deha magazine / システム開発 / レガシーシステムとは?2025年の崖に向けて対策すべきポイント

レガシーシステムとは?2025年の崖に向けて対策すべきポイント

2024/03/26

新しい技術の進化やビジネスの変化によりレガシーシステムは、企業に負担をもたらします。

特に2025年の崖は企業や組織にとって深刻なリスクをもたらす可能性があります。Windows 7のサポート終了に備えて、対策や準備が必要です。

そこでこの記事では、2025年の崖に向けて何をするべきかを具体的に解説していきます。

  • 2025年の崖に向けて対策すべきポイントを知りたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば2025年の崖に向けて対策するべきポイントが丸わかりですよ。

レガシーシステムとは?

レガシーシステムは、古い技術やプラットフォームで構築された既存のシステムやアプリケーションのことを指します。これらのシステムは、数十年にわたって使用され、重要な業務プロセスやデータを支えてきました。

しかし、新しい技術の進化やビジネスの変化により、レガシーシステムは時代遅れになり、企業にとって負担となることがあります。

2025年の崖とは?

2025年の崖は、情報技術の分野において重要な節目となる出来事を指します。具体的には、2025年にMicrosoftが提供するサポートが終了するWindows 7のような古いバージョンのソフトウェアやオペレーティングシステムに関連する問題を指します。

Windows 7のサポート終了は、多くの企業や個人ユーザーにとって大きな影響を与えることが予想されています。

まず、セキュリティの問題が挙げられます。サポートが終了すると、MicrosoftはWindows 7に対するセキュリティパッチやアップデートの提供を停止します。

これにより、Windows 7を使用しているシステムはセキュリティの脆弱性に対して脆弱になり、サイバー攻撃やデータ侵害のリスクが増加します。

さらに、コンプライアンスの問題も懸念されます。多くの業界や規制当局は、セキュリティの脆弱性を修正するために最新のソフトウェアバージョンを使用することを求めています。

Windows 7のサポート終了後、企業や組織が古いバージョンのソフトウェアを使用し続けると、法的な規制遵守に関する問題が生じる可能性があります。

このような状況から、2025年の崖は企業や組織にとって深刻なリスクをもたらす可能性があります。

Windows 7のサポート終了に備えて、早期段階でアップグレードや移行の計画を立て、セキュリティとコンプライアンスのリスクを最小限に抑えることが重要です。

2025年の崖に向けて対策すべきポイント

アップグレードまたは移行の計画立案

まず、現行のシステムの評価を行います。これには、セキュリティの脆弱性や機能面での不足などを確認します。次に、目標の設定を行います。これには、セキュリティの向上、コスト削減、生産性の向上などが含まれます。

また、必要なリソース(人員、予算、時間)を確保し、計画の実行可能性を確保します。スケジュールの策定では、テスト、トレーニング、展開の段階を適切に計画し、実行します。

リスク管理も重要なポイントであり、バックアップやロールバックの計画、セキュリティ対策の強化などが含まれます。

さらに、関係者や利害関係者を適切に関与させ、計画を円滑に進めます。これらの要素を総合的に考慮し、効果的な計画を立案することで、2025年の崖に対処し、セキュリティと安定性を確保することができます。

セキュリティとコンプライアンスの確保

セキュリティの脆弱性やコンプライアンスの問題を回避するために、レガシーシステムのアップグレードや移行を検討することが重要です。

旧バージョンのソフトウェアやオペレーティングシステムのサポート終了後、セキュリティの脆弱性が増加し、データ漏洩やサイバー攻撃などのリスクが高まります。

このため、セキュリティ対策を強化し、最新のセキュリティパッチや更新プログラムを適用させるようにしましょう。

また、コンプライアンスに関する規制や法律に適合する必要があります。

特に、個人情報保護法や金融取引法などの規制に従い、データの保護とプライバシーの確保を強化する必要があります。

リスク評価と管理

旧バージョンのソフトウェアやオペレーティングシステムのサポート終了後、セキュリティの脆弱性が増加し、データ漏洩やサイバー攻撃などのリスクが高まります。

組織は、まずリスクを評価し、可能なリスクに備える必要があります。これには、既存のシステムやアプリケーションのセキュリティの脆弱性や潜在的な脅威を特定し、それらの影響を評価することが含まれます。

次に、リスク管理戦略を策定します。これには、リスクの優先順位付け、適切な対策の選択、予防措置の実施、緊急時の対応プランの作成などが含まれます。

組織は、リスクを定期的に監視し、変化する脅威に適応するための柔軟性を確保する必要があります。

技術的なアセットの最適活用

組織は、レガシーシステムに蓄積された貴重なデータや業務知識を最大限に活用することで、新しいテクノロジーへの移行を効果的に支援することができます。

まず、組織はレガシーシステムに蓄積されたデータを評価し、重要な情報や価値のある資産を特定します。

次に、これらのデータや知識を新しいシステムやプロセスに統合し、ビジネスの成果に活用します。

また、レガシーシステムで使用されていた技術やプロセスに関する知識を活かし、新しいテクノロジーの導入や運用に役立てることも重要です。

技術的なアセットの最適活用により、組織はリソースの効率的な活用を促進し、ビジネスの競争力を向上させることができます。

まとめ

いかがしたか。本日はレガシーシステムと2025年の崖についてどのような特徴があるのかや、対策方法についてシェアしていきました。

2025年の崖に向けて、レガシーシステムを適切に管理し、アップグレードまたは移行する計画を立てることが重要です。

これにより、企業はセキュリティやコンプライアンスのリスクを軽減し、ビジネスの競争力を強化することができます。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT