deha magazine / モバイルアプリ開発

モバイルアプリ開発

モバイルアプリ開発 2024/03/19

アプリ運用・保守費用相場とは?コスト削減のコツを解決

アプリ開発が終了した後、そのアプリを継続的に運用・保守することは重要です。しかし、運用・保守にかかる費用は予測しにくく、企業にとって負担となる場合もあります。 そこで、オフショア開発を利用することで、コスト削減のコツが見つかるかもしれません。 本日はそんなアプリ運用・保守費用相場とオフショア開発でコストを削減するコツについて紹介したいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばアプリ運用・保守の相場がわかるのはもちろん、コストを抑えるコツが分かりますよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2024/03/16

【2024年版】モバイルアプリ市場のトレンド予測

モバイルアプリ市場は日々変化を遂げています。この記事では2024年のモバイルアプリ市場がどのようなトレンドで進んでいくのかについて、data.aiの「モバイルアプリ5つの予測」のデータを元に紹介していきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばモバイルアプリ市場のトレンドを知って、自社のアプリ開発に活かすことができますよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2024/02/23

MaaSアプリ開発とは?基本的な開発の流れと事例を解説

MaaS(Mobility as a Service)アプリ開発は、都市の移動を革新する革命的な取り組みです。 異なる交通手段を1つのアプリに統合し、ユーザーが移動をシームレスに計画、予約、支払い、利用できるようにします。 この記事では、そんなMaaSアプリの基本的な開発手順と成功事例を探ります。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばMaaSアプリ開発に関して明確になるだけではなく、具体的な開発事例もまるわかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/12/13

オークション機能付きライブ配信アプリ開発を外注すべき理由

オークション機能付きライブ配信アプリは近年のトレンドであり、多くの企業や個人が参入し、利用者数が増加しています。 特に、エンターテイメント、教育、ショッピング、ゲームなど、多岐にわたる分野でライブ配信が活用されています。 そこで今回はそんな拡大を続けるオークション機能付きライブ配信アプリについて、開発を外注するべき理由について深掘りしていきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばオークション機能付きライブ配信アプリ開発を外注すべき理由がわかるのはもちろん、外注する際に気をつけるべき点も丸わかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/11/08

WebViewを活用したハイブリッドアプリ開発の成功ポイント

ハイブリッドアプリ開発は、ネイティブアプリとWebアプリの長所を組み合わせたアプローチで、多くの企業や開発者にとって魅力的な選択肢となっています。 そんなハイブリッドアプリを効率化させる「WebView」というサービスはご存知でしょうか。 本日はそんな「WebView」を活用したハイブリットアプリ開発の成功ポイントをシェアしていきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばWebViewを活用したハイブリットアプリ開発の方法が丸わかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/11/07

アプリ開発でネイティブアプリ・ハイブリッドアプリ・ミニアプリを徹底比較

アプリ開発にはネイティブアプリ、ハイブリッドアプリ、ミニアプリの3つの主要なアプローチが存在します。 それぞれのアプローチには独自の特徴と利点があり、開発者や企業はプロジェクトの要件や目標に合わせて最適な選択をする必要があります。 そこでこの記事ではネイティブアプリ、ハイブリッドアプリ、ミニアプリを比較し、それぞれの特性と適切な使用事例について詳しく説明します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばネイティブアプリ・ハイブリッドアプリ・ミニアプリそれぞれの特徴がわかるのはもちろん、メリットやデメリットまで丸わかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/11/05

スーパーアプリ・ミニアプリとは?できること、開発方法や費用をご紹介

近年、スマートフォンの普及に伴い、アプリケーションの市場が急速に成長しています。 アプリはビジネスやエンターテイメントの領域で非常に重要な役割を果たし、ユーザーエクスペリエンスの向上や企業の収益増加に寄与しています。 そんな中、スーパーアプリとミニアプリは、このアプリの進化において注目される新たなトレンドとなっています。 そこで今回はそんなスーパーアプリとミニアプリに注目して、具体的にどのような特徴があるのかや開発費用などを徹底解説していきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばスーパーアプリ・ミニアプリがそれぞれどのような特徴があるのかがわかるのはもちろん、メリットなども丸わかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/10/26

iOS アプリ開発に最適な言語は?Swift と Objective-C の特徴を徹底比較

iOS アプリ開発に最適な言語としてSwiftとObjective-Cの2つがあります。SwiftとObjective-CはそれぞれAppleによって開発されたプログラミング言語で多くの利用者がいます。 本日はそんなSwiftとObjective-Cに関して、どういった特徴があるのかや、それぞれの違いに関して徹底解説していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばSwiftとObjective-Cの特徴がわかるのはもちろん、どちらが特定のケースに最適かが丸わかりですよ。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/10/03

【2023年新版】モバイル開発における稼げる プログラミング 言語5選|オフショア開発

モバイル開発において適切なプログラミング言語を選択することは重要です。 どのプラットフォームに対応させるのか、どの規模の開発を行うのかなどによって選択する言語は変わってくるかと思います。 そこで今回はモバイル開発における稼げるプログラミング言語について5つご紹介していきます。

続きを読む >>

モバイルアプリ開発 2023/08/29

モバイルアプリ開発に最適なおすすめの言語は?

モバイルアプリ開発を行うにあたり、様々な開発言語の中からどれを利用するか迷うことはありませんか? この記事ではモバイルアプリ開発に最適なおすすめの言語に関して、4つご紹介していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばモバイルアプリ開発に最適な言語の特徴を知ることができるほか、モバイルアプリ開発を行う際に気をつけるべきことが分かりますよ。 モバイルアプリ開発に最適なおすすめの言語は? モバイルアプリ開発におすすめの開発言語を4つご紹介します。 Swift(スウィフト) iOSアプリの開発に最適な言語で、Appleの公式なプログラミング言語です。簡潔で読みやすい構文であるため、コードを効率よく記述することが可能。 コンパイラによる最適化が進んでいるため、高速な実行速度を提供することができます。これにより、快適なユーザーエクスペリエンスを提供するアプリを構築することが可能。 またSwiftは安全性も高く、コンパイル時に型エラーや安全でない操作を検出することができます。 Kotlin(コトリン) Androidアプリの開発に適した言語で、Googleが公式にサポートしています。Javaに比べて簡潔な構文を持ち、冗長さを排除し、効率的なコード記述が可能です。特にデータクラスやラムダ式などを活用することで、効率的なプログラミングが行えます。 さらに既存のJavaコードとの相互運用も容易なため、徐々にKotlinに移行することができます。 Kotlinは豊富なインターフェースと拡張関数をサポートしており、既存のクラスに新しいメソッドを追加できるため、コードがより読みやすく、モジュール性が向上します。 Javaの欠点をカバーしつつモダンなプログラミング体験を提供する言語でき、ヌルセーフティや簡潔な構文により多くの開発者から支持を受けています。 Flutter(フラッター) FlutterはGoogleによって開発されたオープンソースのUIフレームワークで、モバイルアプリやウェブアプリ、デスクトップアプリを一貫して開発できる特徴があります。 ホットリロード機能を提供しているためアプリの修正を即座に確認することが可能。ネイティブコードにコンパイルされるため、高速なアプリのパフォーマンスを実現します。 活発なコミュニティがあるため、初心者でも扱いやすくなっています。 またFlutterのウィジェットライブラリには多くのカスタマイズ可能なコンポーネントが含まれており、独自のデザインを実現できます。 React Native(リアクト ネイティブ) React NativeはFacebookによって開発されたオープンソースのモバイルアプリケーションフレームワークです。 Flutter同様、iOSとAndroidの両方のプラットフォームに対応するクロスプラットフォームのため、開発効率を上げることができます。 ホットリロード機能を提供しているためアプリの修正をリアルタイムで確認することが可能です。 また、React Nativeのコンポーネントはネイティブコードにマッピングされるため、高速でパフォーマンスの良いアプリを構築できます。再利用も可能なため、複数のプロジェクトで同じコンポーネントを使用することができます。 モバイルアプリ開発で気をつけるべきこと モバイルアプリにはiOSアプリとAndroidアプリがあるため、どちらのOSに対応していくのか、または両方のOSに対応していくのかなどを確認する必要があります。 先ほど紹介したFlutterやReact Nativeのように、どちらのプラットフォームにも適応可能なクロスプラットフォームのフレームワークもあるため、うまく活用していくようにしましょう。 また、モバイルアプリはスマートフォンの他、タブレットでも利用されるため多様な画面サイズや解像度に対応できるようにしましょう。またタブレットではタッチ操作が主流なため、指での操作を快適にするために、ボタンの間隔やサイズなども工夫していく必要があります。 まとめ いかがでしたか。本日はモバイルアプリ開発に最適な開発言語に関して4つご紹介していきました。 iOS、Androidそれぞれに適した言語もあれば、クロスプラットフォームに対応した言語もありましたね。 モバイルアプリ開発を行う際はスマートフォンだけでなく、タブレットも意識して、多様な画面サイズや解像度、タッチ操作などに対応していく必要がありました。 モバイルアプリ開発を行いたい方は、オフショア開発もおすすめです。オフショア開発なら開発コストを抑えることが可能。 DEHAソリューションズでは5年以上に渡り、オフショア開発を行っています。 モバイルアプリ開発にも多くの実績があります。エンジニアの質やコスト面など気になることがございましたらご気軽にお問い合わせください。

続きを読む >>