deha magazine / flutter / 流行りのFlutterでアプリ開発する方法とは?外注先選定のポイント

流行りのFlutterでアプリ開発する方法とは?外注先選定のポイント

2022/05/16

Flutterとは2018年にGoogleが開発したモバイルアプリ用のフレームワークです。

iOSとAndroidの両方に対応したアプリケーションが作成可能なので、1つのアプリ開発でクロスプラットフォームで動作が可能。

効率よく開発を行うことが可能ということもあって、注目されています。

この記事ではそんな今、流行りのFlutterについてアプリ開発の方法や、外注する際の業者選定の方法を紹介していきます。

  • Flutterが気になっている方
  • モバイルアプリを開発したい方
  • モバイルアプリ用のフレームワークを知りたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばFlutterの特徴はもちろん、Flutterでアプリ開発をする方法が分かりますよ。

Flutterとは

Flutterとは2018年にGoogleが開発したモバイルアプリ用のフレームワークです。

「Dart」という言語を使って開発を行い、UI開発をサポートするデザインパーツが多数あるのが特徴です。これにより少ない作業でUIを構築でき、作業効率を上げることが可能です。

「Dart」で作った1つのコードを、iOS・Android・Web用に変換することができ、1つのソースコードからさまざまなプラットフォームで動作させることができるのもFlutterの魅力の1つと言えるでしょう。

Flutterでアプリ開発する方法とは?

Flutterでアプリ開発をするには「Dart」という言語を使用します。Dartはgoogle社が開発した言語で、「C#」や「Java」に近い構文と言われています。

JavaScriptの後継言語を目的に設計されているため、JavaScriptの問題点を解決し、セキュリティ面なども強化された言語になっています。JavaScriptと同じような文体を利用していて、学習コストも高くないと言われています。

ただし、日本語の文献は少ないので、プログラミング経験がそれほどない方は、開発を外注するのも良いかもしれません。

Flutterで開発をする際は以下の手順で環境構築を行っていきましょう。

詳細は「Flutter入門!基礎知識と学習方法」の記事を参考にしてください。

  1. Flutterをダウンロード
  2. システム要件を確認する
  3. Flutter SDKをインストールする
  4. Android Studioのインストール
  5. Android SDKインストール
  6. Flutterのインストール

外注先選定のポイント

開発を外注して、効率よく品質の良い開発を行う場合、外注先を選定しなければなりません。

外注先の選定に失敗してしまうと要件通りの開発が行われなかったり、コストが予定よりも多くかかったりなどといったリスクがあります。

信頼できる外注先を見つけることはプロジェクトの成功に直結していると言えるでしょう。

ここからは外注先選定の際に意識してもらいたいポイントを紹介していきます。

見積もりは複数とる

​​開発業者を選定する際は、必ず複数者から見積もりをとるようにしましょう。同じアプリ開発でも、委託先が違えば開発費もバラバラです。

どういった機能をつけることができるのか、どのくらいコストがかかるのか、比較して最適な開発業者を選定していきましょう。

契約前にコミュニケーションをとる

webアプリ開発の業者選定でよくある失敗が、コストだけで急いで契約したら設計と異なるアプリが納品されてしまったり、アプリの品質が悪かったということです。

こう言った悲劇は、契約前のコミュニケーションを大事にすることで回避が可能です。

また、どのようなアプリを開発したいのかを事前に社内でよくすり合わせおくことも効果的と言えるでしょう。

あまりにも相場から外れた低価格の提案には注意をすること、レスポンスが良いかを確認すること、開発業者の口コミを調べておくことなどが重要です。

人材サービスを利用してみる

外注先を見つける手段として、人材サービスを利用することをおすすめします。

人材サービスはさまざまな種類があります。例えば「チョータツ」というサービスでは、高度IT人材やスクラムオーナー、Flutterでの開発実績がある人材など、ユーザーのニーズに合わせて人材を調達することができるサービスです。

ユーザーの要望をヒアリングして、必要な人材を柔軟に手配することが可能。多くの企業でもご利用いただいています。

こうしたサービスなども活用して、効率よく外注をしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか、本日はクロスプラットフォームでアプリ開発が可能なフレームワーク、Flutterに関して、その取り扱い方法や外注選定の方法を紹介していきました。

Flutterでアプリ開発を行う際は「Dart」を使用します。「Dart」はJavaScriptの後継言語で、JavaScriptを学んだことがある方はもちろん、プログラミング初心者にも扱いやすいと言われています。

とは言うものの、完全な初心者では1から開発は難しいかもしれません。そんな方は開発を外注してみるのもおすすめでしたね。

Flutterの開発経験がある業者に依頼をすることで、品質の良いアプリをスピーディーに構築していくことができます。

外注選定の際は、複数見積もりをとり何を開発したいのかよく話し合うことが重要でした。DEHAソリューションズでは「チョータツ」というサービスで、ご要望に適した人材を調達することができます。

気になった方はこちらからご気軽に資料請求いただければと思います。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT