deha magazine / DX / DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

2021/04/26

DXはデジタルトランスフォーメーションの略です。進化したテクノロジーを利用したビジネスモデルの変革を指します。

近年DXという言葉をよく耳にするようになりました。

この記事ではそんなDXについて、「どんなシステムなのか」や「どう言ったことが必要なのか」など徹底解説していきます。

  • DXについて詳しく知りたい方
  • 社内のシステムをITを使って変えていきたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばDXはどんなシステムなのか丸わかりですよ。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、2004年ごろにスウェーデンのウメオ大学で提唱された概念です。

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という意味があり、デジタルシフトと呼ばれることもある言葉です。

日本では企業が行う取り組みとしてのDXが注目されていますが、元々は企業活動に限らず、進化したテクノロジーを使って生活を豊かに変革していくことを指しています。

「デジタイゼーション(Digitization)」と「デジタライゼーション(Digitalization)」との違い

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)に近い言葉に、「デジタイゼーション(Digitization)」や「デジタライゼーション(Digitalization)」などがあります。

どちらも「デジタル化」を表す単語で、似た概念ですが、それぞれ意味が少しずつ異なります。

まず「デジタイゼーション」は、部分的なデジタル化を指します。

一部の作業を効率化するためにデジタルツールを導入することで、例えば、フィルムカメラをデジタルカメラに変えてみる、などがこれにあたります。

「デジタライゼーション」は、ビジネス全体をデジタル化する試みです。経営戦略などの面からプロセス全体を効率化します。

デジタルカメラが当たり前になることで、写真を現像せず、オンライン上のやりとりで完結させる、などが「デジタライゼーション」にあたります。

「デジタルトランスフォーメーション」は、さらに高い視点の話で、「デジタイゼーション」や「デジタライゼーション」の結果、文化の変革といった社会的な影響を起こすことを指します。

デジタルカメラの例でいくと、インスタグラムのようなデータ化した画像を扱うサービスが登場し、社会の変化が起きることがここにあたります。

ビジネスシーンで注目されるDX(デジタルトランスフォーメーション)

本来のDXは、上記のように社会の変革を指していますが、ビジネスシーンでのDXはどういうものでしょうか?

経済産業省が出しているDX推進ガイドラインによると、DXは以下のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

このようにビジネスにおけるDXは、単にデジタルツールを導入して効率化を図るだけでなく、企業文化やビジネスプロセス全体を変革し、競争力をつけることを指します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目される理由

デジタル技術が進化してきたことで、あらゆる業種で、新しい形のビジネスが生まれてきています。

新規参入企業が増えたことで様々な業種で競争が激化しており、多くの企業で競争力の強化が求められていますが、真の意味でのDXを行えている企業は多くないのが現状です。

そういった状況を受け、経済産業省は2018年に「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」を発行しました。

このレポートでは、「2025年を節目に多くの問題が企業の前に現れる」ことと「2025年までにシステム刷新を集中的に推進する必要がある」 ことを強調しています。

レポートで示されている2025年というリミットが近いこと、コロナ禍でリモートワークが加速し急速なデジタル化を強いられていることなどもありDXへの関心はどんどん高まっていっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するには?

DX推進成功の鍵は、経営層を巻き込むことです。

DXは企業文化・経営戦略・組織体制すべての変革が必要です。

当然ですが、これらの変革を行うには、会社全体に影響のある取り組みに着手しなければいけません。そのためには、経営層のコミットメントが必要不可欠であり、経営層を巻き込めるかどうかが最初の壁となりそうです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)案件はdehaにご相談ください

DXの実施するには、システム面でたくさんのタスクが発生します。

「DXに取り組みたいという企業」や「DXに取り組んでいる企業をサポートしたいという開発会社」にとって、エンジニアリソースの確保は重要な課題になってきます。

dehaは、過去5年間に渡り、日本のクライアント様とベトナムオフショア開発を行ってきました。

ベトナムオフショア開発なら、国内で新たにエンジニアを雇用するよりも、安い費用で優秀なエンジニアを登用できます。

もしDXでお困りなら、是非一度dehaにお問い合わせくださいませ。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT