deha magazine / オフショア開発 / 2021年版 Web開発フレームワーク 5選(バックエンド編)

2021年版 Web開発フレームワーク 5選(バックエンド編)

2021/05/13

コロナ禍で、これまでオフラインでの営業を中心に行っていた中小企業も、オンラインでの活動に乗り出しました。

そのため、2021年以降も、Web開発の需要が非常に高くなっていくと思われます。
前回、フロントエンド側のフレームワークについて解説しましたが、今回はバックエンド(サーバーサイド)でつかわれているフレームワークについて解説します。
Webを用いた営業活動に興味のある企業担当者さま、またそういったクライアント様からの依頼を受けているITベンダーの方は、ぜひご参考にしてください。

バックエンドのWeb開発フレームワーク5選

Webサービスを作る際は、ユーザーからみたUIを構成するフロントエンドの処理と、フロントから受け取ったデータを管理するバックエンドの処理が必要です。

バックエンドの処理は、サーバーで行われるため、PythonやPHPといったサーバーサイド言語によって動くフレームワークが用いられます。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、2005年ごろに発表された、Rubyのフレームワークです。
Rubyは、日本人開発者のまつもとゆきひろさんにより開発されたことで有名で、スタートアップ界隈で人気のプログラミング言語です。

Ruby on Railsの最大の特徴は、コードの自動生成機能です。
さまざまな機能を、非常に少ないコードから自動で作り上げてくれます。
その機能は「15分で本格ウェブアプリが作れる」と言われるほどであり、個人やスタートアップといったマンパワーが少ない開発現場で、非常に重宝されます。

その分自由度は低いですが、とても人気のフレームワークです。
クックパッドやGitHubといった有名サイトでも用いられています。

Laravel

Laravelは、PHPで人気なフレームワークの1つです。

PHPではCakePHPやSymfonyといった他のフレームワークもありますが、Laravelは他のフレームワークの良いところを取り入れることで、豊富な機能があるため人気を集めています。

また開発コミュニティの動きも活発であり、ここ数年で一気に知名度を上げた技術です。

Django

Django(ジャンゴ)は、2005年ごろに発表された、Pythonで用いられるフレームワークです。
Djangoは一般的なWebアプリを作るのに必要な機能が揃っているフレームワークで、Python特有の豊富な機械学習関連のライブラリを使えるということで人気です。

Ruby on Railsと異なり、コードの自動生成はそこまで強くなく、ある程度開発者自身で手を動かす必要がありますが、その分見通しの良いコードを書きやすいです。
また管理画面が組み込まれているため、データベースの閲覧・編集の管理画面を簡単に作れるというメリットもあります。

Instagramの開発などでも使われている技術です。

Flask

Flask(フラスク)は、Django同様にPythonのウェブフレームワークの1つです。
Pythonフレームワークの中では、Djangoに次ぐ人気があり、軽量でシンプルなフレームワークとなっています。

最低限の機能を備えており、必要に応じて機能を拡張するという作りになっており、コードの管理がしやすいです。
またドキュメントも豊富であったり、Google App Engineと互換性があったりと、開発者へのサポートも充実しています。

Uberなどでも使われている技術です。

Node.js

Node.jsは、正確にはフレームワークではなく、JavaScript実行環境の1つで、サーバーサイドでJavaScriptを動かすことができます。

Node.jsはただの実行環境ではなくウェブサーバーの代わりとしても役立ちます。
ApacheやNginxといったウェブサーバーなしに動作することができ、大量の同時アクセスを捌くことができるため、素早いレスポンスを返すシステムを作りたい場合に重宝されます。

サーバーサイド以外でも、アプリ開発やIoT開発などでも活用可能なため、今、IT業界で非常に注目されている技術の1つです。

WEB開発ならdehaにご相談ください

  • Ruby on Rails
  • Laravel
  • Django
  • Flask
  • Node.js

今回は、上記5つのフレームワークについて解説しました。
実際にはフレームワーク単体で考えるのではなく、プログラミング言語やウェブサーバー、データベースなどの相性も含めて技術選定を行うため、目的やリソースによってベストな選択肢は異なるかと思います。

dehaでは、日本企業様向けのベトナムオフショア開発を5年間行ってきました。
ベトナムオフショア開発は、国内開発より低いコストで、優秀なエンジニアを登用できるのが魅力です。

Webを用いた営業活動に興味のある企業担当者さま、またそういったクライアント様からの依頼を受けているITベンダーの方は、ぜひお気軽にdehaにお問い合わせくださいませ。

オフショア開発のご相談やお見積りはこちらから
CONTACT

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT