ベトナム・ラボ型開発

アウトソーシングラボ型開発

ラボ型開発とは?

ラボ型開発とは、オフショア開発の形態の一つで、一定期間内に発注量の最低保証を行う契約を結び、開発を行う形式です。当社の場合、ベトナムのリソースをお客様の専属開発チームとして構成します。


受託開発(請負開発)のように工数を計算し、都度技術者をアサインして開発を行うのではなく、お客様のニーズに対応したスキルを保有するメンバーをアサインし、長期的にプロジェクトの推進を支援することができます。

ラボ型開発のメリット

  • 優秀な人材(特にリーダー)を確保できる!
  • ノウハウを蓄積しやすくなる!
  • 仕様変更等、臨機応変、柔軟な対応ができる。継続することで技術力、品質などの向上が見込める
  • 自社の手法をそのまま生かすチーム制を導入できる
  • 会社設立や管理の手間、技術者採用などのノウハウやコスト・手間が不要。家賃など煩雑な経費は一切なし!

つまり、素早く、海外での開発をスタートすることができ、質の高い開発を低コストで行うことが可能です!

ラボ型開発のフロー

ヒアリング

ヒアリング

まずはお客様のご要望を詳しくお聞かせください。

ご提案・お見積り

ご提案・お見積り

ヒアリングした内容に合わせて、開発体制やプロセスをお見積りと合わせてご提案します。

コーディング・実装

ラボ開発開始

お客様とコミュニケーションをはかりながら開発を進めます。

納品

納品・レビュー

納品後はレビューを行い、ラボ開発を継続するか検討します。

ラボ型開発はこんな方におすすめ

  • 定期的な運用保守、システムの改善・改修を行いたい
  • 運用保守や維持などの業務をオフショアに移管し、日本の技術者を新しい業務に対応させたい
  • 長期的視野にたって、オフショア開発のノウハウを蓄積していきたい
  • 長期的なスパン、アジャイル方式での開発を行いたい
  • 将来を担うグローバルエンジニアに育成するため、若手社員にチームを持たせて経験を積ませたい

事業内容

事業内容
事業内容
事業内容
事業内容