deha magazine / DX / 業務システムの開発費用の費用相場|開発費用を抑えるにはオフショア開発がおすすめ?

業務システムの開発費用の費用相場|開発費用を抑えるにはオフショア開発がおすすめ?

2023/04/18

業務システムを導入することは、企業の明暗を分ける重要な要素です。使いやすい機能をシステム化することで業務効率化や売り上げに直結するでしょう。

この記事ではそんな業務システムに関して、どのくらいの開発費用がかかるのかを解説していきます。

  • 業務システムを導入したい方
  • DX化を進めたい企業の方
  • 社内のIT人材が不足している方
  • 業務効率を上げたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば業務システムの開発費用がわかるのはもちろん、コストを抑えるための方法も分かりますよ。

業務システムの開発費用の費用相場

顧客情報や営業活動、プロジェクト管理のためのシステムなど、業務システムの費用相場はズバリ300万円~1000万円ほどです。

業務システムの開発費用の内訳は主に以下の通り。どのような機能をどのような規模で実装するのかによって、相場は大きく変動します。

要件定義開発するシステムに必要な機能を明確にする作業
運用設計サーバーなどインフラやデータベース、アプリなどの設計
デザイン制作UIを制作するのにかかる費用、使いやすいデザインは業務効率化につながります
運用・保守リリース後も継続的な運用・保守が必要です。運用費はシステム開発全体の1~5%程度。
大幅アップデートなど別途料金がかかる場合も。

その他、開発費用には人件費や諸経費がかかります。

人件費は「人月×人月単価×開発期間」で決まります。人月は開発に必要な1ヶ月の人員のことを指します。例えば開発に1か月5人のスタッフが必要であれば5人月になります。

開発費用を抑えるにはオフショア開発がおすすめ?

業務システムの開発費用を抑えるにはオフショア開発がおすすめです。オフショア開発は人件費が比較的安い外国のエンジニアを使い開発を進める手法で、コストを抑えられるのはもちろん高品質の開発が行えるとあって注目を浴びています。

特にベトナムは最新技術に精通した若いエンジニアが多く、商習慣も日本と似ているため人気があります。

DEHAソリューションズの業務システム実例

DEHAソリューションズはオフショア開発で数多くの業務システムの開発をサポートしています。

一般ユーザー・獣医師・動物病院/卸ショップに対して、ペットの治療薬を販売するドロップシッピングサービスでは、サイト上で商品が売れた際に提携メーカーから直接購入者に商品が届く仕組みを構築しました。

商品の在庫管理システムでは、受発注登録や売上、在庫、入金状態など日々の業務管理ができるのはもちろん、集計機能や書類の自動作成機能などを設けました。

また、海外送金サービス事業者向けに、郵送物を用いて行なっていた会員登録手続き(取引時確認)をオンラインにて実施できるスマホアプリを開発しました。

OCR処理により、券面情報をテキストで抽出することができる為、入力業務を効率化することが可能です。また在留外国人向けのサービスであるため、多言語に対応できるようにしました。

合わせて読みたい>>実例・実績

コスト面だけじゃないオフショア開発の魅力

オフショア開発の魅力はコスト面だけではありません。下の表は日本人エンジニアとベトナムオフショア開発企業比較した表になります。

 日本人エンジニアベトナム オフショア開発企業
コミュニケーション日本語日本語と英語
人件費  人月単価90万円~人月単価30万~
スキル・開発能力不安定 安定
開発スケジュールの柔軟性柔軟大規模な仕様変更には向かない
採用の難易度高い日本と比較すると低い
スピード感採用能力による採用能力による

日本人エンジニアと比べると、オフショア開発は採用の難易度が低いのが特徴です。

そもそも、日本のエンジニア不足は深刻な問題になっています。

経済産業省によると2030年にはなんと最大で79万人のIT人材が不足すると言われています。

実際、日本国内で募集をかけても即戦力となる人材はなかなか確保できず、未経験からエンジニアを育てたとしても、一人前になるまで教育する余裕を取れない場合がほとんどです。

特に東京に人材が集中していて、地方のIT人材不足が顕著となっています。

出典 我が国におけるIT人材の動向

一方、ベトナムでは国をあげてIT人材育成に向けた教育を行っています。2020年時点で約40万人ものIT人材がいると言われています。

ベトナムではIT関連の教育を展開している大学が30校近くあり、毎年約5万人の新人エンジニアを輩出しているため、若くて最新技術に精通したエンジニアが数多くいるのです。

まとめ

いかがでしたか。本日は業務システムに関して費用相場を紹介していきました。

業務システムはシステムの規模や機能によって差はありますが、300万円~1000万円ほどかかることがわかりましたね。

そして価格を抑えたい場合はオフショア開発がおすすめです。ベトナムのオフショア開発では、開発費用を抑えられるのはもちろん、若くて優秀なエンジニアが多いため高品質なのも特徴です。

DEHAソリューションズでも、数多くの業務システムをオフショア開発で行っています。

業務システム開発を行いたい方、オフショア開発の具体的な費用に関して知りたい方はぜひお問い合わせいただければと思います。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT