 […]

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT