TOP テクノロジー 「AWS」は最強のクラウドコンピューティングサービス?!

「AWS」は最強のクラウドコンピューティングサービス?!

by Van Nguyen

みなさんは「Amazon」と聞いたら何を思い浮かべますか?

ほとんどの方が超巨大で便利なインターネットショッピングの会社、と答えるでしょう。

正解です!しかしインターネットショッピングの影に隠れながら「Amazon」はネットショッピング以上に世界中のインターネットインフラを支える「AWS(Amazon Web Services)」を提供するクラウドコンピューティングサービス企業として成長し続けているのです。

「AWS」はAmazon社が提供するクラウドコンピューティングサービスで、世界18カ国で提供されています。「AWS」を利用するとクラウド上でサーバーやデータベースなどのインフラ環境をはじめ、機械学習や画像認識などのサービスが利用できます。

「AWS」のはじまりはAmazon社が自社のために開発したシステムを、社外の個人や企業にサービスとして提供することにしたことです。そんなきっかけで始まったサービスも今ではクラウドコンピューティングサービスのシェアは世界1位になりました。2018年のシェアは33%※1と言われています。2位はMicrosoft社のAzure(アジュール)で13%と2位を大きく引き離すシェアとなっています。

出典※1 https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1805/17/news110.html

2019年の「AWS」の売上高は約100億ドル※2、さらにAmazon社の中で「AWS」の売上の割合は12%※2となっており、いかに「AWS」が巨大なビジネスであるかご理解いただけるでしょう。

出典※2 https://japan.zdnet.com/article/35148745/

「AWS」の特長

以前はホームページを開設したり、その中でサービスを提供したりする場合、自社専用のサーバーを購入・構築するか、レンタルし、自社で管理・メンテナンスをする必要がありました。当然ですが社内で管理・メンテナンスをするためにはネットワークエンジニアを採用するか、教育をして担当者を就けなくてはいけません。技術を持ったエンジニアの人件費がかかりますし、その他にもサーバー・サーバー用ソフトウェアの購入費のほかに、サーバーの保守費用などさまざまな費用がかかります。バックアップ用のサーバーや機器、無停電電源装置も必要です。OSがアップデートされればサーバーを止めて更新作業、サーバー本体が老朽化すれば買い替え・再設定もしなければいけません。セキュリティの設定も重要です。

自社でサーバーを持つメリットもありますが、それ以上にデメリットが大きいのも事実でした。

クラウドコンピューティングサービスで、その中でも「AWS」は上記のデメリットをすべて解決できる仕組みがあります。

 費用

「AWS」の料金体系は従量課金制が基本となっています。自社に必要なサービス・機能だけを選択して利用するので余計な費用をかけずに導入・運用ができます。

当然サーバーなどの機器購入の初期投資が不要で、保守費用も料金に含まれています。

 さまざまな機能を利用できる

「AWS」にはここでは書ききれないさまざまな機能があります。その中でも特に大きな役割を持つ2つの機能があります。

①EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)

仮想サーバーを提供 するサービス。

②S3(Amazon Simple Storage Service)

オンラインストレージ。

この2つは柔軟性も兼ね備えているので利用者・利用企業の業種・規模・業態・サービスに合わせて利用することができます。

 使いやすい

「AWS」は初心者にとっても使いやすく設計されているため、スムーズな導入と運用スタートができるようになっています。スキルアップをしながら機能を追加して利用していくことができます。

もちろん上級者にとっても満足できる高度な機能・サービスを提供しています。

 安心のセキュリティ

金融業界や政府機関でも数多く導入されていることから、厳しいセキュリティ基準をクリアしていることがおわかりいただけると思いますが、その中でもアメリカ合衆国の「CIA」が導入していることが安心のセキュリティを証明しています。

まとめ

「AWS」は企業にとってなくてはならない存在となっています。みなさんが普段何気なく利用しているWebアプリケーションやWebサイト、サービスが「AWS」で動いている可能性は高くなっています。それだけ普及している「AWS」も2019年8月、障害が発生し、日本中で「サービスが利用できない」「業務ができない」といったトラブルが起こってしまいました。筆者の勤務先でも自社ホームページの一部と利用しているクラウドサービスのツールが利用できなくなり、業務に支障が出てしまいました。

原因は「EC2サーバーのオーバーヒートによる停止、制御システム障害により冷却システムが故障したことに起因」と発表されました。

現在は対策も取られているとのことですが、便利な「AWS」を利用するにあたっては依存しすぎないことも重要です。

クラウドコンピューティングサービスを分散させるなどの対策を取りながら、「AWS」を有効活用できれば企業にとって、業務効率化や売上アップ、業務拡大につなげられる強い味方となるでしょう。

国内エンジニアは高いし、開発を遅らせたくない。そんなあなたへ
dehaソリューションズではオフショア開発によって低コストで迅速な開発をサポートしてきました。
数多くの案件を開発してきたdehaへの開発相談や無料お見積り相談はこちらから! AI開発・アプリ開発実績豊富のdehaなら高品質のオフショア開発を実現します

dehaソリューションへの簡単見積もりの依頼はこちら

関連記事