deha magazine / PHP / WordPressサイトが重いと感じたら、PHPバージョンを更新せよ。方法も解説!

WordPressサイトが重いと感じたら、PHPバージョンを更新せよ。方法も解説!

2023/02/22

「WordPressサイトが重い」と感じていませんか?

それはもしかしたらPHPのバージョンが古いのかもしれません。

PHPを更新していないと、処理速度が遅くなるだけでなくセキュリティ上の問題も発生してしまいます。

そこで今回はPHPのバージョンを更新する方法をご紹介します。

  • PHP開発をしたい方
  • WEB開発をしたい方
  • WordPressでサイトを構築した方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばWordPressサイトの処理速度を速くするためのPHPの更新方法が分かりますよ。

WordPressサイトが重いと感じたら、PHPバージョンを更新せよ!

WordPressはPHPを利用して作られています。そのため、PHPのパフォーマンスが上がれば、WordPressで作ったサイトも高速化することができます。

反対にPHPの更新を怠ってしまうと、データベースのメモリの容量が増えてしまい処理速度が遅くなるだけでなく、サイトがハッキングされてしまう可能性も高くなってしまいます。

合わせて読みたい>>PHPを古いバージョンのまま使い続けることの問題点

Googleの調査によると、ホームページの処理速度が1~3秒になると離脱率は32%、1~5秒の場合90%、1~6秒の場合106%になるそう。

表示速度を高速化し、離脱率の少ないサイトを構築するようにしましょう。

PHPのバージョンを更新する方法

PHPのバージョンを更新する手順はズバリ以下の通りです。いきなりバージョンアップをするのではなく、事前にバックアップを取ったりWordPressとの互換性をとるようにしましょう。

1つ1つ順を追って説明します。

  1. PHPの今のバージョンを確認する
  2. バックアップを取る
  3. WordPress本体とテーマ、プラグインをアップデートする
  4. PHPが互換性あるかを確認する
  5. PHPのバージョンアップを行う

PHPの今のバージョンを確認する

まずPHPの今のバージョンを確認します。これはアップデートした後に万が一トラブルがあった際に、元のバージョンに戻せるようにするためです。PHPの現在のバージョンを確認する方法は以下があります。

  • ダッシュボードの「サイトヘルス」で確認する
  • PHPファイルを作成しブラウザで確認する (phpinfo関数)
  • 利用しているレンタルサーバーの管理パネルから確認する
  • SSHでコマンドを実行する
  • PHPバージョンを確認できるプラグインを追加する

バックアップを取る

PHPのアップデートを行う前に必ずバックアップを取るようにしましょう。バックアップを取る方法としては、レンタルサーバーが提供しているバックアップサービスを利用するか、プラグインを導入するかの2つの方法があります。

自動でバックアップする方法と手動でバックアップする方法があり、もし自動でバックアップを取っていたとしても、アップデートなど大きな変更の前には手動でバックアップをしておくことをおすすめします

WordPress本体とテーマ、プラグインをアップデートする

WordPress本体とテーマ、プラグインが古いバージョンのままだと、PHPのバージョンアップをした時に不具合が起こる可能性があります。

WordPressが古いバージョンになっている場合、管理画面のサイドメニューの「更新」のところに赤い数字が表示されます。

この赤い数字が表示されなくなれば全てが最新のバージョンになっているということになります。

PHPが互換性あるかを確認する

「PHP Compatibility Checker」というプラグインを利用して、バージョンアップをしても問題がないかを確認します。

万が一、もし互換性のないテーマやプラグインがあった場合は、代替のテーマやプラグインに変更する必要があります。

PHPのバージョンアップを行う

ここまで出来たらPHPのバージョンアップを行います。エックスサーバーでPHPの更新をする方法は、サーバーパネルから「PHP Ver.切替」をクリック。

「変更後のバージョン」で、変更したいバージョンを選択。変更ボタンをクリックします。

ロリポップを利用している方は、ユーザー専用ページの「サーバーの管理・設定」で、「PHP設定」を選択します。

変更するドメインで希望のバージョンを選択、変更ボタンをクリックすればOKです。

もしバージョンアップに失敗してしまったら…

PHPのバージョンアップに失敗してしまったら、まずはPHPのバージョンを元に戻しましょう。

アップデートをした時と同じ方法で、バージョンを元のものにすれば大丈夫です。

この時に、アップデート前のバージョンを忘れてしまうと元に戻せないので注意してください。

まとめ

いかがでしたか。本日はPHPのバージョンアップを行う方法について解説していきました。

PHPのバージョンアップを行うことで、WordPressの処理速度を速くすることができます。

反対にバージョンアップを怠ってしまうと、ハッキングなどセキュリティ上の問題が起こってしまう可能性が出てしまいます。

ぜひこの記事を参考にPHPのバージョンアップをしてみてください。

PHPの開発はオフショア開発がおすすめです。オフショア開発はコストを抑えて高品質の開発が可能です。

DEHAソリューションズでは5年以上に及ぶ開発実績があります。

WEB開発を行いたい方、エンジニアの費用などを知りたい方、ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT