TOP DEHA 【DEHAメンバー紹介】フェ拠点の新入社員のポンさんが語る。DEHAの正社員になるまでの道乗り

【DEHAメンバー紹介】フェ拠点の新入社員のポンさんが語る。DEHAの正社員になるまでの道乗り

by Van Nguyen
0 コメント

皆さん、こんにちは!


DEHAフェ支店で働くボンと申します。

今回DEHAフエ社員になる縁について執筆させて頂きたいと思います。


私は3年前、日本に留学に来ました。

留学時は、コンビニ、工場、レストランでアルバイトをしました。

アルバイトとして毎日深夜まで働いていましたが、希望の日本大学の学費が足りず、2018年4月に帰国することになりました。

ベトナム帰国後からDEHAに入るまで


ベトナムに帰国して約一年間、日本語留学センターで日本語教師として働きました。

仕事は安定していましたが、この職場にずっといては自分を成長させることができないと感じたので、辞めることにしました。

その後、CODEGYMというオンラインコースでITの.Net分野を学び始めました。

そしてある日、設立したばかりのDEHAのフエ支店で面接があると聞きました。

DEHAには先に面接に受かったアイさんという私の先輩がいました。

アイさんは、私が日本語が出来ることを知っているので、会社に紹介してくれました。

面接当日はとてもドキドキしました。

会社の第一印象

会社の休憩時間に、面接を行いました。

2階のオフィスは小さいながらも明るい印象です。

新しい支店なので、まだ9人しかいませんでしたが、若くて熱心な雰囲気を感じました。

面接官のダットさんはとても親切にお話を聞いてくれました。

面接では、仕事の内容、将来のビジョンなどを詳しく話し合いました。

私はここでチャンスを掴んで成長したい!そう強く思いました。

そして、無事にDEHAで内定をいただくことが出来ました。

インターンとしての活動

ますは、インターン生として働くことになりました。

実際にプロジェクトに参加させてもらい、いかに自分が勉強、経験不足だったかを思い知りました。

日本に3年間もいたにも関わらず簡単な日本語のフレーズさえ出てこないこともありました。

本当に恥ずかしい思いをしたと同時に、自分でもびっくりしました。

ですが、先輩の指摘やアドバイスを頂き、前向きにインターンに向き合うことが出来ました。

本当に助けていただいた、先輩方には感謝しています。

2ヶ月間のインターンでは仕事はもとより、人生経験としてもとても有意義な時間でした。

週末、同僚の家で一緒にパーティーをすることもありました。とても楽しかったです。

本当に、とても良いメンバーに恵まれて感謝しています。


2ヶ月のインターンシップを経て、ようやく正社員になることが出来ました。

正社員になれた喜びと同時に、仕事に対する責任が高くなる事は少し心配でした。

しかし、会社は私のような経験が少ない新入社員に研修として学ぶ機会を与えてくれました。

この新入社員研修のおかけで、会社の業務の流れを学んだだけでなく、より専門的で実践的な仕事を多く学びました。
顧客と直接作業する機械も与えられ、業務をより早く理解することも出来ました。
DEHAは、社員が仕事中だけでなく仕事以外でも色々な知識や経験を与えてくれる会社だと思います。

新型コロナウイルスの流行の影響により、現在、DEHAは困難に直面していますが、社員全員一団となってこの困難に立ち向かう姿に、私もDEHAの一員になれて本当に良かったと思います。



関連記事