TOP オフショア開発 リーンスタートアップにおけるシステム開発のポイント

リーンスタートアップにおけるシステム開発のポイント

by kataokayusuke
0 コメント

スタートアップ企業が、プロダクトを作っていく場合、リーンスタートアップという考え方を踏襲するのが効率が良いです。

今回は、リーンスタートアップを踏襲し、システム開発をするときのポイントについてまとめました。

リーンスタートアップにおけるシステム開発のポイント

リーンスタートアップとは、起業における考え方の一つです。

「リーン」(lean)には、「痩せた」「脂肪のない」といった意味があり、新規事業をできるだけ小さく始めて成功するかどうかを検証するという手法です。

元々は、1980年ごろにアメリカのマサチューセッツ工科大学で研究されていたトヨタの生産方式をベースに「リーン生産方式」もしくは「リーン開発」として考え出されました。

リーンスタートアップは、リーン生産方式から派生した考え方で、日経BPから出版されている「リーンスタートアップ」という書籍に詳しいです。

リーンスタートアップを意識してシステム開発をするときのポイントは以下の3つです。

  • 顧客志向を徹底する
  • 「構築→計測→学習→再構築」のサイクルを繰り返す
  • 短い期間で検証を繰り返す

一つずつみていきます。

顧客志向を徹底する

リーンスタートアップの大きな特徴は、顧客志向であることです。

リーンスタートアップは顧客開発とも呼ばれており、プロジェクト開始時から顧客の反応を元に、MVP開発やリリースが進められます。

あくまでも顧客の反応を軸にしてプロジェクトを進めるのが重要です。

「構築→計測→学習→再構築」のサイクルを繰り返す

リーンスタートアップでは、顧客志向をベースに「構築→計測→学習→再構築」のサイクルを繰り返すことで、顧客満足度を高めていきます。

最初のステップは構築です。
アイデアや仮説を元に新しい製品・サービスの企画を作成し、完璧でなくても良いから形にして、MVP(Minimum Viable Product)と呼ばれる実用最小限の製品を開発して、顧客に試してもらいます。

次のステップである計測では、リリースした製品やサービスを使った顧客の反応を見極めます。
この段階では、まだ製品の質が高くないため、少人数の顧客に対しての提供でよいです。

提供する顧客は、アーリーアダプターという流行に敏感で情報収集・判断が得意なユーザーに使ってもらう中で、反応を確かめていきます。

計測の結果を元に、MVPを改善することを学習といいます。
アーリーアダプターの反応から、最初に立てた仮説に自体に誤りがあると判断できた場合は、仮説そのものを見直して方向性を大きく変更する必要もあるでしょう。
仮説はあっていそうだが、反応が思わしくなかった場合、製品の改善に注力しましょう。

学習段階を設けることで、これ以上続けても成功の見込みがないと判断した場合、その時点で撤退することができます。

方向性を大きく変更することを、ピポッドと呼びます。
ピポッドした場合、一から仮説・アイデアを考え直す必要があるため、MVPの再構築が必要です。

新たにMVPを再構築したら、改めて「構築→計測→学習」のサイクルを繰り返していき、顧客に受け入れられる製品・サービスの立ち上げを目指していきます。

短い期間で検証をたくさん繰り返す

また上記のサイクルを短い期間で、可能な限り大量に行うのがリーンスタートアップでは重要です。
検証の数をこなせばこなすほど、顧客からの反応がよくなり、市場で優位にたてる可能性が高くなります。

リーンスタートアップでは、実装する機能を削ることで、時間的なコスト、金銭的なコストを抑えることができています。
浮いた時間と資金を、検証の回数と、プロダクト改善に向けるのが成功のポイントといえるでしょう。

リーンスタートアップとアジャイル開発の違い

リーンスタートアップと似た用語で「アジャイル開発」という言葉があります。
リーンスタートアップは起業における方法論のことでしたが、アジャイル開発はシステム開発における開発手法のことです。

リーンスタートアップとアジャイル開発の共通点は、以下の2点です。

  • コンパクトで迅速なリリースを重視している
  • 短いスパンで改善を繰り返す

アジャイルは「素早い」という意味があり、機能ごとに小さく開発とリリースを行います。
小さな機能ごとに「計画→設計→実装→テスト」のサイクルを繰り返しています。

リーンスタートアップとアジャイル開発はとても相性が良く、IT関連でスタートアップを検討している場合、アジャイル開発で開発を行うとスムーズに進むでしょう。

システム開発のお問い合わせはdehaまで

dehaでは、オフショア開発と呼ばれる、低コスト・高品質でのシステム開発を承っております。

IT系のサービスを立ち上げたいが、エンジニアを確保できない、という場合、ぜひ一度dehaにご相談ください。

オフショア開発であれば、相場の7割程度の費用で、レベルの高いエンジニアを登用することが可能です。

お問い合わせはこちら

今回の記事が、何かの参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連記事