deha magazine / flutter / Flutter(フラッター)とは?特徴とメリットを解説【アプリ開発】

Flutter(フラッター)とは?特徴とメリットを解説【アプリ開発】

2021/10/10

Flutter(フラッター)とはGoogleが開発しているモバイルアプリ用のフレームワークです。

iOS・Android・Web全てに共通した優れたUIを一度に作れるのが特徴です。

この記事では、そんなFlutter(フラッター)について、特徴からメリット・デメリットまで徹底解説をしていきます。

  • Flutter(フラッター)が気になる方
  • モバイルアプリを開発したい方
  • モバイルアプリ用のフレームワークを知りたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばFlutter(フラッター)がどんなフレームワークなのか、どんな人に向いているのかなどが丸わかりですよ。

Flutter(フラッター)とは

Flutterとは2018年にGoogleが開発したモバイルアプリ用のフレームワークです。

今やモバイルアプリは重要な存在となっています。

現代はスマホを持っているのが当たり前となり、ユーザーがスマホを使っている時に接触する時間を取れるかがビジネスにとって影響力を持っているからです。

そんなモバイルアプリ用フレームワークの中でも、FlutterはUI開発をサポートするデザインパーツが多数あるため、少ない作業でUIを構築することができます。

開発効率を上げたいエンジニアにとっておすすめのフレームワークと言えます。

そんなFlutter(フラッター)は「Dart」という言語を使って開発をしていきます。

「Dart」で作った1つのコードを、iOS・Android・Web用に変換することで、1つのソースコードから多くのプラットフォームで動作するUIを作れるという仕組みです。

合わせて読みたい>>2021年版 モバイルアプリ開発フレームワーク 5選

「Dart」とは

「Dart」は2011年10月に公開されたWebブラウザ組み込み用のスプリクト言語です。

JavaScriptの後継言語を目的に設計されているため、JavaScriptの問題点を解決し、セキュリティ面なども強化された言語になっています。

「Dart」は、聞き慣れない言語と思われるかもしれませんが、JavaScriptを学んだことがある方はもちろん、プログラミング初心者にも扱いやすいです。

JavaScriptと同じような文体を利用していて、学習コストも高くないからです。

クラスベースのオブジェクト指向をサポートしていることから、大規模アプリケーション開発やサービス開発に向いています。

Flutter(フラッター)の特徴と機能

Flutter(フラッター)では様々な開発ができる

「Flutter」ではは​​iOSとAndroid両方に対応したアプリケーションが開発可能です。

例をあげると以下のようなアプリを開発することができるのです。

  • 地図アプリ
  • 業務効率化アプリ
  • 画像編集アプリ
  • マッチングアプリ
  • ショッピングアプリ

またスマートフォン向けアプリだけでなく、Webアプリケーションも同じコードで開発が可能。

「モバイル」「Web」「組み込み」「デスクトップ」など、さまざまな開発に対応できるフレームワークと言えるでしょう。

1つのフレームワークでマルチプラットフォーム対応ができるので、学習コストも低くこれからプログラミングを始めたいと思っている方にもおすすめできるフレームワークです。

ホットリロード機能

Flutterではホットリロード機能を利用することができます。

ホットリロード機能とは、コードを書いた時点でリアルタイムでアプリに変更が反映される仕組みのこと。

今まではコードを書いた後にアプリを再起動する必要があり、コードの変更を確認するのに数分かかることもありました。

しかし、このホットリロード機能を利用すれば、数ミリ秒から数秒でUIの更新が可能になるのです。

Flutter(フラッター)のメリット

​​iOSとAndroidの両方に対応したアプリケーションが作成可能

先ほども紹介したように、Flutter(フラッター)では​​iOSとAndroid、両方に対応したアプリケーションを作成することができます。つまりクロスプラットフォームで動作させることが可能なのです。

通常、スマートフォンのアプリを開発する場合、OSによって​​言語を変えて開発を行います。そのため、​​iOSとAndroid、両方に対応したアプリを作る場合は、それぞれの開発が必要です。

しかし、クロスプラットフォームなら入力したコードを​​iOSとAndroid両方に対応するよう変換をしてくれるので、一度の開発で両方のOSに対応したシステムを開発することができるのです。

デザインの自由度が高い

「Flutter」は「ポータブル・UI・ツールキット」と呼ばれるUIになっています。独自のデザインUIを使用できるため、デザインの自由度が高いと言われています。

かなりの数のUIパーツが提供されているので、それを組み合わせることで整ったUIを簡単に開発することができますよ。

Flutter(フラッター)のデメリット

日本語の資料が少ない

Flutterは2018年にできたばかりの新しいフレームワークです。

学習者が増えつつあるものの、まだまだ日本語でのドキュメントが少ないが現状です。

必要な場合は英語のドキュメントなども確認していきましょう。

人材を集めにくい

先ほども言ったように、Flutterは2018年にできた新しいフレームワークなので、使える技術者が少なく人材を集めにくい部分があります。

オフショア企業などでは開発経験のあるエンジニアもいるので、そういったところから人材を集めてくるのも1つの手ですね。

FlutterとReact Native

Flutterはクロスプラットフォームで1度に​​iOSとAndroidの開発を行うことができましたが、同じような​​iOSとAndroid両方の開発を同時にできるフレームワークとして、React Nativeというフレームワークがあります。

React NativeとはJavaScriptのフレームワークである「React」をモバイルで利用できるようにしたもので、Facebook社によって2015年に公開されました。

比較されることも多いFlutterとReact Native。ここでは簡単にその違いを紹介していきます。より詳しく知りたい方はぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

合わせて読みたい>>【徹底比較】React Native対 Flutter【アプリ開発に必要な5つのポイント】

思想

FlutterとReact Nativeは設計思想がそもそも異なります。

Flutterでは1つのコードで複数のプラットフォーみに対応する「ワンコード」に重きを置いていますが、React Nativeは「一つの技術で複数のプラットフォームに対応できること」を原則としています。

開発言語

大きな違いとしてあげられるのが、使用言語です。React Nativeは「React」を使って開発を行います。

ReactとはJavaScriptのフレームワーク。JavaScriptを使用できるエンジニアは多いため、すでにWebアプリの開発ができる方であれば「Dart」を使用するFlutterよりも扱いやすいと言えます。

UI

React NativeのUIデザインにはやや制限があるため、自由なデザイン性を求めるのならFlutterがおすすめです。

FlutterではGoogleが提供している「マテリアルデザイン」に準拠したUI構築を行います。マテリアルデザインによってユーザーが直感的に「ボタンやバーが持つ意味」や「操作の流れ」を察知しやすくなると言われています。

Flutter(フラッター)の将来性

新しい言語を学ぶ際には将来性を気にされる方も多いでしょう。

結論から言うと、Flutterは将来性がある言語と言えます。

理由①IT大国での人気

FlutterはIT大国、アメリカ・中国・インドなどで人気が出ているフレームワークです。

日本での需要はまだ少ないですが、トヨタがシステム開発でFlutter2を採用するなど、日本でも需要が高まりつつあるのです。

今後、より国内需要が増えれば将来性も高まっていくでしょう。

理由②Googleの成長

言うまでもないですが、Googleはインフラサービスとして様々なものを開発していて成長を続けている会社です。

そんなGoogleがアプリ開発を便利にするために作ったフレームワークがFlutterなので、Googleが成長している限りは、Flutterも将来性があると言えそうです。

まとめ 

いかがでしたか。本日は今大注目のフレームワーク、Flutterについて解説をしていきました。

Flutterは初心者でも扱いやすいだけでなく、1度に​​iOSとAndroid、両方に対応するアプリを開発できたり、ホットリロード機能で開発スピードをあげることができました。

スピーディーに効率よく開発したい人には持ってこいのフレームワークと言えそうです。

ぜひFlutterを活用してアプリ開発をしてみてはいかがでしょうか。

「自分で開発するのはちょっと…」という方や「社内のIT人材がいない方」などは、開発を外注してみるのもおすすめです。

 dehaソリューションズでは5年にわたりオフショア開発を行ってきました。

ベトナムオフショアによって、低コストだけど高品質、尚且つ迅速な開発をサポートしています。

Flutterが気になる方はもちろん、実現したいプロダクトがある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

▶︎お問い合わせはコチラ

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT