deha magazine / オフショア開発 / 雇用からラボ契約へ。テレワーク推進に伴いベトナム人気が上昇するのは必然かもしれない

雇用からラボ契約へ。テレワーク推進に伴いベトナム人気が上昇するのは必然かもしれない

2021/02/08

コロナの影響を受け、テレワークを導入した企業も少なくないと思います。
コロナ禍やそれにともなうテレワーク推進は、働き方に大きな変化をもたらしました。

今回は、テレワーク推進がされる中での、ベトナムオフショア開発の魅力について解説します。

エンジニアのリソースを確保したいが、新しく雇用するのはリスクかもしれない…と感じているのであれば、ぜひ最後まで読んでみてください。

雇用からラボ契約へ。テレワーク推進に伴いベトナムIT人材が人気上昇するのは必然かもしれない

テレワークでは、単にオフィスに出勤しなくなるだけでなく、下記のような面で働き方が変わります。

  • 「どれだけ働いたか?」より「どんな成果を出したか?」が重要になる
  • 従業員側の主体性がより重要になる
  • 数よりも質が大事になる

「どれだけ働いたか?」より「どんな成果を出したか?」が重要になる

テレワークに移行すると、時間単位で従業員をマネジメントするのが難しくなります。

スカイプやzoomなどを常時つなげて、監視体制をつくる方法もありますが、この方法ではマネージャー側、従業員側の両方にとって負担が大きいです。
監視を徹底すると、従業員側としては、「信頼されていない」という感覚と強いストレスが生まれ、離職率が上がる原因になりかねません。
またマネージャー側としても、監視を行う手間がかかるため、効率的とは言えないでしょう。

そのため時間拘束が難しい状況下では、アウトプットで評価せざるをえません。
テレワークの導入に伴い、成果主義に移行する企業増えてきています。

従業員側の主体性がより重要になる

オフィスで勤務している場合は、動きが止まっていたり、悩んでいそうであれば、マネージャーから声をかけられますが、テレワークでは難しいです。

そのため、従業員側の主体性が重要になります。
テレワークでは、詰まっている点や改善すべき点を見つけたら、都度報告や提案をしてくれるような主体的な従業員が求められるでしょう。

数よりも質が大事になる

従業員側の主体性が求められる状況では、従業員の数よりも質の方が大事になってきます。
テレワーク下では、主体性のない従業員が十人いるより、主体的な従業員が五人いたほうが良いことが多いでしょう。

エンジニアのリソースを確保する方法

企業側がエンジニアのリソースを確保するためには、大きく分けて以下の2つの方針があります。

  • 従業員(正社員、契約社員)として雇用する
  • 外部の開発会社に委託する

従業員として雇用する場合、マネジメントが容易である、教育して成長してもらうことができる、長い目でみるとコストが低いといったメリットがあります。

しかし、テレワークを導入する場合、マネジメントの手間が増大します。
また従業員として雇用する場合、固定費が増大してしまうというデメリットもあり、コロナ禍という先の読めない状況下においてはリスクが大きいです。

一方で、外部に委託する場合、短期的な費用は高いですが、小回りが利くというメリットがあります。
ただプロジェクトごとに外部委託する場合、毎回、新しい開発チームと信頼関係を気づくところから始めないといけません。

このようにテレワーク下では、従業員を新しく雇用するというのは、なかなか難易度が高い選択肢ですし、毎回外部委託するのも手間と費用がかかります。

そこで従業員の雇用と外部委託の中間にある方法として、ラボ契約という第三の選択肢があります。

ラボ契約という選択肢

ラボ契約は、オフショア開発の契約方法の一つです。
オフショア開発には「請負契約」と「ラボ契約」の2つの契約方法があります。

  • 請負契約:プロジェクト毎の契約
  • ラボ契約:一定期間、開発チームに専属として動いてもらう契約

ラボ契約では、外部委託と異なり、ノウハウや信頼関係の蓄積が可能です。
新しくエンジニアを確保したいと考えている場合、ラボ契約は、「従業員として雇用する」のの代替案の一つとなりえます。

以前は、従業員として雇用するメリットも大きかったと思いますが、テレワークが推進されたことにより、オフショア開発との差が小さくなってきています。
従業員として雇用する場合も、オフショア開発をする場合も、直接会うことが難しいという点では同じです。

ベトナムオフショア開発を選ぶメリット

オフショア開発は、様々な国で行われていますが、中でもベトナムが最も注目を集めています。

ベトナムが注目される理由は以下の3点です。

国策としてIT人材強化に努めているから

ベトナムは国策として、IT人材の強化に努めているため、ベトナム国内のエリート層はこぞってITエンジニアを目指しており、毎年優秀なエンジニアが多数輩出されています。

エンジニアとしてのレベルが高い人材が多く、国内のベテランエンジニアと遜色ないレベルのエンジニアを、登用することができます。

また、AI(人工知能)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、ブロックチェーンなどの最新技術において、ベトナムは世界から注目されています。
最新技術では、日本国内を探すより、優秀なエンジニアを登用することが可能でしょう。

他のオフショア先と比べても人件費が低い

日本国内では、エンジニアの数が不足しており、国内でエンジニアを新規採用する場合、人件費が高くつきます。
ベトナムオフショア開発では、国内よりも低いコストで優秀なエンジニアを登用可能です。

ベトナムは、他のオフショア先と比べても人件費が抑えられます。
たとえば、インドや中国といったオフショア先は、年々人件費が高騰しており、すでにコスト面でのメリットを得るのが難しくなってきています。

一方ベトナムでは、まだ日本国内の半額〜7割程度の費用で、開発を行うことが可能です。

日本と地理的に近い

またベトナムは、日本と地理的にも近く、連携もしやすいです。

オフショア開発において、一番ネックとなるのは、信頼関係の構築です。
信頼関係を築くためには、実際にあって打ち合わせを行うか、オンラインだとしても高頻度で打ち合わせを行うといった工夫が必要になります。

日本からベトナムまでは、飛行機で約6時間程度て行くことができ、時差も2時間しかありません。

やろうと思えばオフラインで打ち合わせをすることもできますし、オンラインでの打ち合わせも、双方の業務時間中に行うことが可能です。

ベトナムオフショア開発ならdehaにご相談を

  • テレワークの推進により、従業員を雇用するのと、オフショア開発でラボ契約をするのの差が小さくなってきている
  • ベトナムのIT人材は国内のエンジニアと遜色なく優秀である。特に最新技術に関しては、世界で注目されるレベルである。
  • ベトナムのIT人材は他のオフショア開発国と比べても人件費が低い

上記のような理由で、エンジニアリソースの確保の方法の一つとして、ベトナムオフショア開発のラボ契約がおすすめです。

dehaでは、5年間に渡り、ベトナムオフショア開発を行ってきました。

ウェブ制作から、スマホアプリの開発、AIを用いた画像処理システムの開発など、様々な実績があります。

もし新しくエンジニアのリソースを確保したいと考えている場合、ぜひdehaにご相談くださいませ。

DEHAは総勢200名のテクノロジー集団です。

弊社へのご依頼は、ほとんどがラボ型開発。

実績のほとんどが日本企業様からのご依頼です。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT