TOP テクノロジーShopify 【わかりやすく解説】越境ECサイトが構築・運用できるShopifyを活かした、定番の3つビジネスモデルをご紹介! ドロップシッピング, フルフィルメント, アフィリエイト(前編)

【わかりやすく解説】越境ECサイトが構築・運用できるShopifyを活かした、定番の3つビジネスモデルをご紹介! ドロップシッピング, フルフィルメント, アフィリエイト(前編)

by Mai Tran

はじめに

Withコロナ時代に対応、EC化を進めていく企業が急増加する傾向にあります。

Shopifyを活用してネットショップを構築・運用する上で、売られる商品とサービスが豊富だといえます。例えば、商品が服、化粧品、家電、メンバーカード、学習コース等です。但し、Shopifyによるどのようなビジネスモデルが自社のニーズに合わせて効果的に運用できるのかというお悩みを持つ方が多いかと思います。

そこで今回の記事では、 Shopifyに簡単に導入できる定番のビジネスモデル3選をご紹介させていただきます。

ECサイト運用の課題・リスク・コスト等が解決され、自社に対する適切な仕組みを選択できるため、少しでも情報がお役に立てば嬉しいです。

それでは、次の通りに定番なビジネスモデルを見ていきましょう。

ドロップシッピングについて

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングを聞いたことありませんか。

英語で「購入者へ直送」という意味です。在庫を持たずに梱包・配送管理も不要なオンライン販売を運用する方法で、自社のECサイトで注文が入り、サプライヤー(卸売業者)から直接に購入者へ商品を届けるというビジネスモデルです。この際には、自社が販売の小売者だと言えると思います。自分でECサイトを持つが、商品が確実に手元にない状態です。そのため、低コストとリスクと手間などで販売活動が始められるでしょう。

そして、現在ドロップシッピングを行うのが一般的なビジネスモデルになりました。

ドロップシッピングの流れ

ドロップシッピングを行う際には、在庫・梱包・配送の管理が必要ないのが特徴です。初心者に対しても、ネットショップ販売の運用に成功できるし、リスクと手間がかなり減らせるため販売活動が開始すること可能です。

ドロップシッピングの流れに関する、基本的に次の通りです。

ECサイトを制作:

ドロップシッピングを展開する上で、 Shopifyを活用してECサイトを構築・運用します

顧客を獲得:

Shopifyにおける導入された無料・有料のマーケティングツールと性能を適用すれば、集客活動を最適化できます

注文の発生:

ネットショップで商品が売られ、注文が発生になります

卸売業者へ仕入れと発送を依頼:

購入者の注文を確定し、卸売業者から商品仕入れをします

卸売業者が直接、購入者に発送:

注文された商品を梱包から配送まで実施するのが卸売業者です

決済:

購入者からお支払いをもらった代金の中に、二つ分がわけられ、卸売業者の仕入れ料金と自社の販売料金となります。

ドロップシッピングのメリット

・在庫管理・在庫コストが必要ないが、オンライン販売を手軽に開業できる

通常のネットショップ上で商品を販売する時、在庫管理・在庫コストが必要です。この面からみると、ドロップシッピングの最大のメリットは、在庫資金がかかる必要なくて、オンライン販売を手軽に開業できるといえます。

通常のネットショップのビジネス形なら、在庫資金へ多くの金額を投資しなければならないでしょう。そして、例えば、商品の仕入れを大量にした後、自社のネットショップの販売が売りきらなければ、その商品をそのまま倉庫に置いてしまいます。コストがかかるが、売り上げと利益が減少になってくると見えます。というのは、自社の資金繰りが悪くさせるようになり、ネットショップも潰れることが可能です。

実際、ドロップシッピングで多くの成功した企業は基本的にホームオフィスを設置し、パソコンの一台だけを持ち、毎月コストが1万円未満かかったようです。自社のネットショップの規模が伸びて、これらのコストが増える傾向があります。しかし、通常のネットショップの運用費用より増加するコストが少なくなりと見込みです。

要するに、オンライン販売でドロップシッピングは非常に少ない資金で初心者が始めやすくいビジネスモデルの一つだと思います。

・手間がかからない

ドロップシッピングを行う際に、次のことを悩む必要はありません。

+在庫管理・在庫コスト

+仕入れ・梱包・配送

+在庫の追跡と調整

+海外向け発送の取り扱い

+発送後顧客サポート

等など

そういう手間がかからないのはドロップシッピングの大事なメリットの一つになります。

・顧客の獲得に全力で集中できる

仕入れから顧客サポートまで卸売者に任せて、集客に集中できるようになります。

オンライン販売では、集客できるため、マーケティング・広告が最も重要な役割としています。市場・ニッチ市場が注目されて適切な顧客に狙ったり、調べたりするのが必要です。ネットショップの運用効果を最適化するため、サイトのトラフィックが重要なことです。ここで、アクティブとパッシブのトラフィックの二つに分けています。

+アクティブなトラフィック:SNS広告・メルマガなどのマーケティング活動を通じて顧客に積極的にアプローチするということです。それが、見込みな顧客を獲得するのに役立ちます。

+パッシブなトラフィック:Google Ads、SEO最適化、Youtubeなどのマーケティング活動を通じてお客さんは自分で自社のサイトを検索できるわけです。この場合、顧客の需要・購入可能が非常に高いです。

 Shopifyでは優れたマーケティングツール・性能を提供しています。特に、SNSに付帯とSEO対策は両方とも強みです。

・自社の規模の拡大が容易

通常のネットショップでは、売れ上げが2倍に増加すれば、前より資金・時間・工数も2倍増えそうです。但し、ドロップシッピングを行う際に、多くの注文された商品の処理作業が卸売者に任せます。そして、自社の規模が拡大する場合、工数・時間がなかなか増えないようです。普通に、売り上げが伸びると共に、作業の量(特に顧客サービスに関する)も常により多くなってくるわけです。しかし、それがドロップシッピングの場合にとって正しくないといえます。従って、自社の規模が簡単に拡大することが可能です。

ドロップシッピングのデメリット

・在庫の状況がコントロールできない

在庫を持てば、簡単に商品の追跡を確認できるでしょう。しかし、ドロップシッピングでは、複数の卸売者からの商品を取り扱い、商品の追跡を確認するのが難しくなってきます。

また、卸売者も様々な小売者に商品を共有しています。人気な商品に対して、たまに卸売者が全ての小売者から注文を対応できず、自社が折角注文を獲得できても、仕入れまで商品売り切れになるようです。この面で、在庫の状況が自分自身でコントロールできなく、ネットショップ運用も難しくなります。それが大変なデメリットです。

卸売業者との取引依存の関係が深くなる

卸売者に依存が大きく、卸売者の販売トラブルがあり、サービスが終了すれば、自社の販売運用に多くの影響を与えるといえます。

また、ベスト卸売者でさえ、仕入れから配送までの手順に、ミスなどが発生することが可能です。低く品質な卸売者に対して、より多くミスなどがあるかもしれません。例えば、商品の紛失や、梱包不足などです。それが、自社の評価に悪い影響も与えるようになります。

まとめ

今回はShopifyを活用して、オンライン販売に対する人気なドロップシッピングを紹介いたしました。

これで皆のビジネスの役に立つのかと思います。

次は二つ有名なビジネスモデルのフルフィルメント, アフィリエイトについて書いていきます。

それではよろしくお願い致します。

関連記事