TOP DEHA コロナに負けないコニュニティツールはオフショアで開発できる!

コロナに負けないコニュニティツールはオフショアで開発できる!

by Van Nguyen

コロナウイルスの影響で外出自粛、在宅勤務・テレワークの導入、休校など社会・ビジネス生活、すべてが大きく変わってしまいました。「NEW NORMAL(ニューノーマル・新しい日常)」という言葉も生まれ、その変化への対応を余儀なくされ、さまざまな分野で設備投資やシステム導入が実施されています。

その中でも特に”直接会う”コミュニケーションを最小限に抑えながらも、ビジネス・学校生活などのクオリティを落とすことなく継続するためにさまざまな努力が行われています。

今回は「with コロナ時代」に必要なコミュニケーションツールについて考えていきます。

オンラインで人と人をつなぐコミュニケーションツール

ビジネス向けのコミュニケーションツールは用途や業務、目的によってさまざまなカテゴリーに分けられます。

<オンライン商談ツール>

「インサイドセールス」が注目され普及した「オンライン商談ツール」ですが、コロナの影響でさらに利用する企業が増えています。外勤営業に従事する方にとってのメリットは「移動時間・コストが不要」「訪問が困難な地域でも商談ができる」ことなどが挙げられます。チャットツールと類似点もありますが、最大の違いは「連絡先の交換がいらない」ことです。商談ツールでURLを発行し、顧客に送信。商談当日にURLを開いてもらい、画面共有などの機能を利用しながらスムーズに商談を始めることができます。

<チャットツール>

メールよりも手軽に短いメッセージでやり取りをスピードアップすることができます。主に社内での連絡・情報共有に利用され、少人数であればビデオ通話で会議や打ち合わせをすることもできます。無料から有料まで多種多様なツールが普及しているため、自社の業務フローや社風にマッチするチャットツールを選定する必要があります。

<Web会議システム>

文字通りWebを介して会議を行うためのシステムです。相手の顔を見ながら大人数でも集まることができます。さらにオンラインイベントやオンラインセミナー・研修に応用して利用されています。

<プロジェクト管理ツール>

プロジェクトの進捗、タスク、リソースの配分などをまとめて管理できるのがプロジェクト管理ツールです。今までは同じフロア、近い席で仕事をしていたのですぐに声をかけて確認をしたり、内線電話で連絡したりすることができましたが、テレワークになるとちょっとした声かけなどがしづらくなりました。

チャットツールで確認を取る方法もありますが、プロジェクト管理ツールでプロジェクトの内容や進捗、作業状況をタイムリーに確認し情報を共有することで、スムーズにプロジェクトを進めることができます。

<LMS(学習管理システム:Learning Management System)>

小学校から大学、学習塾・予備校も授業をオンラインで実施しなくてはならなくなりました。中でも予備校などは人気講師の授業をサテライト会場でつなぐ手法をいち早く導入していました。またオンラインでの動画配信も取り入れるなど、コロナ以前から対策は取れていました。

それに対し小学校から大学までの教育機関では早急な「LMS」の導入が必要となり、普及が進んでいます。

教育・学習ということになると社会人にも必要です。研修やeラーニングなどを導入し、在宅・テレワークでもスキルアップできる環境を社員に提供することでモチベーションの維持や人材育成をすることができます。

コミュニケーションツールも受託開発できる!

チャットやビデオ会議などのコミュニケーションツールの導入を考える時、まずは既成のサービスやツールを思い浮かべることが多いと思います。人気で汎用性が高いツールもありますが、社内のフローやルールをツールに合わせる必要が出てくることもあります。

受託開発のコミュニケーションツールなら、自社の業態・ルール・業務フローに合わせたツールを導入することができます。

しかし一般的に受託開発の方が導入期間やコストがかかるイメージがあると思います。

DEHA SOLUTIONSでは高品質なシステム開発をスピーディに、低価格でご提供できる体制を整えており、「発注側と受注側を繋ぐマッチングサイト」や「リモートワークや店舗をつなぐ社内コミュニティシステム」などの実績も豊富です。コミュニケーションツールの開発・導入をご検討中の方はぜひ一度お問い合わせください。
https://deha.co.jp/services-2020/community-tools

まとめ

コロナウイルスの影響で、オンラインでのコミュニケーションが主流となりつつあり、いつコロナ禍前のような生活に戻れるかはわかりません。

すべての企業・事業主がコロナ禍前と同じようにコミュニケーションを取り、生産性・効率を上げることを目的に努力をしています。

ビジネス以外ではオンライン飲み会という言葉が生まれ、社員同士、取引先、友人・仲間とオンラインで飲み会を開催し、コミュニケーションを取ったことがある方もいるのではないでしょうか。

このようにコロナウイルスを乗り越え、仲間やビジネスパートナーとのコミュニケーションを大切にする気持ちが多くの人にあります。

導入後もサポート体制などがしっかりしていて安心して利活用できるコミュニケーションツールの選定が重要になります。既成のサービス・ツールから選択も可能ですが、ぜひ一度自社に合わせたツールを開発できるオフショアでの受託開発も是非ご検討ください。

関連記事