deha magazine / WEBアプリ開発 / webアプリの開発費用はどのくらい?相場やコスト圧縮のコツを解説【オフショア開発】

webアプリの開発費用はどのくらい?相場やコスト圧縮のコツを解説【オフショア開発】

2021/10/21

webアプリはWEBブラウザーからアクセスすることができる、オンライン上で様々な処理を行うシステムです。

iOSアプリやAndroidアプリといったネイティブアプリとは異なり、端末に縛られずに開発を行うことができるので、その分コストを抑えることができます。

今回はそんなwebアプリの開発費用について解説したいと思います。

  • webアプリの開発を行いたい方
  • 社内のIT人材が不足している方
  • 開発コストを抑えたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば、webアプリ開発の相場を知るのはもちろん、よりコストを抑えるコツも知ることができますよ。

webアプリの開発費用はどのくらい?

webアプリの開発費用の内訳は、「機能」と「人件費」「保守・メンテナンス費」「リスク費」です。

機能の数や種類が多いほど制作時間が長くなってしまうので、費用は高くなります。

また、導入・稼働後にバグ修正やOSなどのプラットフォームのサポート終了などに対応するためには保守・メンテナンスが必要です。保守・メンテナンス費は開発コストの15%をみておきましょう。

リスク費とは、開発中にトラブルが発生した場合や、開発期間が延びてしまう場合などに備えるために用意しておく、予備の費用のことを指します。

webアプリの相場

webアプリの相場は以下の通りです。機能をどのぐらいつけるのかによっても費用は変わりますが、一つの参考にしていただければと思います。

Webアプリの種類費用相場
ECサイト60~400万円
SNS100~500万円
口コミサイト80~300万円
掲示板サイト50~300万円
ゲーム系300~1,000万円
CMS80~400万円
予約管理サイト80~500万円
マッチングサイト100~500万円

なぜネイティブアプリよりも安いの?

ネイティブアプリはiOSアプリやAndroidアプリといったスマートフォン上で、端末上のシステムを使って動かすことができるアプリです。

iphoneとAndroid両方でアプリを使うようにするためには、iOSとAndroidの両方のアプリを開発する必要があります。

その分開発工程がかかってしまうので、コストは高くなってしまいます。

一方、webアプリは端末に縛られずに利用することができるため、開発コストを抑えることができるのです。

よりコストを抑える方法

MVPを検討する

MVP開発とはMinimum Viable Productの略で、その名の通り最小限に機能を削ぎ落としたシンプルなシステムを開発することを指します。

たとえば、ある特定のテーマに特化したSNSサービスの開発を考えていたとしましょう。

SNSサービスの機能は、タイムライン機能、チャット・DM機能、いいね・スタンプ機能、保存機能など様々なものが考えられます。

他にも、機能を追加しようと思えば様々な機能を追加することもできますが、MVPならこれらの1つか2つくらいの機能を実装するだけでリリースを行うのです。

最小限の開発に止めることによって開発コストを抑えることができるのです。 

合わせて読みたい>>【スタートアップ向け】MVP開発とは【事業開発の新しい形】

ラボ型契約を検討する

ラボ型開発とは、基本的にある 一定期間(半年〜1年)の間、あるお客様の専用のチームを用意し開発を行うという契約形態のこと。

修正が多いアプリ開発などでは、修正に追加費用がかかる請負型開発に委託するよりも、ラボ型開発のほうが低コストで済む場合が多いです

ラボ型契約に関する詳しい内容についてはこちらの記事で紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい>>【もう安心】ラボ型開発で、見積や雇用の不安解消!請負型開発との違いやメリットも解説【ODC/ラボ契約とは】

オフショア開発を行う

オフショア開発とは比較的開発費用の安い海外で開発を委託する手法のことを指します。

日本のソフトウェア開発や事務作業でオフショア開発が利用されていましたが、近年ではAI開発やサイト制作の現場でもよく見られるようになってきました。

先ほどもいったようにオフショア開発なら人件費を大幅に抑えることができます。

ベトナムオフショアなら、日本人1人のエンジニアに対して、ベトナムのエンジニアを3人雇うことができると言われています。

さらにベトナムオフショアでは、技術力の高いエンジニアに外注するなどといったメリットがありますよ。

合わせて読みたい>>オフショア開発とは!?ベトナムに発注するメリット・各国の相場比較

開発業者選定のコツ

契約前にコミュニケーションをとる

webアプリ開発の業者選定でよくある失敗が、コストだけで急いで契約したら設計と異なるアプリが納品されてしまったり、アプリの質が悪かったということです。

こう言った悲劇は、契約前のコミュニケーションを大事にすることで回避が可能です。

あまりにも相場から外れた低価格の提案には注意をすること、レスポンスが良いかを確認すること、開発業者の口コミを調べておくことなどが重要です。

複数の見積りをとる 

開発業者を選定する際は、必ず複数者から見積もりをとるようにしましょう。同じWebシステムでも、委託先が違えば開発費もバラバラです。

どういった機能をつけることができるのか、どのくらいコストがかかるのか、比較して最適な開発業者を選定していきましょう。

まとめ

いかがでしたか。本日はwebアプリの開発費用に関して紹介していきました。

webアプリはネイティブアプリに比べ開発費を抑えることができましたね。

さらに開発費を抑えるには、オフショア開発を検討しましょう。

DEHAソリューションズでは、そんなベトナムオフショア開発で5年に渡る開発実績があります。

アプリ開発にかかる費用は、アプリの種類によって異なります。正しい相場観や費用感を掴むためにも、見積もりは必要不可欠です。

「実際にどのぐらいの費用がかかるのか」「どのぐらいの期間の開発になるのか」など、簡単に見積もりすることができます。仕様書などがない場合でも、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

無料でアプリ開発の費用について見積もりをしてみる▶

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT