TOP テクノロジーShopify 【2020年最新版】越境EC構築ツールMagentoとShopifyを徹底比較!どちらを選ぶべきか?【後編】

【2020年最新版】越境EC構築ツールMagentoとShopifyを徹底比較!どちらを選ぶべきか?【後編】

by Mai Tran

はじめに

こんにちは!

前回はMagentoとShopifyの3点(機能・人気度・サポート体制)について比較しました。

こちらでご覧ください:

https://deha.co.jp/magazine/magento-vs-shopify-which-is-the-best-platform-for-you-2020-version/

本記事では、海外にあった記事も参考しながら、私自身の見解を込めて書き、Eコマースに対して大事な要素の3点についての比較を引き続きご紹介したいと思います。自社のビジネスにとって最も重要な情報をご参考になれば嬉しいです。

MagentoとShopifyの基本的な比較

引き続き3点の特徴を挙げます。

4. マーケティング

HubspotのCMO、JoeChernov氏による、「良いマーケティングは会社を良く見せる。最も優れたマーケティングは顧客をよく感じさせる」と述べました。

上述のとおりに、オンライン販売はより多く商品が売られるようにマーケットツール・性能を最適化することが必要です。そこでは、MagentoとShopifyでは両方とも、顧客・市場のインサイトを獲得し、自社のビジネスについてあらゆるデータを管理、分析することができるように最も優れたマーケティングツール・性能を提供しています。詳細に下記のポイントを見極めてみましょう。

*SEO:

 2019年のSEOトレンドのランキングにより、全てのインターネット上の活動・体験の93%は検索エンジンから始まるとのことです。(参考データ:https://seotribunal.com/blog/stats-to-understand-seo/)。その点から見ると、より高いランキングを獲得する為、SEOに強いEコマースプラットフォームの選択がとても重要なことであると言えるでしょう。

Magento・ShopifyどちらともSEOに関する様々な機能を提供しており、検索エンジンのページ結果の上位を確保するのに有効です。

Magentoでは、SEO対策にフレンドリーなURLや、メタ情報や、Googleサイトマップや、GoogleコンテンツAPIにも対応しており、SEO施策も行えます。そして、MagentはSEOに関する柔軟な技術を提供しており、最も効果的なアウトプットのため自社の戦略を最適に改善できるようにします。さらに、Magentoを活用し、パーマリンクとメタタグを編集し、URLも変更することが可能です。

ShopifyはSEOに関する必要な基準ツールも備わっています。Shopifyを活用し、robot.txtファイルや、sitemap.xmlファイル、コンテンツ重複しないようなURL、メタタグ・サイト構造を編集し、商品ページを最適化し、様々なSEO専用アドオンズを利用することが可能です。

さらに、両方とも、 GoogleAnalyticと統合されているので、トラフィックデータなどを獲得し、追跡することができます。

*SNSに付帯可能

残念ながら、Magentoはこの機能が付帯していません。しかし、自社のビジネスのニーズに合わせて別途にSNSの拡張機能を追加する可能です。

逆に、この面では、Shopifyの強みです。Facebook、Pinterest、InstagramのようなSNSチャンネルにてマーケティング活動を運用するため様々なオプションが備わっています。

*メールマーケティング配信

Shopifyでは、メルマガ配信する場合、別途なアプリを追加する必要があります。

一方、Magentoでは、そもそもメルマガ配信の機能が導入されています。

*クーポンコード発行機能:

Magentoでは、クーポン発行、アップセルイング、プロモーション設定、関連商品、送料無料、商品ミックスなどについて統合機能を導入しています。さらに、無料でアドオンズを追加し、広告機能も利用できることになります。

Shopifyに対して、割引コードとクーポン発行がそもそも備わっているが、他の機能を利用希望があれば、有料で追加するアプリを購入しないと行けないです。

*他の販売サイトをサポート体制

どちらのプラットフォームでも、他の販売サイトにて自社の商品が売られる統合機能を導入しています。

Magentoでは、Google Shopping APIと統合しているので、自由に利用できるようになります。しかし、スムーズに自社の販売システムに開発し、統合できる為、経験を持つシステムエンジニアがいる必要があります。

Shopifyを活用して、Google Productにて簡単に商品を販売することができ、さらにアプリを導入することでAmazonとebayでも販売が可能です。またカスタマーサポートにも対応しています。

*レポートとデータ分析:

Magentoのレポートがとても詳しいですが、閲覧と管理が非常に複雑だと言えます。Magentoのレポートの内容として、毎月の売り上げ、税金、払い戻し、領収書、商品のレビュー、商品の閲覧数などです。また、自社のサイトにて検索されたキーワードに関するまとめる機能も導入されています。もちろん、全てのデータが自社のダッシュボードに表示されます。

一方、Shopifyのレポートが全体的にわかりしやすく、簡単に運用することにします。Shopifyのレポートの内容として、毎月の売り上げ、どこからのトラフィックの情報、インプレッション率、コンバージョン率、セッション率、リピートな来店顧客率などです。Magentoのレポートと同じですが、全部の情報をダッシュボードにて表示されています。

 5.費用

Eプラットフォーム選択を検討する際に、コストも重要です。そして、次にMagentoとShopifyそれぞれの費用について詳しく見ていきましょう。

*Magento:

Magentoを利用した版によってライセンス費用が異なります。

Magento コミュニティ版は無料で利用できます。ただし、サイトが構築・運用されるため、他の費用(ホスティングソリューションとドメイン、サーバーの料金など)を支払うが必要となります。普通は、サイトを維持すると、シェアされたホスティング料金が約20〜150ドルであり、専用サーバー料金が約500〜800ドルです。

Magentoビジネス版の場合は、ライセンスの費用が年額 22,000~125,000ドルに始まり、Cloudとなるため必要がないです。また、サイトを構築・運用できるため、開発エンジニアが必要となります。その分、自社のニーズによって、費用が異なります。

*Shopify:まず、Shopifyは14日間無料体験を提供しています。以下にそれぞれのプランの費用をご紹介します。

また、Shopify Plusプランは、中規模から大手企業向けに導入されており、月額2,000ドル〜です。

特に、上述のプランが無制限の商品、無料SSL証明書、無料のホスティング・ドメインを含まれます。

*決済手数料について:

Magentoを活用する場合、お支払い方法によって、取引手数料が異なります。

Shopifyペイメントは以下の通りです。

6. ホスティング&セキュリティ

*ホスティング:

・Shopifyはクラウド型でホスティングを提供しています。自社のニーズによって、無料でドメインを導入されることも可能です。そう言うことがあると、より簡単にECサイトを構築できると思います。もちろん、月々維持料金がかかることになります。

・Magentoビジネス版の場合、無料で付帯しているが、独目サーバーの設定が必須です。理想的には、仮想プライベートサーバー (VPS) で自社のサイトをスムーズに運用した方がいいです。

*セキュリティ:

Eコマースのサイトに対して、セキュリティが最優先なことだと言えます。なぜかと言うと、現実は毎日に何万のサイトがハッキングされているものです(参考データはこちら)。また、2020年データ&マーケットシェア Analysisによると、84%のオンライン顧客が安全ではないショップで商品購入しないようです。そして、自社のECサイトを構築する事前に、必ずプラットフォームのセキュリティの仕組みを確認しておきましょう。

・Shopifyは6つの標準なカテゴリのPCI(ペイメント・カード・インダストリー・データ・セキュリティ・スタンダード)をサポートしております。また、SSL証明証が発行され、自動バックアップも行います。さらに、定期的により高いセキュリティを保証するためアップデートを通知してもらうこともあります。

・Magentoの場合はサイトの安全度は自社の運用次第です。自社の開発エンジニアがSSL証明書の管理やサーバー・ソフトウェアなどの脆弱性へ対策する必要があります。Magentoビジネス版の場合、独目のセキュリティ対策を導入しています。

どちらのプラットフォームがオススメか

それぞれのビジネスのニーズに合ったEコマースプラットフォームを選びましょう。

ShopifyとMagentoの特徴は以下の通りです。

Shopifyの特徴:

・ECサイトに関する経験を持たないでも利用しやすい

・サイトが開設されたら、すぐに販売できる

・24/7のサポートが可能

・無料でホスティング・サーバーが導入される

・デザイン・テーマが豊富

Magentoの特徴:

・自由にサイトをカスタマイズ・管理可能

・他の通販サイトと統合機能を導入できる

・拡張機能が豊富

・コミュニティが活発

そう見ると、Eコマースの初心者として、自社が中小規模のショップを運用する場合はShopifyは向いており、もし自社のECサイトを将来的に大規模なサイトとして展開していくのであれば、カスタマイズ性が高いMagentoが最適なプラットフォームかと思います。

終わりに

 いかがでしょうか。

上述の通りに、ShopifyとMagentoのそれぞれの特徴について述べました。ShopifyとMagentoでまだ迷った際には、自社が構築したいECサイトの開発、種類をどこまで行うかというポイントを確認し、選択することをオススメです。

DEHAは、ベトナムにオフショア開発拠点を構えるシステム開発会社として、ShopifyとMagentoをどちらも構築・運用サポートをコスパ良く行うことができます。MagentoやShopifyについてより詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事