deha magazine / オフショア開発 / 【2024年版】オフショア開発国のランキング|委託先国の特徴とは?

【2024年版】オフショア開発国のランキング|委託先国の特徴とは?

2024/02/01

オフショア開発は、企業が他の国の外部パートナーにソフトウェア開発やITプロジェクトを委託する手法として広く利用されています。

2024年現在、オフショア開発において重要なポジションを占める国々があります。

この記事では、そんなオフショア開発国のランキングと各国の特徴に焦点を当てて紹介します。

  • オフショア開発に興味がある方
  • 社内のIT人材が不足している方
  • オフショア開発国によって違いがあるのかを知りたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばオフショア開発国として、現在どの国が注目されているのかがわかりますよ。

なおこの記事のランキングに関してはオフショア開発白書のデータをもとにしています。

1位ベトナム

ベトナムはオフショア開発において急速な成長を遂げ、その特徴的な要素が多くの企業の注目を集めています。

まず第一に、豊かな技術者リソースがあり、数多くの高度なITプロフェッショナルが育成されています。これにより、企業は優れた技術力を持つ開発者を手に入れ、プロジェクトを成功に導くことができます。

コスト効率の高さもベトナムの大きな魅力です。他のオフショア開発国に比べて、ベトナムのサービスは競争力のある価格で提供されています。

これが企業にとって予算の効果的な管理を可能にし、プロジェクトの進捗にポジティブな影響を与えています。

また、英語のスキルが向上しており、コミュニケーションが円滑に行われる点も強みです。これが国際的なチームとの効果的な協力を促進し、クライアントとの意思疎通を円滑に進めることができます。

さらに、ベトナムは急速に進化する技術環境に迅速に適応しています。新たな技術やトレンドに対する対応力が高く、最新のツールやフレームワークを活用した開発が可能です。

勤勉な商習慣も日本と似ている部分があり、時差も少ないことから精神的、物理的なストレスからも解放されるでしょう。

2.位フィリピン

フィリピンはなんと言っても英語が流暢な労働力が大きな強みです。教育システムが英語を公用語としているため、プロフェッショナルが円滑なコミュニケーションを提供でき、多国籍企業との協力が容易です。

コスト効率もフィリピンの魅力の一つです。他のオフショア開発先に比べて低いコストで高品質なサービスを提供することが可能で、これが多くの企業にとって魅力的な委託先になっています。

文化の類似性もフィリピンの特徴の一つです。西洋の文化に影響を受け、アメリカとの歴史的な結びつきも強いため、クライアントとの理解が深まりやすくなっています。

これが円滑な業務遂行に寄与しています。

さらに、フィリピンでは政府がオフショア開発を支援する政策を実施しており、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)産業が成長しています。これにより、インフラストラクチャーが整備され、安定的なビジネス環境が形成されています。

3位インド

インドは依然としてオフショア開発の主要国の一つです。膨大な技術者リソースがあり、数多くの優れたITプロフェッショナルが育成されています。

これにより、高度な技術力を持つ開発者を手に入れ、多様なプロジェクトに対応することが可能です。

コスト効率の高さもインドの魅力の一つです。他の国々に比べてリーズナブルな価格で高品質なサービスが提供され、これが多くの企業にとって魅力的な委託先になっています。

インドは多言語を話す国でありながら、英語が広く使われています。これが国際的なクライアントとの円滑なコミュニケーションを可能にし、グローバルなプロジェクトに適しています。

また、インドでは多様性が強調されており、異なる文化や宗教が共存しています。この多様性がアイデアの豊富さや柔軟性を生み出し、イノベーションを促進しています。

4位バングラデシュ

バングラデシュは他のオフショア開発国に比べて低いコストで高品質な開発サービスを提供でき、これが多くの企業にとって経済的に魅力的な選択肢となっています。

また若い世代が多く、技術分野への進学が盛んです。これにより、多様な分野にわたる専門家が育成され、企業のニーズに適したスキルセットを提供できます。

英語スキルの向上も進んでおり、コミュニケーションが円滑に行えます。これが国際的なクライアントとの協力を助け、グローバルなプロジェクトに適した環境を作り出しています。

政府は情報技術分野への投資を増加させ、ITインフラの整備が進んでいます。これが安定的なビジネス環境の構築に寄与し、バングラデシュがオフショア開発において成長を遂げている要因となっています。

5位中国

広大な技術者リソースがあり、高い技術力を持つプロフェッショナルが大量に存在している中国。これが企業にとって多様なスキルセットと高い生産性を提供しています。

また、中国は多様な業界にわたる広範な専門知識を提供できる点が強みです。IT分野だけでなく、製造業や新興技術分野においても進化が著しく、多岐にわたるプロジェクトに柔軟に対応できます。

中国は長い歴史と文化を有しており、異なる地域や言語環境が共存しています。これが国際的なクライアントとの円滑なコミュニケーションと文化の理解を促進しています。

また、中国政府は技術革新への投資を強化し、新興産業やデジタル技術の発展をサポートしています。これにより、中国は革新的な取り組みや新たなテクノロジーの導入においても力を発揮しています。

まとめ

いかがでしたか。本日はオフショア開発国のランキングを紹介していきました。

各国のオフショア開発ランキングは企業のニーズやプロジェクトの性質によって異なります。インドやフィリピン、中国などは引き続き注目を集める一方で、新たなプレーヤーとしてベトナムやバングラデシュが浮上しています。

企業は、委託先の選択において技術力、文化の違い、言語スキルなどを総合的に評価し、最適なパートナーを見つけていきましょう。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT