deha magazine / PHP / Laravelとは?世界No.1のPHPフレームワークララベルがスゴイ!特徴やメリットを解説します

Laravelとは?世界No.1のPHPフレームワークララベルがスゴイ!特徴やメリットを解説します

2020/03/16

今世界でで一番利用されているPHPフレームワークと言われているのが「Laravel(ララベル)」です。

「Laravel」は2011年に最初のバージョンがリリースされたオープンソースのPHPフレームワークです。PHPフレームワークの中では後発ですが徐々にシェアを増やして行き、シェアトップを走り続けていた「CakePHP」を抜き、2019年に世界1位となりました。

この記事ではそんな今大注目の「Laravel」が他のフレームワークよりも優れているところ、「Laravel」を利用する時の注意点など、その特徴をご紹介していきます。

  • PHPを使ってWeb開発を行いたい方
  • Web開発初心者の方
  • IT材をお探しの経営者様や事業者様

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば今大注目の「Laravel(ララベル)」の人気の秘密がまるわかりですよ。

「Laravel」とは

「Laravel」はPHPフレームワークの1つで、「Symphony(シンフォニー)」という大規模なWebアプリケーション開発を得意とするフレームワークをベースに開発されました。

そのため「Symphony」と同じように大規模なWebアプリケーションの開発にも対応できます。また後発なため、定番・人気のフレームワークの長所を盛り込んで作られています。

そもそもPHPフレームワークとはWebアプリ開発やシステム開発を効率化してくれる雛形のようなもの。「フレームワーク」を活用すれば、プログラミングを勉強し始めた初心者でも短期間でWebアプリケーションを作ることができるのです。

▶︎合わせて読みたい「【時短】webアプリに!phpのframeworkで手間いらずの開発をする方法」

「Laravel」はシェアが高くなるにつれて、さまざまな国・言語で利用できるようコミュニティや情報サイト、書籍などが多く作られるようになってきました。

これからPHPフレームワークの利用を始めたい方にとってはスタートしやすく、上級者にとってはさらに高度な情報を活用し、スキルアップをすることができます。

「Laravel」のここがスゴイ!

多機能で自由度が高い

そもそも「PHPフレームワーク」には基本的な機能が含まれています。「PHPフレームワーク」ごとに含まれる機能の内容や数は異なりますが、その中でも「Laravel」には数多くの機能が含まれています。

そのためエンジニアがひとつひとつの機能を開発しなくてもすぐに機能を実装することができ、開発工数を大幅に減らし、効率的な開発ができます。

さらにたくさんの機能を利用できる上に、ソースコードを配置する時のディレクトリの構成を自由にできることで、開発の幅やエンジニアの想像力が広がり、よりよいWebアプリケーション開発を実現することができます。

学習しやすい

「Laravel」習得したい方はたくさんいらっしゃいます。世界中で利用されているため、教材なども数え切れないほどたくさん公開されています。

日本語に翻訳されているものも多く、基礎から応用まで幅広く学べます。日本語に翻訳されている学習サイトや教材もあります。無料のものから有料のものまで、自分の学習スタイルに合うものを見つけることができます。

また「Laravel」が他の「PHPフレームワーク」に比べて使いやすいという点も初心者が学習しやすく、シェアが増えている一因にもなっています。

「Laravel」にも課題が・・・

「Laravel」の強みを紹介してきましたが、他のPHPフレームワークに比べると課題もあります。

処理速度

多機能であること、開発がしやすいことが長所でしたが、その分メモリの使用量が増えてしまい、処理速度が遅くなってしまいます。

自由度が高い

「自由度の高さがスゴイって書いていたじゃないか」と思った方は正しいです。なぜなら「Laravel」の自由度の高さは強みでもあり弱点でもあるのです。

自由度が高いということはそれだけ設計や管理にも手間や時間がかかってしまいます。

例えば、「CakePHP」は設定が少なく、コンポーネントを組み合わせていくことでスムーズに開発できることが長所です。その場合は開発するWebアプリケーションの特性やプロジェクトの期限などを考慮しつつPHPフレームワークを選定するのがよいでしょう。

自由度の高さが長所であり短所でもあるという点は開発の仕方を気をつければ間違いなく「長所」として活用できます。

ComposerとArtisanで効率的な開発環境を

大きなプロジェクトになれば関わるエンジニアの人数が増えるため、全員が同じ方向に向かって進んでいくのには大掛かりな準備が必要です。

そんな時に有効なのが「Composer」と「Artisan」です。

「Composer」はPHPのパッケージ管理ツールです。通常であれば各ライブラリをエンジニア一人ひとりが準備する必要がありますが、「Laravel」は「Composer」を採用しているので、メンバー全員が同じ環境で作業ができるようになります。

「Artisan」はコマンドラインインターフェイスのことで、「Laravel」で利用することでエンジニア全員が共通のコマンドを使えるようになり、統一された開発ができるようになります。あらに独自の「Artisan」を作成し利用することもできます。

「Laravel」は自由度が高い分、「Composer」や「Composer」などの機能を活用することでより効率的な開発ができるようになります。

まずは「Laravel」を使ってみよう!

「Laravel」が世界中でシェアを広げている要因をご理解いただけましたでしょうか。

さまざまな特長・機能を活用することで、よりクオリティの高いWebアプリケーションの開発ができるようになるでしょう。

DEHAソリューションズではPHPに強いエンジニアが多数在籍しています。エンジニアを1から採用するよりも、効率的で低コストで、エンジニアのスポット派遣や開発サポートもおこなっています。Laravelの環境構築を行いたい方や、PHPエンジニアの採用をしたい方はぜひお問い合わせください。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT