TOP DEHA DEHAの離職率が低い理由、特徴は?DElivering HAppiness 〜社員の幸せは会社の幸せ〜

DEHAの離職率が低い理由、特徴は?DElivering HAppiness 〜社員の幸せは会社の幸せ〜

by Van Nguyen

DEHAの離職率は毎年とても低く、昨年度は約3%でした。

DEHAの離職率は他社と比べとても低いのですが、なぜこんなにも離職率が低いのか今回のコラムで話そうと思います。

若い職場環境

若い職場環境とは「若者ばかり」ということでしょうか?

そうです。DEHAでは20~28歳の年齢が多いので、社員の平均年齢が低い事も事実ですが、

年齢だけでなく、「若い考え方・生き方」を持っている。と言う方が合っていると思います。

年を取るとともに変わる事を避けるのに対して、DEHAではいつも新しいアイデアや変化を恐れない心を持っています。

新入社員にもかかわらず、改善アイデアがあればその意見を尊重して議論します。

問題が起これば困難と見なすだけでなく、学習するチャンスとして見なします。

人を育てる環境が整っている

人材育成と言えば、学習や自学自習を思い浮かべるかもしれません。

弊社では学習に投資は将来への投資だと考える方針があります。

実力がなければどんなに努力しても意味がないのではないでしょうか。

そこで新入社員はもとより、社員全員のスキルアップ勉強会を会社が整備します。

コーディング、Scrumといった専門勉強会だけでなく、ソフトスキルもよく行っています。

特に、資格を取る試験を受ける社員には受験費も応援します。

この方針に実がなり、Professional Scrum Master, Laravel 2020といった国際資格を持つ社員も増えています。

先輩・後輩の関係もよく活用します。

先輩は実体験の共有会を行い、後輩に指導します。

企業側が利益を上げることだけに目を向けるのではなく、社員の労働環境にもしっかりと目を向けているからこその特徴といえるでしょう。

チームの結束力を高める福利厚生

DEHAは一緒に働く仲間とのチームワークが大事だと考えます。

その為に、社外でもチームの交流会を積極的に会社が支援してくれます。

飲み会もその一つですが、外で体を動かすレクリエーションなどのイベントもよく行います。

チームだけでなく、会社全員や支社ごとで行く社員旅行も年に複数回企画します。

社員で企画して実施するので、企画の段階から社員との交流が深まります。

サッカー大会やボーリング大会などスポーツイベントも豊富です。

ベトナムの『女性の日』や『誕生日』、『バレンタインデー』などの祝日や祝事にも会社はイベントを開いてくれます。

これらは別に会社が参加を強制するわけではありませんが、社員の多くが好んで参加します。

とにかく、DEHAは社員の交流を促す事やストレスの発散に繋がるようなイベントに対してとても積極的に支援をしてくれます。

その為、社員は会社に感謝をするだけでなく、社員同士の信頼や絆がとても深くなり、仕事をチームでやり遂げようという思いがとても強くなるのです。

Delivering Happinessの方針

DEHAは『幸福をもたらす』という方針に沿って今まで発展して来ました。

しかし、その幸福とは誰にもたらす事を意味するのでしょうか。

お客様は言うまでもなく、社員も幸福をもたらすべき対象だと考えます。

会社は社員の事を家族のような存在として扱います。

社員の意見やアイディアはおざなりにせず、ちゃんと相談に乗り、対策を一緒に探します。

仕事内で不具合が発生したとしたら、個人に罪を被せないで、みんなで相談して処理します。

また、社員から出た改善アイディアは無駄にせず、活用出来る方法を考えます。

このように会社は社員の存在をとても大切にする事で、絆が生まれ離職率を低く抑える事が出来ています。

現在、新型コロナウィルスの影響で苦しい事もありますが、DEHAの船は船員(社員)を見捨てる事は決してありません。

その会社と社員の強い絆は強い波が来たとしても乗り越える事が出来るでしょう。

関連記事