deha magazine / オフショア開発 / ベトナム人エンジニアを採用する方法|特徴・メリット・注意点も解説!

ベトナム人エンジニアを採用する方法|特徴・メリット・注意点も解説!

2022/02/23

ベトナムはオフショア開発国として最も人気のある国です。それはベトナム人がスキルがある若い人材が多いことなどが要因となっています。

この記事ではそんなベトナム人エンジニアの特徴や、採用するメリット・注意点、さらには採用方法まで徹底解説していきます。

  • ベトナム人エンジニアが気になる方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばベトナム人エンジニア特徴はもちろん、その採用方法が丸わかりですよ。

ベトナム人エンジニアを採用する方法

ベトナム人エンジニアの採用方法としては以下があります。

  • 求人サイト
  • 人材会社
  • 派遣会社・SES
  • SNS
  • クラウドソーシングサービス
  • オフショア開発
  • リファラル採用

オフショア開発とはIT人材が不足している日本ではなく、海外のエンジニアをコストを抑えて確保することができる採用方法です。

求人サイトやSNSは国内外にいるエンジニアにもアプローチすることができる点で優れています。

また、人材会社は成功報酬型なので、はじめての外国人採用や大量採用を行いたい方におすすめです。

ベトナム人エンジニアの特徴

ベトナム人は日本で働く外国人労働者のうち2番目に多く全体の2割を占めています。

そんなベトナム人は日本人と似ているところが多くあります。

例えば勤勉なところ。2010年代から高い経済成長が続いてきたこともあり、努力をすればより高収入が実現できるというようなモチベーションがあるのがこうした現状の背景にあります。

人気の高いプログラミング言語は、JavaScriptや、Java、PHP、Phythonなど。

その一方で、日本人は新しい言語に対するスキルを身につける時間があまり無いのが現状です。

ベトナム人はアジャイル開発やAWSに関する知識など転職に役立つスキルを身に着ける人も多いですし、より高収入が期待できる外資系企業で働くため、日本語や英語の勉強をする方が多くいるのです。

また日本人のような察する文化などはベトナム人にはないので、注意が必要です。

ベトナム人エンジニアを採用するメリット

若手人材が確保できる

ベトナム人エンジニアは、20〜29歳が54.77%、30〜39歳が26.3%を占めていて若者が多いのが特徴です。

若いエンジニアは上昇志向が強く、流行の技術や最新技術への興味関心が高いです。

特にブロックチェーン技術は目まぐるしく成長をしていて、ブロックチェーンゲームの資金はなんと数百億USD(100億USD=約1兆1400億円)にも及ぶと言われています。

日本教育に触れた人材も多くいる

現在日本に技能実習生として来ている外国人のうち、約45%はベトナムから来ています。こうした技能実習生は日本の国際教育の一環で受け入れられているため、実習完了後は母国に帰国することになっています。

コストを抑えることができる

中国のようなオフショア開発国と比べコストが安い傾向があります。

日本国内での開発に比べると、半額〜7割程度の費用で、開発することが可能です。

ただし、近年需要が拡大していることからコストは上昇傾向です。特にハノイやホーチミンと言った二大都市ではそれが顕著となっています。

一方、ダナンやフエと言った地方都市はそれらの都市に比べるとコストを抑えられる可能性もあるので、それらの都市と比較検討することをおすすめします。

また、何を開発したいのかやどう言った人材に委託したいのかなどによってもコストは変わっていきます。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さいね。

合わせて読みたい>>【最新動向】ベトナムオフショア開発の人月単価相場【結論:コストもレベルも高まっている】

技術力がある

政府がICT教育を推進していて、2030年にはITエンジニアを含めた150万人のIT人材輩出を目指しています。

実際、IT関連の教育を展開している大学が30校近くあり、毎年約5万人の新人エンジニアを輩出しています。

そのため高い技術力を持ったエンジニアが多くいるのが特徴となっています。

採用する際の注意点

スピードが重要

日本では内定出しの最終決定に時間がかかる場合が多くあります。一方、ベトナムの現地企業や外資系企業の場合、面接日にそのまま内定が出て、1週間後には働き始めていることも。

だからこそ、日本のようなスピード感で採用活動を行っていると優秀なエンジニアを逃す可能性だってあるのです。

日本で就労できるビザが必要

ベトナム人採用の際は、日本での労働可能な在留資格が必要です。

日本にいるベトナム人を採用する場合と、海外にいるベトナム人を採用する場合とで、必要な手続きや申請書類などが異なります。

日本語が使える人は多くはない

日本に留学している・していたエンジニアや、オフショア開発のために日本語や英語を学習する人は増加傾向にありますが、まだまだ日本語習得率は高くはありません。

その理由としては、ベトナム語と日本語が文法や発音などが大きく異なっているので、習得に時間がかかることがあげられます。

まとめ

いかがでしたか。本日はベトナムエンジニアの特徴とその採用方法、注意するべきことなどをまとめていきました。

若くて優秀な人が多く、日本人よりもコストを抑えて採用することができましたね。

そしてその採用方法としては求人サイト、人材会社、オフショア開発などがありました。特徴はそれぞれ異なります。複数の採用方法を組み合わせていくことがおすすめでしたね。

経済産業省によると日本のエンジニアは、2030年にはなんと最大で79万人が不足すると言われています。日本国内にとどまっていては満足できる採用は行えないでしょう。

ぜひこの記事を参考にベトナム人エンジニアの採用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT