deha magazine / オフショア開発 / 生成AI開発外注|オフショア開発が相性が良い理由

生成AI開発外注|オフショア開発が相性が良い理由

2023/12/24

生成AI開発を行う際はオフショア開発がおすすめです。

オフショア開発を利用することで高品質のエンジニアをコストを抑えて確保することができます。また他にもさまざまなメリットがあります。

そこでこの記事では生成AI開発を外注する際に、オフショア開発がおすすめの理由について具体的に解説していきたいと思います。

  • オフショア開発に興味がある方
  • 生成AI開発を外注したいとお考えの方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば生成AI開発とオフショア開発の相性についてわかる他、オフショア開発を行う際に注意するべきこともわかりますよ。

    生成AI開発の特徴

    生成AI開発は、機械学習とディープラーニング技術を駆使して、データから新しいコンテンツを生成する革新的な技術です。

    この開発では、自然言語処理や画像認識などの分野で活用され、言語や画像の自動生成、音楽やビデオの作成、文章の要約、画像の変換など多岐にわたるアプリケーションが可能です。

    生成AIは、大量のデータを学習し、そのデータから新しい情報やコンテンツを生成するため、クリエイティブな活動やデータ解析、予測モデリングなどで優れた成果を生み出します。

    また、最新の技術進化により、よりリアルで多様なデータを処理し、高度なレベルの生成を実現しています。

    生成AI開発外注でオフショア開発が相性が良い理由

    コスト削減

    多くの場合、オフショア開発を利用することで、人件費や開発にかかる費用を削減できます。

    日本はそもそもIT人材が不足していて、優秀な人材を安価な価格で確保することは難しくなっています。一方、ベトナムなどのオフショア国は国策としてIT人材を育成していて、年間120,000人のIT人材が誕生しているのです。

    こういった背景もあり、開発を行う国や地域によっては人件費を抑えることができ、同じ品質の開発をより低コストで実現できることがあります。

    このような経済的な利点により、企業は開発コストを抑えつつ、高品質な生成AIの開発を行うことができます。

    専門知識とスキル

    多くのオフショア開発先は、高度な専門知識を持ち、豊富な経験を持つ技術者や専門家が多く在籍しています。

    これらの地域では、ソフトウェア開発や生成AIの専門知識を持つ人材を養成するための教育プログラムやトレーニングが充実しており、技術者たちは最新の技術やツールを理解し、活用することができます。

    先ほどもいったように、特にベトナムは近年、IT教育への投資を増やし、技術教育を重視してきました。大学や専門学校、技術トレーニングセンターなどが、プログラミングやソフトウェア開発、情報技術に関する教育を提供しています。

    そのため、オフショア開発を利用することで、高度なスキルや専門知識を持つプロフェッショナルがプロジェクトに参加し、高品質な生成AIの開発に貢献することができます。

    これは、企業が自社内でスキルを維持・育成するためのコストや時間を節約し、最新の技術やノウハウを活用できる利点となります。

    タイムゾーンの違いを利用

    オフショア開発における重要なメリットの一つは、タイムゾーンの違いを利用した24時間体制の活用です。

    オフショア開発先が本社と異なるタイムゾーンに位置する場合、異なる地域の開発チームが同時に働くことが可能になります。

    この違いを利用することで、連続的な作業が可能になり、プロジェクトの効率性が向上します。

    例えば、本社が仕事を終えている間に、オフショアの開発チームが作業を進め、次の日の朝には成果物が提供される可能性があります。

    これにより、開発プロセスの継続性が保たれ、プロジェクトの進行が促進されます。

    また、異なるタイムゾーンでの作業は、リアルタイムのコラボレーションによるコミュニケーションに課題をもたらす場合もありますが、適切に計画されたコミュニケーションと効果的なプロジェクト管理を行うことで、タイムゾーンの違いを利用した生産性の向上が期待できます。

    柔軟性と拡張性

    オフショア開発では、プロジェクトの規模や必要なリソースを柔軟に調整できます。

    プロジェクトの進捗やニーズに応じて、必要な人員を増減したり、専門的なサービスを追加したりすることが可能です。

    例えば、プロジェクトが拡大するにつれて、追加の開発リソースを必要とする場合、オフショアのパートナーに素早く要件を共有し、追加の専門家を簡単に配置することができます。

    逆に、プロジェクトの規模が縮小する場合は、必要なリソースを調整してコストを削減することができます。

    この柔軟性と拡張性は、変化するビジネス環境に対応し、プロジェクトの成功に向けた適応性を持たせることができる重要な利点と言えます。

    生成AI開発でオフショア開発を行う際の注意点

    コミュニケーションの課題

    文化やタイムゾーンの違いから生じるコミュニケーションの問題があります。これにより、誤解や意思疎通の課題が生じることがあります。

    品質管理の難しさ

    品質管理は、生成AIモデルのトレーニングや精度の確認、データの品質、モデルの適切なテストなど、多岐にわたる側面を含んでいます。

    オフショア開発では、コミュニケーションの遅延や文化的な違いが品質管理を難しくすることがあります。明確なコミュニケーションプロセスや期待値の共有、適切なテストプロセスの確立が不可欠です。

    また、開発者との連携や相互信頼を構築するため、適切なツールやプロジェクト管理手法を用いることも重要です。品質管理の難しさを克服するために、綿密な計画とコミュニケーションが不可欠です。

    まとめ

    いかがでしたか。本日は生成AI開発外注に関して、オフショア開発がおすすめの理由について解説していきました。

    オフショア開発は優秀な人材をコストを抑えて確保できる他、タイムゾーンの違いにより24時間体制も取りやすいことが特徴でしたね。

    またプロジェクトの規模に合わせて人数を調整できる柔軟性も魅力でした。

    その一方で、品質管理やコミュニケーション部分は注意を払う必要があります。

    DEHAソリューションズでは5年以上にわたるベトナムオフショアの実績があります。エンジニアの質や具体的な費用面など気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    株式会社DEHA SOLUTIONS
    私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
    ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
    お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
    開発実績 お問い合わせ

    オフショア開発ガイド

    オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

    CONTACT