deha magazine / スマホアプリ開発 / 【2024年版】モバイルアプリ市場のトレンド予測

【2024年版】モバイルアプリ市場のトレンド予測

2024/03/16

モバイルアプリ市場は日々変化を遂げています。この記事では2024年のモバイルアプリ市場がどのようなトレンドで進んでいくのかについて、data.aiの「モバイルアプリ5つの予測」のデータを元に紹介していきたいと思います。

  • モバイルアプリ開発を行いたい方
  • モバイルアプリ開発のトレンドを知りたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばモバイルアプリ市場のトレンドを知って、自社のアプリ開発に活かすことができますよ。

TikTokが146億ドルを突破

TikTokは、2024年には巨額のマイルストーンである150億ドルに迫っています。この数字は、TikTokが急速に成長し、世界中で人気を博していることを示しています。

TikTokは、独自の動画共有プラットフォームとして、特に若年層を中心に爆発的な人気を誇り、その影響力は日々拡大しています。

この成長により、TikTokの収益も急速に増加しています。2024年には、1日の収益が1,100万ドルを超える見込みです。これは、広告収益やプレミアムサービスの成果として反映されます。

広告主やクリエイターは、TikTokが提供する効果的な広告プラットフォームや収益化手段に魅力を感じ、積極的に参入しています。

さらに、TikTokは革新的な機能やコンテンツを提供することで、ユーザーの満足度を高め、収益を安定化させています。

AIによるパーソナライズされたコンテンツ推薦や、クリエイター支援プログラムの充実など、ユーザーとクリエイターの両方にとって魅力的なサービスを展開しています。

ゲーム消費者⽀出、1,114億ドルに回復

⾼インフレ、経済の逆⾵、パンデミック関連の⾼値からの市場の修正により、消費者⽀出の抑制が続き、モバイルゲームでの消費者⽀出は減少傾向でした。

しかし、この動向は今後は逆転すると予想されます。2024年前期の消費者⽀出は、コロナ禍での1,158億ドルのピーク⽔準には届かないものの、前年⽐4%増の1,114億ドルに回復する⾒込みです。

ジャンル別では、RPG、パズル(マッチ)ゲーム、パーティーゲーム、およびカジノが2024年の⽀出増をリードする⾒込みとなっています。

マイクロブログアプリの⽇次アクティブユーザー数が減少

マイクロブログアプリは、短いテキストメッセージや画像を投稿し、他のユーザーと共有するためのプラットフォームです。代表的なマイクロブログアプリには、X(Twitter)やWeibo(微博)などがあります。

これらのアプリは、簡潔なコンテンツを迅速に共有することができるため、情報発信やコミュニケーションの手段として広く利用されています。

Xのようなプラットフォームではコア層のユーザーは残ると思われるものの、テキストベースのソーシャルネットワーキングアプリから写真や動画を主体とするプラットフォームにシフトすることが、消費者の全体的な動向です。

そのためX (Twitter)は⽇次アクティブユーザー数が2億5,000万に減少、Threadsも、2023年11⽉時点でのDAUが約2,000万で安定していることから、そのピークは依然2023年7⽉の6,100万のままとなる予想です。

2024年には、23億ダウンロードに⽣成AI機能が含まれる予想

⽣成AIアプリ本体やAIを価値提案に埋め込んだアプリ等、⽣成AI機能を含んだアプリのダウンロード数は前年⽐40%増となりました。

そもそも生成AIとは、機械学習やディープラーニングなどの技術を用いて、人間のような行動や応答を模倣し、自己学習するAIのことを指します。

生成AIは、自然言語処理、画像認識、音声合成などの分野で広く活用されており、様々なタスクにおいて高度なパフォーマンスを示しています。

生成AIの中でも、最も有名なのがOpenAIが開発したGPTシリーズです。ChatGPTやGPT-3は、大規模なニューラルネットワークを用いて、与えられたテキストから次のテキストを生成する能力を持ちます。

これにより、自然な会話や文章の生成が可能となり、コミュニケーションやクリエイティブな活動に革新をもたらしています。

2024年には、23億ダウンロードにAI機能が含まれるという予想があるのは、AI技術がますます普及し、様々なアプリケーションやサービスに組み込まれることが期待されるからです。

生成AIを活用することで、アプリやサービスのユーザーエクスペリエンスが向上し、よりパーソナライズされたコンテンツやサポートが提供されることが期待されます。

ただし、AI技術の普及には課題もあります。データの品質やプライバシーの保護、バイアスの問題など、様々な倫理的な問題が浮上しています。

これらの課題に対処しながら、AI技術を適切に活用し、より良い未来を構築するためには、技術の進化だけでなく、社会的な取り組みも重要です。

ソーシャルメディアアプリ2024年に財布占有率を⾼まる⾒込み

2024年には、ソーシャルメディアアプリが直接消費者から収益を獲得する方向にシフトしています。

これまでの歴史では、ソーシャルプラットフォームは広告収入に依存しており、アクティブユーザーや利用時間が広告の成功を測る重要な尺度でした。

しかし、2024年にはこの傾向が変わり、より多くのソーシャルプラットフォームが消費者から直接収益を得ようとしています。

特に、TikTokはその先駆的な取り組みで注目を集めています。アプリ内課金を導入し、コンテンツクリエイターへの「チップ」として消費者が支払うことで、ソーシャルメディアの収益モデルを変革しました。

TikTokの利用時間も急増し、2024年には平均的なユーザーがYouTubeの利用時間よりも多い40時間に達すると見込まれています。

この動きにより、ソーシャルメディアアプリは消費者からの直接収益を増やすことが期待されます。広告主への支払い負担の一部が消費者に移転し、アプリ内課金や有料コンテンツなどを通じて収益が増加するでしょう。

これにより、ソーシャルメディアアプリは財布占有率を高め、2024年には消費者支出が大幅に増加し、13億ドル近くに達すると見込まれます。

TikTokは、この消費者支出のマイルストーンと連動して、時間とお金の両方を獲得することが予想されます。

まとめ

いかがでしたか。本日は2024年のモバイルアプリ市場のトレンドに関して、5つのトピックを紹介していきました。

マイクロブログアプリが停滞する一方で、TikTokやAIを活用したモバイルアプリが注目されそうです。さらに、ソーシャルメディアアプリは従来の広告収入のみならず、顧客から直接チップや投げ銭をもらう形に変化していく予測です。

本日紹介したトレンド予測を元に、自分のビジネスに落とし込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:モバイルアプリ開発の外注の進め方【スマホアプリの開発はオフショアがおすすめ】

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT