deha magazine / オフショア開発 / JavaScriptのフレームワーク!AngularJSのメリット・デメリット

JavaScriptのフレームワーク!AngularJSのメリット・デメリット

2021/05/31

JavaScriptは、ウェブ開発で必須の言語です。
今回は、JavaScriptのフレームワークの1つである、AngularJSについて解説します。
類似のフレームワークにAngularもありますが、中身は大きく異なるので、AngularとAngularJSの違いについても触れます。

AngularJSとAngularの違いについて

AngularJSは、元々Googleの開発者が、ウェブアプリケーション開発を簡単にするために開発したJavaScriptフレームワークです。

2009年から公開されていましたが、いくつかの問題があったため、2016年に問題点を改善したAngular2(現在Angularと呼ばれています)というフレームワークに変わりました。

Angularは、AngularJSと似た名称ですが、中身が大きく異なります。

たとえば、AngularJSはJavaScriptをメインとしたフレームワークですが、AngularはTypeScriptをメインとしたフレームワークです。

AngularJSとAngularは、基本的に、メジャーリリース後6ヶ月の積極的なサポート+12ヶ月の長期サポート期間の合わせて18ヶ月サポートされます。

AngularJSに関しては、Angularへの移行期間を含めるため、2018年から通常より長い長期サポートに入っていました。
コロナの影響もあり、2021年12月までは長期サポートが延長されています。

AngularJSのメリット

この記事では、AngularJSの方を見ていきます。

SPA開発に必要な要素がすべて含まれている

AngularJSは、ウェブアプリケーション開発を前提としているだけあり、SPA(シングルページアプリケーション)開発に必要なルーティング・Ajax通信・双方向データバインディングといった機能を簡単に呼び出せるようになっています。

また、双方向データバインディングやHTMLテンプレート、スコープ機能など、開発を便利にする機能も多く含まれています。

アプリケーション開発に必要な機能を全て備えたフレームワークと言えるでしょう。

開発工数が少なくてすむ

AngularJSは、多機能な割に、動かすために必要な工数がそれほど多くありません。
ディレクティブで設定した記述を指定することで、各機能を呼び出すことができます。
AngularJSを上手く使えれば、スピード感のある開発を行うことが可能になるでしょう。

AngularJSのデメリット

AngularJSには、いくつかのデメリットがあります。

パフォーマンスが低い

1つ目はパフォーマンスの低さです。

AngularJSには、「スコープ」と呼ばれる機能があります。
これは一般にプログラミングで使われるスコープのことではなく、画面を監視・変更する特殊なオブジェクトを指しています。

またAngularJSには、「消化サイクル」(digest cycle)と呼ばれるある種のループ構造があり、むやみにスコープを増やしてしまうと、画面を監視する処理が無駄に呼ばれてしまい、速度に影響が出てしまいます。

いろいろな書き方ができる

AngularJSでは、同じ処理を作るのに複数の方法が存在しています。
いろいろな書き方ができるのは、一見するとメリットのように感じますが、チーム開発においては、コードの書き方が統一されなくなるリスクを生みます。

コードの書き方が統一されていないとコードの可読性が下がってしまうので、不具合に繋がりかねません。

機能追加されない

上述したように、AngularJSは2021年12月にはサポートを終了してしまいます。
現時点でも、新機能の追加は止まっており、今後機能追加のアップデートは行われないでしょう。

それだけでなく、サポート終了後は、それ以降発見されたバグへの対応も遅くなると思われます。
新しく立ち上げるプロジェクトにAngularJSを採用するのはおすすめできません。

AngularJSでの開発・改修案件ならdehaにご相談ください

ここまで、AngularJSのメリットデメリットについて見てきました。
気をつけたい点として、AngularJSは「Angular」という別のフレームワークとしてアップデートされており、今後アップデートされることは無いという点があります。

新規立ち上げのプロジェクトに関しては、AngularJSではなく、AngularやReactなどの別のフレームワークを選択するのが良いでしょう。

dehaでは、過去5年に渡り、ベトナムオフショア開発を行ってきました。
ベトナムオフショア開発では、国内開発よりも費用を抑えて、優秀なエンジニアを登用することができます。

AngularJSの開発・改修案件などで、エンジニアのリソースが足りない場合、ぜひdehaにお問い合わせくださいませ。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT