deha magazine / オフショア開発 / 【最新動向】ベトナムオフショア開発の人月単価相場【結論:コストもレベルも高まっている】

【最新動向】ベトナムオフショア開発の人月単価相場【結論:コストもレベルも高まっている】

2021/11/02

ベトナムオフショア開発は、需要拡大に伴い人月単価が上昇しています。

しかし、PMなどの上級のスキルを必要とする職種は昨年より人月単価は減少しているのです。

これはベトナムのIT教育が進み、高い技術力を持ったエンジニアが増えていることが理由にあります。

この記事ではそんな職種別の人月単価相場に着目してベトナムオフショアの現状を解説していきたいと思います。

  • ベトナムオフショアが気になる方
  • 社内のIT人材が不足している方
  • コストを抑えて開発を行いたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばベトナムオフショア開発を人件費からみたときの最新の動向がわかりますよ。

オフショア開発とは

オフショア開発とは 「オフショア」(”Off Shore”=「岸:Shoreから、Off:離れた」を語源とし、「海外」という意味に使われます)で、「開発」(=主にシステム開発などを指します)を行うことを指します。

人件費の安い海外に開発を委託することで、コストを大幅に抑えることができるのです。

さらに、ベトナムのようにプログラミング学習が進んでいる国では、品質の良い優秀なエンジニアを確保することも可能です。

合わせて読みたい>>オフショア開発とは!?ベトナムに発注するメリット・各国の相場比較

ベトナムオフショア開発の人月単価相場

ベトナムオフショアの人月単価を職種別に解説していきます。(参考記事:「ベトナム」の人【2021年最新版】ベトナムオフショア開発の人月単価相場

プログラマー

プログラマーはコーディングや簡単なシステム開発を行います。そんなプログラマーの月単価は平均36.58万円です。昨年度を比較すると124.6%UPしました。

シニアエンジニア

シニアエンジニアは設計なども行うエンジニアの「スペシャリスト」のことを指します。シニアエンジニアの月単価は42.93万円で、昨年度を比較すると116.8%UPしました。

ブリッジSE

ブリッジSEはクライアントからヒアリングした内容を、オフショア先の開発者に伝える、国内と海外の取りまとめの役割を担うエンジニアのことを指します。

そんなブリッジSEの月単価は48.64万円です。昨年度を比較すると110.4%UPとなっています。

合わせて読みたい>>BrSE(ブリッジSE)とは?オフショア開発での役割、必要なスキルをご紹介

PM

PM(プロジェクトマネージャー)は、プロジェクトにおける計画と実行の責任者です。ビジネス提案や、プロジェクトの進捗管理、組織の管理、品質管理など多くの仕事をこなさなくてはいけません。

そんなPMの月単価は62.61%で、昨年より98.4%にダウンしてしまいました。

これはベトナムにおいて、PM人材が増えてきていることが要因と言えるでしょう。

全体的にコストがあがっている理由

ベトナムオフショアでは、多くの職種で昨年度と比べてコストが上がっています。

その理由として、日本国内のIT人材の不足と、新型コロナウイルスの影響でベトナム オフショアへの需要拡大が考えられます。

日本のIT人材不足は深刻で、経済産業省が平成28年に公表した「IT人材の最新動向と将来推計に関る調査」によると、IT人材の需要と供給の差は2030年には需要が約79万人も供給を上回るとされています。

そんな中、2020年では新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワークの普及により、オフショア開発への障壁が以前よりもなくなってきました。

オフショア開発では海外にいるエンジニアとリモートでの会議やチャットツールによる会話が基本になります。リモートワークによるハードルがなくなった今、オフショア開発が注目されるようになりました。

また、新型コロナウイルスで事業収益が縮小してしまった企業も多くあります。予算削減に伴って、国内のエンジニアよりもコストを抑えられるオフショア開発の重要が拡大していったのです。

一方、職能が上がっても、単価の上昇幅はそこまで大きくありません。

とくに、PMは前年比と比べ唯一下がっています。これは課題であったプロジェクトマネジメントのできる人材が育ってきていることが背景にあります。

このようにベトナムオフショアは上位の職能を担当できるエンジニアが豊富なのが特徴です。

日本や他のオフショア国との比較

プログラマー(万円)シニアエンジニア(万円)ブリッジSE(万円)PM(万円)
ベトナム36.5842.93 48.6862.61
中国41.60 51.5473.52  90.42
フィリピン33.9347.8666.6873.96
インド33.3647.8654.92 77.7
ミャンマー27.27 37.3141.1564.15
バングラデシュ23.6928.31 58.9464.56
日本最低単価43
最高単価65
ー 6684
参考 
「ベトナム」の人【2021年最新版】ベトナムオフショア開発の人月単価相場)
ブリッジSE(ブリッジエンジニア)の仕事内容
PM案件の単価は?プロジェクトマネージャーがフリーランスで独立する前に

上の表はオフショア各国の月単価と、日本のエンジニアの月単価です。

表によると中国はIT市場が成熟していることもあり、全体的に単価が高くなっています。

日本は言うまでもないですね。

ベトナムオフショアでは、ブリッジSEやプロジェクトマネジャーなどで、他国よりもコストを抑えることができることがわかります。

このように、国によって職種のコストが大きく異なっています。だからこそ、オフショア開発をコストを抑えて行うためには、どのような開発をしたいのかを考え、必要となるエンジニアの職種から適切な国を選ぶようにすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。本日はベトナムオフショアの人月単価から見た最新の動向を解説していきました。

本日紹介したことをまとめると以下の通りです。

  • 人月単価は昨年と比べると上昇傾向にある
  • 高い技術力を持ったエンジニアが増えている為、上位の職能は上昇幅は大きくない
  • ブリッジSEやプロジェクトマネジャーは他国よりもコストを抑えることができる

dehaでは、5年ほど前から、ベトナムオフショア開発を行っています。

本日紹介したようにベトナムオフショアなら高い技術力を持った人材をコストを抑えて確保することができます。

具体的な費用や、エンジニアの質を知りたい方は、無料で見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT