deha magazine / flutter / Flutterの将来性は?世界のトレンドを解説【スマホアプリ開発】

Flutterの将来性は?世界のトレンドを解説【スマホアプリ開発】

2021/11/16

結論から申しますと、Flutterの将来性は高く現在世界的にトレンドになっています。

そもそもFlutterはGoogle社が開発したフレームワークのことで、iOS・Android・Web全てに共通した優れたUIを一度に作ることが可能です。

デザインの自由度も高くパーツを組み合わせることで、簡単にUIを開発することができるのです。

この記事ではそんな注目のFlutterの将来性に関してより具体的に解説をしていきます。

  • Flutterが気になる方
  • モバイルアプリを開発したい方
  • モバイルアプリ用のフレームワークを知りたい方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばFlutterの将来性はもちろん、スマホアプリ開発における世界のトレンドが丸わかりですよ。

Flutterとは

Flutterとは2018年にGoogleが開発したモバイルアプリ用のフレームワークです。

通常モバイルアプリ開発では、iosとAndroidそれぞれに対応させる場合、それぞれで開発が必要です。

しかし、Flutterでは入力したコードを​​iOSとAndroid両方に対応するよう変換をしてくれるので、一度の開発で両方のOSに対応したシステムを開発することができるのす。

これにより開発の時間を大幅に短縮することができるのです。

合わせて読みたい>>Flutter(フラッター)とは?特徴とメリットを解説【アプリ開発】

Flutterの将来性

2021年時点の状況を踏まえて分析すると、Flutterの将来性は高いと言えそうです。その理由は以下の通りです。

  • 理由①2021年3月にFlutter2がリリース
  • 理由②世界的なトレンドになっている
  • 理由③マルチデバイス環境の浸透
  • 理由④学習コストが小さい

それぞれ解説します。

理由①2021年3月にFlutter2がリリース

2021年3月にFlutterの新バージョン、Flutter2が公開されました。このアップデートで、モバイルだけでなく、「Web」「組み込み」「デスクトップ」など、さまざまな開発にも対応する、マルチプラットフォーム化が実現しました。

これまでもクロスプラットフォームに対応した言語はありましたが、Flutter2はより汎用性が高く、現存するほぼ全てのプラットフォームに対応することが可能なのです。

理由②世界的なトレンドになっている

Flutterは世界的にもトレンドになっています。実際、Playストアだけでもすでに15万以上のFlutterで開発されたアプリがあります。Googleでも1000人を超えるエンジニアがFlutteを利用しています。

特定の期間内にどういったキーワードが数多く検索されているのかを調べるGoogleトレンドでは、中国・アメリカ・インドなどのIT大国で右肩上がりの傾向を示しています。

さらに、TOYOTAでもFlutterが採用されることが発表されたのです。TOYOTAとの提携により、Flutterを用いた車載システムが開発されることになります。

理由③マルチデバイス環境の浸透

Flutterは1つの開発で、PC・スマートフォン・タブレット・ゲーム機・IoTデバイスなど複数の環境で利用することが可能です。

通常、デバイスをまたいで同じ言語で開発を行ってしまうとプラットフォームごとにデザイン・描画などの差が出てしまいます。

PCでは表示されているものがスマートフォンでは表示されていないなど、小さな違いかもしれませんが、それによりユーザーの満足後が低下してしまう恐れもあるのです。

こうした心配がなく、1度の開発でマルチデバイスに対応することが可能なFlutterでは、より効率的に、スピーディーな開発が実現します。

理由④学習コストが小さい

FlutterではDartという言語を用いて開発を行います。

DartはJavaScriptの後継言語を目的に設計されているため、JavaScriptの問題点を解決し、セキュリティ面なども強化された言語になっています。

そのため、JavaScriptと同じような文体を利用していて、JavaScript学習者はもちろん、プログラミング初心者でも扱いやすい言語となっています。

Flutterはこんな人におすすめ

JavaScriptを学んだことがあるエンジニア

先ほども言ったようにFlutterの開発言語Dartは、JavaScriptと似ているため、時間がある方は合わせて学ぶのをおすすめします。

まだまだ日本語の情報は少ないので、英語で情報収集していく必要がありますが、JavaScriptと用途も似ているので、扱いやすいと思います。

アプリケーション開発を行いたい方

アプリケーション開発を行いたい場合は、マルチプラットフォームが実現するFlutterは非常に使い勝手が良いフレームワークです。

マルチプラットフォームのFlutterを学べば、参画可能なプロジェクトの幅も広がるためエンジニアとしての経験も積み上げやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか。Flutterは1つの開発で様々なデバイスに対応させることができるフレームワークでしたね。

このようなマルチプラットフォーム化は今後のアプリ開発のトレンドであり、実際にFlutterは世界的にもトレンドになってきています。

JavaScriptを学んだことがある人なら学習コストも低いので、今後ますます注目されていくことでしょう。

ぜひそんなFlutterを活用してアプリ開発をしてみてはいかがでしょうか。

「自分で開発するのはちょっと…」という方や「社内のIT人材がいない方」などは、開発を外注してみるのもおすすめです。

dehaでは本日紹介したFlutterを利用した開発実績が豊富な技術者集団です。

ラボ型開発(「お客様専属の開発チーム」を準委任契約にて提供する開発形態)で外注先というよりは社員らしくプロジェクトに関わることで高いパフォーマンスを発揮します。

Flutterのスキル・実績を持ったIT人材をお探しの方は、外注と採用の良いとこ取りをした人材調達サービス「チョータツをご覧下さい。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT