TOP 世界経済 コロナ禍のニューノーマル社会において今後有望な業界はどこか?

コロナ禍のニューノーマル社会において今後有望な業界はどこか?

by Mai Tran
0 コメント

コロナ第2波の日本・ベトナムの経済状況

最近、日本の国内で新型コロナ確認された1日あたりの新規感染者が1週間以上  1000人を超えています。

7月25日ベトナムでは99日ぶりに国内の新規感染者が報告されました。8月10日までにベトナムの国内で新規感染者が91名確認され、累計847人感染者が出ました。

世界で毎日感染者が増え続けていくことが明らかになりました。

感染再流行といった「第2波」が広がっています。

コロナ第2波の背景により、国際通貨基金(IMF)と世界貿易機関(WTO)は両方とも2020年に世界の経済・貿易の見通しが下落しつつあると予測しました。

事実、ベトナムは、2020年第2四半期ベトナム税関総局の決算したデータによると、輸出入の総額が 24011億米ドルに達し、前年同期比 1.4%減となりました。その中に、前年同期比で輸出の総額が0.2%上昇したが、輸入の総額が 2.9%減少したものです。

又、ベトナムの総統計局が発表したが、今年最初の7ヶ月で327000件の企業が一時的に停止され、去年の同時期比41.5%増になり、89000件の企業が倒産しました。一方、752000件の新規登録企業が出て、去年の同時期比5.1%減少したが、営業再開する企業の数が17.6%増加しました(約286000件)。

7月20日に発表された日本の財務省のレポートによると、2020年上半期の日本の貿易収支で、輸出の総額が前年同期比15.4%減の32兆3600億円(約3000億ドル)となりました。これは、世界の金融危険により2009年下半期で22.8%減少した後、10年間以上の半年期間で最も深刻な減少です。上半期の輸入の総額が11.6%減少の34兆6千億円でした。これも、2016年下半期以降で14.4%減少し、最も激しく減少になりました。2020年上半期の間に日本の貿易収支は3ヶ月連続で赤字になり、約2兆2400億円赤字でした。

又、帝国データバンクの調査によると、新型コロナ関連倒産は全国に406件があるようです。

上述した経済の背景を見ると、今からコロナ感染防止対策しながら、社会経済活動を維持し続けることが必要です。

その上、Withコロナ時代でニューノーマル社会が議論されているので、既に現時点で様々な活動が多大な影響を受け続けています。新しい働き方・教育・消費のトレンドが生み出され、我々の日常生活や価値観などが確実に大きく変化してきました。

そこで今から伸びて、成長すると考えられる業界を展望します。

Withコロナ時代における期待される業界について

韓国国際貿易協会(KITA)の専門家のレポートによると、コロナ時代において期待される分野について語る時、「H.O.U.S.E」といったキーワードを定義したようです。

それは、

  • Healthcare(健康ケア・サポート)
  • Online(オンライン)
  • Untact services(ノータッチサービス)
  • Smart infrastructure(スマートインフラ)
  • Economy-home(家庭経済)

という分野です。

「H.O.U.S.E」は、上述した5つ分野の表示した英語で単語の最初文字から構成されました。

新型コロナ拡大の流行により、各国の政府が自国の医療制度・検査体制を強化し、皆に健康ケアを大事ようにすることを呼びかけ、スマートインフラを拡大し、自動化を促進する傾向にあります。

新型コロナ拡大流行になった時、3月と4月期にGoogle Trendsの分析した検索データ(こちらでご覧ください)を見ると、世界で最も多く検索されたキーワードは、「コロナ、隔離、健康ケア、医療、在宅娯楽、非接触の日常サービス」等でした。

健康ケアの商品、子供・ペット関連サービス、在宅勤務、非接触サービスなど向けた需要が高まっているわけです。これは、コロナの流行が世界の生活様式を変えて、新たな消費者の傾向を生み出したことであると言えます。

その中で期待される業界が何だろうかと考えた方が多いかも知れません。

さて、期待される業界を見ていきましょう。

  • 医療が重要な業界

コロナ拡大流行において公共医療システムに過負荷がかかっているので、私立医療機関が市場を広めていく機会があります。

又、医療関連商品・設備などのニーズも増え続けていくと予測されています。オンライン診断も本格化することが可能です。

今回の感染病は、健康に対してより気を遣うことを目覚めさせるわけです。

  • 食料品・生活必需品と家庭ケア用品の業界

どのような状況でも、食料品・生活必需品が常に重要な市場だと思います。

又は、コロナ対策による、在宅勤務と学校閉鎖ようになったから教育・保育関連サービスも注目されています。

さらに、在宅勤務になったため、家庭で家電製品と、文房具などの需要も増えてきました。

  • 非接触サービスの業界

非接触市場において食品宅配サービスと通信販売が急激に増加していきます。

Uber Eatsといった食品宅配サービスを利用した人数が一気に高まりました。

Amazonや、楽天等での注文数が急増加していきます。

コロナ禍により、物理店舗が閉店させざるを得なくなり、自粛でオンラインショッピングがさらなる普通になりました。

それに伴い、新規のデリバリーサービスやECサイトを導入される企業が急増、拡大していると見ています。

他に、接触を避けるための消費者の傾向に注目が集まり、電子マネーと電子認証等の業界も伸びそうです。

  • 情報技術・オンライン活動の業界

これは、最も成長が期待される業界であると思います。

新型コロナにより考え方と価値観が180度に変わっているが、新しい事業機会を作り出すことが可能です。

ちなみに、新型コロナによってテレワークすることになり、我々の働き方は一時的ではなくこれから変化しつつあるだろうと考えています。それをきっかけになり、そういう環境下でどうやってビジネスを進めていくか考えることが重要でしょう。ニューノーマル社会に向けてDXが加速していって、元に戻ることはないだろうかと思います。

在宅勤務になり、人と可能な限り接触せずに、外出と直接打ち合わせも控えるようになります。そんなコロナ時代、求められる商品・サービスに関するシステム構築とソリューションズも生まれています。オンライン会議のツールと、勤怠管理システムのサービス等の存在感が高まったことは代表的な例として挙げられました。又、「おうち時間」が長くなってきたので、勉強・仕事の時間以外にゲーム・E―learningプログラム等のニーズも増えてくる傾向があります。

他に、コロナの影響で自動化への意欲が高まりそうです。AI・ロボットを活用したリモート作業、ECサイトビジネスなど新しい需要も期待されると見解されています。これから教育・医療・販売・娯楽などの業界において多くの人間の労働力に代わって自動化技術で作業できるようになる可能があると予測されているということです。

終わり

上述した様々な業界が期待されているが、いずれにしてもニューノーマル社会を迎え、消費者の行動・トレンドが再設定される現像が起こっています。そうすると、今後数年間で、「新しい生活様式」がまた出られると考えておくこと必要です。従って、新しい有望な業界も生み出されることようになります。

消費者の行動・トレンドがビジネス活動と有望な業界投資に反映された結果であるからこそ、「ニューノーマル社会」のサイクルで動いています。

これからより多く有望な業界が増えていると期待されています。

関連記事