TOP インタビュー DEHAのスクラムマスター、タンさん。〜仕事への強い〜

DEHAのスクラムマスター、タンさん。〜仕事への強い〜

by Van Nguyen

DEHAベトナムでスクラムマスターとして働く社員を紹介します。勉強熱心な彼はインターン生からSMを任されるまでになりました。
そんな彼に仕事に対する想いをインタビューしたので是非ご覧下さい。

名前     レー・ミン・タン

生年月日   1995

役割     Scrum Master(SM)

経歴     12/2016 インターン生 

-  03/2017 DEV 

-  6/2019 スクラムマスター 

私はレー・ミン・タンと申します。デベロッパーとスクラムマスターとしてDEHA Software JSCで働いています。2016年にインターン生としてDEHAで仕事を始めました。現在は正社員として働き、4年目になります。PHP言語とそのフレームワークの一部、特にLARAVELで作業しています。

1.入社後、どの部門で働いていますか?

他の社員と同じく、コンピューターを専門として、FPT大学を卒業してから、DEHAに応募して研修しました。3か月の研修が終わってから正社員になり、PHPデベロッパーとして働いていました。

2.DEHAで最初の従業員の一員として働き、DEHAを選択した理由を教えてください。

DEHAで働き始めた理由は、”一目ぼれ”です。インターンのインタビューの日に他の会社では専用の待ち合わせ室で待たされますが、DEHAでは他の社員が働くオフィスで待たされました。その時会社の雰囲気や社員同士のコミュニケションの取り方を見てとても働きやすい環境だと知る事ができ、DEHAで働くことを決めた。さらに今までDEHAで働き続けている理由はDEHAが日々社員たちの学習と成長を助けてくれるからです。そして大切なことは会社のプロジェクトを完成するために常にお互いを助け合うたくさんの良い同僚がいるということです。そのため私はいつもDEHAという会社と仲間を大切にし、会社に対して心から感謝しています。私が新インターン生にいつも”もしDEHAがなければ私は工場の現場で生産のお仕事に携わっていたことだろう”と伝えています。

3.あなたは会社の課外活動、特にサッカーに参加することに非常に熱心だと思います。それはあなたがストレスの多い仕事の後に自分自身をリフレッシュする為ですか? 

スポーツは、仕事でストレスの多い日の後に行うことでリラックスできます。さらに、サッカーのチームワーク精神が仕事や日常でも活きることがあります。ご存知のように、サッカーは私たちが心と体の両方を使うチームスポーツです。サッカーを通して私たちはお互いをよりよく理解する事ができます。また、DEHAではサッカーは男性だけでなく、毎年の女性サッカートーナメントも開催しています。各トーナメントの後に、パーティーをすることで、仕事は関係ないプライベートの話をすることで仲間と仲良くなることもできます。

4.ハノイのDEHAからフェのDEHUへ転勤をしましたが、フェのDEHUに初めて勤めた時に困難なことはありましたか?

はい、新しい職場環境ですがDEHUDEHAは同じDEHAのスピリットを共有しています。なので働き方や会社の雰囲気は似ていて特に大きな困難はありませんでした。私は単に職場が生まれたハノイから新しい都市に変わっただけという感覚でした。 

フェで新しく支社拡大する話はソフトウェアが中心となるDEHAの戦略的開発計画の一部であり、ハイクオリティなIT人材開発をDEHAとプースアン大学の協力のもとで行いました。フェ省はITトレーニングを強化しているだけでなくフェで投資および運営している企業に対して多くのサポート行っています。私は今回の作戦開発計画に貢献できるパイオニアの一人であることに嬉しく思っています。

6.インターン生を起点としたDEHASMとして、DEHAのヒューマントレーニングモデルについてどう思いますか?

DEHAでは前任者が新入社員に自分の経験を共有する機会を多く与えられます。トレーニングを開始して以降、DEHAは従業員に新たな仕事に取り組む事に対する自信を与えてこれたと感じます。個人的には、仕事の能力よりも精神的なトレーニングを大切にしています。積極的な意思があれば才能もどんどん伸ばすことができます。ここでの積極性とは素直な熱意を示しており、常に率先して実行する事や、指摘を素直に受け入れて改善する事を言います。社員はいつも「一生学び、2倍上うまくなるこために学ぶ」という言葉に動機づけられ頑張っています。専門的なスキルトレーニングに関しては、DEHAでは設立5年を経て、技術的および専門的なトレーニングを担当するDEHAアカデミーを設立しました。これは、新入生の為だけでなく先輩社員を含めて、DEHAアカデミーは会社全体ががさらに成長する為に設立されました。社員11人の成長は会社の持続可能な発展のためにも大切な事だと思います。

7.SMとして経験した困難を教えていただけますでしょうか。またその時にどのように解決しましたか?

開発者として働き始め、1年以上経った後、当時まだチームをマネジメントする経験は全くありませんでしたが、弊社のCEOに信用して頂きSMとして昇進しました。しかし、やはり最初のプロジェクトは少しストレスに悩まされました。今でもですが、プロジェクトの質を確保し、SMとしての役割を担うためにさらに勉強と経験を積まないといけないと思っています。

8.SMとしてチームメンバーに意思を伝えり各個人に指示を正しく伝えるために何をしましたか?

私たちの仕事は個人の緊密な関係を必要とするので、対立の発生は避けられません。特にお互いの考えやアイディアに対する対立がよく起こります。そのため、私たちは通常、職場の問題を解決し、お互いのアイデアを結び付けるために、1日2回のレビューセッションを開催しています。結果は、個人の力ではなく、集合的な力によって達成するという事を常に念頭に入れチームメンバーとコミュニケーションを行います。

9.今後5年間の目標を教えていただけますでしょうか。

今後5年間で情報技術やIT関連の分野で大学院で学位を取得する予定です。 また、ご存知のように、DEHA弊社は日本から来ている顧客が9割なので、日本語を身につけたいと思っています。 IT技術の知識を持っているSMとしての役割だけでなく、最先端製品を開発するために、顧客ニーズを直接理解する事がDEHA全体の発展にも貢献することだと考えます。

関連記事