deha magazine / システム開発

システム開発

システム開発 2024/03/26

レガシーシステムとは?2025年の崖に向けて対策すべきポイント

新しい技術の進化やビジネスの変化によりレガシーシステムは、企業に負担をもたらします。 特に2025年の崖は企業や組織にとって深刻なリスクをもたらす可能性があります。Windows 7のサポート終了に備えて、対策や準備が必要です。 そこでこの記事では、2025年の崖に向けて何をするべきかを具体的に解説していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば2025年の崖に向けて対策するべきポイントが丸わかりですよ。

続きを読む >>

システム開発 2024/03/25

基幹システムはクラウド化する必要があるのか?導入メリットと注意点を解説

近年、企業が基幹システムをクラウド化する動きが増えています。では、基幹システムをクラウド化する必要があるのでしょうか? それとも従来のオンプレミス型のシステムを維持すべきなのでしょうか?ここでは、基幹システムのクラウド化における導入メリットと注意点について解説します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば基幹システムのクラウド導入メリットがわかるのはもちろん、その注意点も丸わかりですよ。

続きを読む >>

システム開発 2024/03/22

基幹システム開発とは?ERPとの違いを解説

基幹システム開発は企業の重要な業務を支えるシステム開発です。業内の様々な部門やプロセスを統合し、情報の一元化や効率化を図ることができます。 一方、似たようなシステムでERPがあります。 本日はそんな基幹システム開発とERPについてどんな特徴があるのかや、それぞれの違いについて解説していきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば基幹システム開発がどんな役割を果たすのかが分かりますよ。

続きを読む >>

システム開発 2024/01/28

DX時代のシステム開発はなぜデザイン思考であるべきなのか

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、システム開発においてデザイン思考が重要性を増しています。 なぜなら、デザイン思考は単なる美的な側面だけでなく、ユーザーエクスペリエンス(UX)の向上や革新的なソリューションの提供に寄与するからです。 この記事ではそんなDX時代のシステム開発について、デザイン思考が重要視されている理由について深堀していきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばDX時代においてなぜデザイン思考が注目されているのかその理由がわかりますよ。

続きを読む >>

システム開発 2023/12/28

Live オークションの種類を徹底に解説

Live オークションとは物品やサービスに対してライブストリーミングやオンラインプラットフォームを通じて、リアルタイムでオークションに取り組むサービスです。 映像を通して商品を確認することができ発信者とコミュニケーションを行うこともできるため、従来のネットオークションよりも商品を知った上で入札でき、リアルタイムの臨場感を味わうことができます。 本日はそんなLive オークションに関して具体的にどのような種類があるのか徹底解説していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばLive オークションにどのような種類があるのかはもちろん、開発の際の注意点までも丸わかりですよ。

続きを読む >>

オフショア開発システム開発 2023/10/31

システム開発の外注を失敗しないためコツ5選|オフショア開発

システム開発の外注は、効率的なソリューションを提供し、コストを節約するために非常に有益な方法です。 しかし、外注のプロジェクトは失敗する可能性もあり、それを防ぐためにはいくつかの重要なコツがあります。 そこでこの記事では、システム開発の外注プロジェクトを成功させるための5つの重要なコツを説明します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばシステム開発を成功させるための方法が丸わかりですよ。

続きを読む >>

オフショア開発システム開発 2023/10/29

システム開発 工程の流れ|効率化させる方法を紹介【オフショア開発】

システム開発を効率化させることは、プロジェクトの成功に不可欠であり、オフショア開発を含む多くの企業にとって鍵となります。 そこでこの記事ではシステム開発の工程をあらためて整理し、効率化させるための方法をシェアしていきたいと思います。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばシステム開発の工程に関して知ることができる他、効率化させるためのポイントが分かりますよ。

続きを読む >>

オフショア開発システム開発 2023/10/12

LIVE オークション システム開発の外注費用を抑える際に、オフショア開発会社選定ポイントとは?

LIVE オークション システム開発を行う際に外注開発を選択される方も多くいらっしゃるでしょう。外注開発は費用効率を向上させる方法の一つです。 そしてとある工夫をすることで外注費用をさらに抑えることができます。その工夫が「オフショア開発」です。 この記事ではLiveオークション型システム開発のオフショア開発会社を選定する際に、どういった点に気をつければ良いのか、そのポイントを紹介します。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばLIVE オークション システム開発をオフショア開発する際のポイントがわかる他、どういった点に気をつければ良いかがわかりますよ。 LIVE オークション システム開発とは ライブオークション型システム開発は、オンラインでリアルタイムな入札と競り合いを提供するウェブアプリケーションやプラットフォームの構築を指します。 システムはリアルタイムのストリーミング技術を使用して、ユーザーにオークションの進行状況や他の入札を提供します。ユーザーエンゲージメントを高め、参加者がリアルタイムで競り合うことでエンターテイメント性を提供します。 オフショア開発会社選定ポイント ここからは実際にオフショア開発会社を選ぶ際にどういった点に気をつければ良いのか紹介していきます。 ポートフォリオと実績 オフショア開発会社のポートフォリオや過去の実績を確認しましょう。同様のプロジェクトを成功させた経験があるかどうかを確認し、信頼性を評価します。 DEHAソリューションズではホームページから実績を確認することができるので、ぜひチェックしてみてください。 専門性と技術スキル LIVE オークション システムは高度な技術スキルを必要とします。プラットフォームの開発には、ウェブ開発、モバイルアプリ開発、リアルタイムストリーミング、セキュリティ対策、支払いゲートウェイ統合など多くの技術要素が関与します。 開発会社の技術スキルと使用する技術スタックを評価し、プロジェクトの要求に適しているかどうかを確認しましょう。 コミュニケーション オフショア開発はリモートで行われるため、適切なコミュニケーションがプロジェクトの成功に不可欠です。 オフショア開発会社が効果的なコミュニケーションを確保できるかどうかを確認し、タイムゾーンや言語の違いをどのように処理するかを議論しましょう。 また進捗報告をどのぐらいの頻度で、どのように行うかも事前によく確認しておくようにしましょう。 セキュリティ対策 LIVE オークション システムはユーザーデータや支払い情報を取り扱うため、高いセキュリティ対策が必要です。 開発会社がセキュリティに関するベストプラクティスを遵守していることを確認しましょう。 費用対効果 費用対効果を検討しましょう。最も安価な選択肢が最適であるとは限りません。品質やサポートを考慮に入れ、総合的な価値を評価しましょう。 法的および法規制の遵守 オフショア開発会社が法的および法規制を遵守しているかを確認しましょう。データプライバシーとセキュリティに関する規制を遵守していることは非常に重要です。 プロジェクト管理能力 開発会社のプロジェクト管理能力も考慮に入れましょう。 プロジェクト管理者はタスクの進捗を監視し、問題が発生した場合に早期に対処する役割を果たします。定期的な進捗報告と問題解決のプロセスがスムーズに機能するか確認しましょう。 スケジュールや品質の管理が適切に行われるかどうかを事前に確認し、プロジェクトの円滑な進行を確保しましょう。 またプロジェクト管理者はリスク管理に対しても責任を持ちます。プロジェクト開始前にリスク評価が行われるか確認するようにしましょう。 サポートと保守 プロジェクトの完了後もサポートと保守が提供されるかどうかを確認しましょう。システムのトラブルシューティングやアップデートが必要な場合、開発会社がサポートできるかどうかは重要です。 これらを事前に確認することで長期的な関係を構築することができます。 まとめ いかがでしたか。本日はLIVE オークション システム開発についてオフショア開発で外注する際の会社選定のポイントについて紹介していきました。 オフショア開発会社選定の際には専門性や技術スキルをポートフォリオなどで確認するようにしましょう。またセキュリティ対策や保守などもLIVE オークション システム開発においては重要です。 さらに、オフショア開発ではコミュニケーションロスの問題が起こりがちなので、オフショア開発会社のコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も確認しておくことがポイントです。 DEHAソリューションズでは7年以上に渡りベトナムオフショア開発を行っています。ベトナムオフショアでは技術力の高いエンジニアによる開発を提供することができます。 エンジニアの質やコスト面など気になる点がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

続きを読む >>

EC開発システム開発 2023/10/09

​越境EC市場の規模拡大|LIVE オークション システム開発の動向

近年、越境EC市場は驚異的な成長を遂げています。そしてその成長をけん引する要素の一つがオークションシステムです。 オンラインオークションはECサイトやEコマースにおいて欠かせない存在となり、特に最新のトレンドとしてラLIVE オークション システムが市場を席巻しています。 この記事では、そんなLIVE オークション システムに関して、どのような特徴があるのかやそのメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

続きを読む >>

システム開発 2023/09/22

スクラッチ開発とは?パッケージ開発との比較

ソフトウェア開発プロジェクトを進める際に、2つの主要な選択肢があります。それが「スクラッチ開発」と「パッケージ開発」です。 それぞれ違った特徴やメリット・デメリットがあるため、どちらを選択するか迷われている方も多いかと思います。 そこでこの記事では「スクラッチ開発」がどのような特徴があるのか、また「パッケージ開発」との違いは何なのか徹底解説していきます。 これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばスクラッチ開発、パッケージ開発の違いやメリット・デメリットが丸わかりですよ。 スクラッチ開発とは? スクラッチ開発とは、ソフトウェアを一から新たに構築するアプローチです。開発者は要件定義から設計、コーディング、テスト、デバッグ、そして展開までのすべての段階を手掛けます。 プロジェクトのニーズに合わせてソフトウェアを完全にカスタマイズすることができ、新しい要件や変更に対応しやすいといった特徴があります。 スクラッチ開発のメリット カスタマイズ性 スクラッチ開発では、ソフトウェアをプロジェクトのニーズに合わせて完全にカスタマイズできます。これにより、ビジネスプロセスや要件にシームレスに対応できます。 高度な柔軟性 スクラッチ開発は変更に対応しやすく、途中で要件の変更や新しい機能の追加が可能です。 これはプロジェクトの進行中に発生する変更に対して柔軟に対応できることを意味します。 最適なパフォーマンス ソフトウェアをゼロから設計することで、最適なパフォーマンスを達成できます。不要なコードや機能を排除し、効率的なシステムを構築できます。 知識とスキルの向上 開発者はプロジェクト全体に関与し、幅広いスキルを磨く機会を得ることができます。新しいテクノロジーやアーキテクチャに取り組むことで、知識と経験が向上します。 知的財産の保護 スクラッチで開発されたソフトウェアは、独自性が高く、他社との競争優位性を確保するのに役立ちます。知的財産の保護が容易です。 要件の完全な適合 スクラッチ開発では、要件のすべてに対して完全な適合性を確保できます。プロジェクトの目標に合わせてシステムを設計し、要求事項を満たすことが可能です。 スクラッチ開発のデメリット 時間とリソース スクラッチからソフトウェアを開発するには時間と労力がかかります。既存のパッケージを使用する場合よりも時間がかかることがあり、開発プロセスの長期化や予算超過のリスクが存在します。 高コスト スクラッチ開発はしばしば高コストになります。開発者の給与、設計、テスト、デバッグ、および保守に関連する費用が膨大になる可能性があります。 技術的リスク スクラッチ開発では、新しい技術スタックやアーキテクチャを導入する場合があり、その技術に関するリスクや問題が生じる可能性があります。 また、セキュリティの脆弱性やバグが発生しやすいです。 メンテナンスとアップデートの複雑性 スクラッチから構築されたシステムは、メンテナンスとアップデートが複雑で困難であることがあります。新しい機能の追加やバグの修正に時間がかかることがあります。 パッケージ開発とは? パッケージ開発は、既存のソフトウェア製品やフレームワークを利用して、プロジェクトを進めるアプローチです。 開発スピードを上げることができ、コスト効率を上げることが可能。その一方で、既存のソフトウェアに依存するため、カスタマイズには制約があります。 パッケージ開発のメリット 時間とコストの削減 パッケージ開発は既存のソフトウェアやフレームワークを活用するため、スクラッチから開発するよりも時間とコストを大幅に削減できます。 既存のコードや機能を再利用することで、プロジェクトの効率が向上します。 信頼性と安定性 パッケージソフトウェアは通常、多くのユーザーによって使用され、テストおよび改善されています。 そのため、信頼性が高く、安定して動作する傾向があります。バグの少ないソフトウェアを提供できます。 アップデートとサポート パッケージソフトウェアの提供元は、定期的なアップデートやセキュリティパッチを提供し、サポートも行います。これにより、システムを最新かつ安全な状態に保つことができます。 コミュニティと資源 多くのパッケージはコミュニティによって支えられており、開発者やユーザー間で情報共有が行われています。質問や問題に対する解決策を見つけやすく、助けを求めるためのリソースが豊富です。 専門知識が不要 パッケージを使用することで、特定の技術やスキルが不要になる場合があります。 一般的なユーザーインターフェースや機能を提供するため、開発者はビジネスロジックに専念できます。 パッケージ開発のデメリット 柔軟性の制約 パッケージソフトウェアは一般的な要件に合わせて設計されており、特定のプロジェクトに合わせてカスタマイズすることが難しい場合があります。 特定のニーズに合わせた変更が必要な場合、制約が生じることがあります。 ライセンス制約 パッケージソフトウェアは通常、ライセンス条件が適用されます。これには利用料や使用制限が含まれることがあり、特に商用プロジェクトで使用する場合にはコストがかかることがあります。 適合性の問題 […]

続きを読む >>