deha magazine / システム開発 / MendixとOutSystemsを比較してみた。ローコードプラットフォームの決定版

MendixとOutSystemsを比較してみた。ローコードプラットフォームの決定版

2022/05/21

プログラミング知識が不要で、ビジュアルモデリングによる構築が可能なローコードプラットフォーム。

その中でも人気のサービスMendixとOutSystemsについて、それぞれの特徴や比較を紹介していきます。

  • ローコードプラットフォームが気になっている方
  • 簡単に開発を行いたい方
  • 社内のIT人材が不足している方
  • Mendix、OutSystemsそれぞれ気になる方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばMendix、OutSystemsそれぞれの違いや特徴が丸わかりですよ。

ローコードプラットフォームとは

ローコードプラットフォームとは、プログラミング言語によるコーディングに代わり、ビジュアルモデリングにより構築を行う環境のことを指します。

アメリカのフォレスターリサーチ社が2014年に誰でも開発が行えるプラットフォームを称して利用したことから世の中に広まりました。

Mendixとは

Mendixはアイディア(要件)、デプロイ、運用、アプリケーションなど開発ライフサイクル全体が加速されるように設計されたローコードプラットフォームです。

アジャイル開発とDevOps両方を活用したいという要望に応えることができ、営業担当を開発に巻き込むことによって、開発スピードを加速することができます。

アプリの構築、レビュー、共同作業はMendix Studioを利用しますが、Mendix Studio Pro をJavaやJavaScriptを使用すれば構築や拡張も可能です。

スクラムマスターの場合は、Mendix Developer Portalでユーザーの要求やエンドユーザーのフィードバックを管理することも可能です。

OutSystemsとは

OutSystemsはWebアプリやチャットボット、リアクティブWebアプリなど様々なデバイスに向けたアプリを作成することができるローコードプラットフォームです。

OutSystemsは追加設定なしで400以上のシステムと連携することができ、コーディング不要で一元管理することができます。

アーキテクチャはAIが搭載されているので、反発的なタスクを取り除くことができます。これによって複雑な修正変更を簡単に行うことが可能。

MendixのOutSystemsを比較

MendixのOutSystemsをさまざまな角度から比較していきます。

  

MendixOutSystems
開発元シーメンス(ドイツ)OutSystems(ポルトガル)
リリース2005年2001年
自動生成について自動生成はないが、高機能なウェジェットで、コードの記述量が少なくてすむ。一覧画面や詳細画面はウィジェットにテーブルをマッピングさせるだけで、一覧画面の表組や、詳細画面のフォームが出来上がる。データモデルとして定義したテーブル情報から、各テーブルに対するメンテナンスの機能を有する画面を自動生成する
画面の開発方法GUIエディタを使用
テンプレートにUIコンポーネントを組み合わせて定義し、オブジェクトの移動やプロパティ設定により微調整を行う。 データモデルからフィールドの自動生成が可能である。
GUIエディタを使用
テンプレートにUIコンポーネントを組み合わせて定義し、オブジェクトの移動やプロパティ設定により微調整を行う。 データモデルからフィールドの自動生成が可能である。
デザインの自由度HTMLの微調整は不可。ただし独自のスタイルシートやJavaScriptによる調整は可能HTMLの微調整は不可。ただし独自のスタイルシートやJavaScriptによる調整は可能
実行環境(オンプレミス)△ (デプロイ関連機能はMendixCloud専用である。)
実行環境(クラウド)◎ (PaaS提供あり。)◎ (PaaS提供あり。)
日本語環境Webフォーム(ビジネスタイムで日本語対応が可能)メール、Webフォーム(ビジネスタイムで日本語対応が可能)

MendixやOutSystemsのようなローコードプラットフォームで生成される画面はレスポンシブウェブデザインのため、モバイル対応が可能です。そのままタブレットやスマートフォンで閲覧することができます。

またこれらのサービス習得のためにMendixもOutSystemsも日本語マニュアルや有償のトレーニングサービスが提供されています。これらを通して学習をしていくことが可能です。

まとめ

いかがでしたか。本日はローコードプラットフォーム、MendixとOutSystemsに関してそれぞれの特徴やそれぞれの比較を紹介していきました。

どちらのサービスもプログラミングによる開発は不要。レスポンシブウェブデザインでモバイル対応も不要なのが嬉しいポイントでしたね。

DEHA SOLUTIONSではMendixを利用してローコード開発にも対応することが可能です。ローコード開発が気になる方、Mendixが気になる方はぜひお気軽にお問合せください。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT