deha magazine / SaaS / Shopifyでお問い合わせフォームをカスタマイズする方法とは?

Shopifyでお問い合わせフォームをカスタマイズする方法とは?

2021/10/16

Shopifyでは標準機能として装備されているお問い合わせフォームを自由にカスタマイズすることができます。

お問い合わせフォームのカスタマイズによって、ユーザーが、よりネットショップを利用しやすくなります。これにより満足度をあげることができます。

ユーザーの満足度が上がればショップの離脱率を下げることにもつながります。

この記事ではそんなShopifyでできるお問い合わせフォームのカスタマイズ方法について紹介しています。

  • Shopifyが気になる方
  • ネットショップを始めてみたい方
  • ECサイト構築を行いたい方
  • ユーザーの満足度を上げたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばお問い合わせフォームをより見やすく、わかりやすくすることができますよ。

Shopifyのお問い合わせフォーム

Shopifyのお問い合わせフォームは、以下の項目が標準設定されています。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • メッセージ

管理画面からオンラインストアに移動し、「テンプレート」からコンタクトフォーム用のテンプレートを選択するをクリックすることで、お問い合わせフォームを作成することができます。

お問い合わせを受信するアドレスは、「設定」の中の「一般設定」、「送信元のメールアドレス」に記載されているものが該当します。

設定後は、実際に設定したメールアドレスにお問い合わせが届くかどうか、テストを行うことが大切です。

Shopifyでお問い合わせフォームをカスタマイズする方法とは?

先ほど紹介したようにShopifyのデフォルトのお問い合わせフォームは、最低限の項目しかありません。

細かい部分をカスタマイズするには、Liquidを編集する方法とアプリでカスタマイズする2つの方法があります。

LiquidとはShopifyで利用されているプログラミング言語です。オープンソースとして、GitHubで公開されています。

プログラミングの知識がある方はLiquidを利用することをおすすめします。

Liquidのカスタマイズ方法

Liquidのカスタマイズ方法は、Shopifyの管理画面の「オンラインストア>テーマ>アクション>コードを編集する」から行います。

その後、Templatesより「page.contact.liquid」を選択して内容を編集します。

アプリでのカスタマイズ方法

プログラミング知識がない方は、アプリを利用してカスタマイズをすることをおすすめします。

Shopifyには機能を拡張することができるアプリが6000以上あると言われています。お問い合わせフォームをカスタマイズするアプリも沢山あります。

ここでは4つのアプリを紹介します。

  • ​​Improved contact form
  • Powerful Contact Form Builder
  • Contact Form
  • Wholesale + Ambassador Form

​​Improved contact form

​​Improved contact formはShopifyのどのページからでも問合せフォームにアクセスできるポップアップを追加できます。

ポップアップなので、お客様が質問したいタイミングですぐにお問い合わせフォームにアクセスすることが可能になるのです。

無料のプランから月額29ドルまであり、有料プランでは保存しておける問合せフォームの数を増やすことができます。

どのページから顧客がアクセスしたのかや、直前に見ていたページを調べるのに役立ちます。

Powerful Contact Form Builder

Powerful Contact Form Builderは無料のものと月額9.9ドルのものがあります。有料プランでは、自動返信、フォームの作成数を無制限に行うことができます。

ショートコードで好きなページに簡単にお問い合わせフォームを設置できるところが魅力です。

お問い合わせフォーム以外にも、アンケートフォームや応募フォーム、会員登録フォームなどさまざなフォームにも対応させることができます。

完全日本語対応のところも安心ですね。

Contact Form

Contact Formは無料のものから月額12.99ドルのものまでがあります。

どんなテーマにもマッチするデザインが作成可能です。任意のページにフォームを追加することができ、MailChimpやKlaviyoなど、メールマーケティングサービスとの連携が可能です。

Wholesale + Ambassador Form

Wholesale + Ambassador Formは無料プランで月に25件のお問い合わせに対応することができます。その他にも月額8.99ドル、15.99ドル、79.99ドルがあります。

標準のお問い合わせフォームとは別に任意の項目を追加したり、プルダウンを追加できるなどバリエーションに富んだカスタマイズが可能です。

細部までこだわって、オリジナリティ溢れるお問い合わせフォームを作成したい方におすすめのアプリですよ。

まとめ

いかがでしたか。本日はShopifyでお問い合わせフォームをカスタマイズする方法を紹介していきました。

お問い合わせフォームにこだわることで、ユーザー満足度を上げ、ECサイト離脱率を下げることができました。

ShopifyではLiquidでのカスタマイズとアプリを利用したカスタマイズ方法がありました。

ぜひ今回紹介した内容を元にお問い合わせフォームのカスタマイズを行ってみてください。

本日紹介したような内容を外部に委託してみるもおすすめです。

DEHAソリューションズは、shopifyの公式パートナーとして、構築サービスを提供しています。

オフショア開発だからこそ、相場より安い価格でより質の高いサイトを構築できます。shopify構築を考えている方は、無料で見積もりをお出しすることができるため、こちらからお問い合わせください。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT