deha magazine / オフショア開発 / 【2024年版】オフショア開発各国をPEST分析してみよう|業界の現状や動向を徹底解説

【2024年版】オフショア開発各国をPEST分析してみよう|業界の現状や動向を徹底解説

2024/03/10

PEST分析とは政治(Politics)、経済(Economics)、社会(Society)、技術(Technology)の頭文字のことで、ビジネスや組織が外部環境の変化やリスクを把握し、それに対応する戦略を立てることができます。

この記事ではそんなPEST分析で、主要オフショア開発国中国、ベトナム、インド、フィリピン、バングラデシュ、ミャンマー、それぞれを見ていきたいと思います。

  • オフショア開発に興味がある方
  • オフショア開発国について悩んでいる方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。それぞれの国の政治、経済、社会、技術の要因を考慮することで、オフショア開発を行う際のリスクや機会を把握し、戦略的な意思決定を行うことができるでしょう。

中国

政治

中国の政治は共産党一党制であり、中央集権的な政府が国内のあらゆる分野に影響を与えています。

政府は厳格な規制や統制を行い、意思決定は非透明で時間がかかることがあります。

一党支配の下での政治的安定性は高いものの、時には民衆の不満や抗議活動が発生し、政治的な自由や表現の自由が制限されることもあります。

経済

中国の経済は世界最大の経済大国であり、急速な成長が持続しています。外国からの投資が増加し、市場の拡大が期待されます。

一方で、経済の成長と共に格差や労働条件の問題が顕在化しています。また、中国は世界的な製造業の中心地でもあり、国際取引や貿易が盛んです。

ただし、知的財産権の問題や外国企業に対する規制が課題となっています。

社会

中国の社会は多様性に富み、都市部と農村部の間には経済格差が存在します。

一般的には治安が良好ですが、政治的不満や抗議活動が発生することもあります。また、政府による厳格な監視や社会管理が行われており、情報統制が行われることもあります。

一方で、犯罪や社会不安も存在し、一部の地域では治安の問題が顕著です。

技術

中国の技術は世界的なパワーハウスであり、特に人工知能やハイテク産業の分野で著しい成長を遂げています。

政府は研究開発に対する投資を増加させ、技術革新を推進しています。中国は世界的な技術のリーダーとしての地位を確立し、多くの新興技術企業が成長しています。

また、中国の技術企業は国内外で積極的な投資や買収を行い、グローバルな市場で競争力を維持しています。

ベトナム

政治

ベトナムの政治は社会主義国家であり、政府の規制が厳しい一方で、政治的安定性は比較的高いです。

共産党が指導的地位にあり、中央集権的な政府が国政を担っています。しかし、表現の自由や政治的な多様性に対する制限があり、政治的な不満や抗議活動も発生しています。

政府は経済改革と国際社会への開放政策を進めており、外国からの投資を促進しています。

経済

ベトナムの経済は急速に成長しており、外国からの投資が増加しています。経済成長により、国内の消費市場も拡大し、多くの外国企業が進出しています。

ただし、インフラ整備や貧困削減が課題となっており、不均衡な経済発展が進行しています。また、腐敗や不正行為が経済活動に影響を与えていることも指摘されています。

ベトナム政府は経済改革を進め、外国からの投資を受け入れる一方で、国内産業の育成にも注力しています。

社会

ベトナムの社会は多様性に富み、宗教や文化の違いが存在します。治安は一般的に良好であり、観光地や主要都市では比較的安全ですが、一部の地域では治安の問題があります。

また、政治的な不満や抗議活動が時折発生し、治安を悪化させる可能性もあります。

一方で、ベトナム人民は労働意欲が高く、外国企業との協力関係も盛んです。

技術

ベトナムの技術は急速に成長しており、特にソフトウェア開発やITサービス分野で注目されています。

政府は技術産業の育成に力を入れ、投資環境を整備しています。ベトナムは技術人材の豊富さとコスト競争力を強みとし、多くの外国企業が注目しています。

また、政府は技術教育の充実を図り、若い世代に技術分野への関心を高めています。ベトナムはアジアにおける技術パワーとしての地位を確立し、成長が期待されています。

インド

政治

インドの政治は民主主義国家であり、多党制が採用されています。政府の権限は中央政府と各州政府に分かれており、政治的な多様性があります。

一方で、政治的な腐敗や汚職が社会的な問題となっており、政府の改革が求められています。

また、宗教や民族の違いによる対立も存在し、政治的な不安定さが時折表面化します。

しかし、基本的には民主的な政治体制が安定しており、政府は経済成長や社会発展を促進するための政策を実施しています。

経済

インドの経済は急速に成長しており、外国からの投資が増加しています。情報技術やソフトウェア開発などのサービス産業が特に注目され、国内外からの需要が高まっています。

しかし、貧困や格差が依然として深刻な課題であり、インフラ整備や教育・医療制度の充実が求められています。

また、ビジネス環境の改善や行政手続きの簡素化が必要とされ、政府は経済改革を進めています。

社会

インドの社会は多様性に富んでおり、宗教や文化の違いが顕著です。治安は地域によって異なりますが、一般的には混雑した都市部では盗難や詐欺が発生しやすい傾向にあります。

特に女性や外国人への犯罪が懸念され、注意が必要です。また、政治的な対立や宗教的な緊張が社会に影響を与え、時に暴動やテロ事件が発生することもあります。

一方で、インドの人口は労働意欲が高く、技術分野での人材が豊富です。

技術

インドの技術は世界的な注目を集めており、特に情報技術やソフトウェア開発分野で高い評価を得ています。

インドは多くの優秀な技術人材を抱え、世界中の企業からの需要が高まっています。また、インド政府は技術産業の発展を支援する政策を採用し、技術研究やイノベーションの促進に力を入れています。

これにより、インドは世界的な技術のリーダーとしての地位を確立し、多くの企業がインドをオフショア開発の主要拠点として選択しています。

フィリピン

政治

大統領制を採用するフィリピンでは、大統領が政府の最高権力者であり、行政権を担います。そのため、大統領には政府の権力が一定程度集中しています。

しかし、立法府や司法府も存在し、政治的な意思決定は大統領だけでなく議会や司法機関も関与します。そのため、完全な独裁体制ではなく、政治的なバランスが求められます。

経済

フィリピンの経済は急速に成長しており、外国からの投資が増加しています。情報技術やビジネスプロセスアウトソーシングなどのサービス産業が主要な成長エンジンとなっています

一方で、貧困や格差が依然として深刻であり、インフラ整備や教育・医療制度の改善が課題となっています。

政府は経済成長を促進するための投資や改革を進め、外国企業の進出を後押ししています。

社会

フィリピンの社会は多様性に富み、宗教や文化の違いが存在します。一般的には治安が比較的安定していますが、一部地域では犯罪やテロの発生が見られます。

特に都市部や観光地では盗難や詐欺が問題となることがあります。

政府は治安維持に努めつつ、観光業の振興や外国からの投資促進を行っていますが、犯罪や治安の不安は投資環境やビジネスに影響を与える可能性があります。

技術

フィリピンの技術は急速に進化しており、特に情報技術分野で注目を集めています。ソフトウェア開発やデジタルマーケティング、顧客サポートなどのアウトソーシングサービスが成長しており、多くの外国企業がフィリピンを選択しています。

また、政府も技術産業の育成に積極的に取り組んでおり、IT教育の充実やテクノロジーパークの整備など、技術力の向上に努めています。

これにより、フィリピンはグローバルな技術パートナーとしての地位を確立しています。

バングラデシュ

政治

バングラデシュの政治は複雑であり、政治的な安定が時折揺らぎます。民主主義国家として選挙が行われていますが、政治的な対立や腐敗が社会に影響を与えています。

政府の権力は中央政府に集中しており、政治的な不安定さが経済や社会に影響を与えることがあります。

また、政治的な対立や抗議活動が時折暴力事件に発展することもあり、社会の安定に影響を与える要因となっています。

経済

バングラデシュの経済は急速に成長しており、特に衣料品製造や輸出産業が主要な成長エンジンです。

外国からの直接投資が増加し、国内の労働力を活用した製造業やサービス業が拡大しています。

一方で、貧困や格差が依然として深刻であり、インフラ整備や教育・医療制度の改善が課題となっています。

政府は経済発展を促進するための投資や改革を進め、外国企業の進出を後押ししています。

社会

バングラデシュの社会は多様性に富み、宗教や文化の違いが存在します。

一般的には治安が安定していますが、一部地域では政治的な対立や宗教的な緊張が見られ、時に暴力事件が発生します。

特に都市部では盗難や詐欺が頻発し、外国人旅行者やビジネス関係者にも注意が必要です。

政府は治安維持に努めつつ、外国からの投資を促進していますが、社会の不安定さや治安の不安は投資環境やビジネスに影響を与える可能性があります。

技術

バングラデシュの技術は急速に進化しており、特に情報技術分野で注目を集めています。ソフトウェア開発やITアウトソーシングなどの分野が成長しており、多くの外国企業がバングラデシュを技術パートナーとして選択しています。

また、政府も技術産業の育成に力を入れており、IT教育の充実やテクノロジーパークの整備など、技術力の向上に積極的に取り組んでいます。

これにより、バングラデシュはグローバルな技術ハブとしての地位を確立しています。

ミャンマー

政治

ミャンマーの政治は複雑であり、長年の軍事独裁の歴史がありましたが、2011年以降、民主化の動きが見られます。

しかし、民主化進展は不安定であり、2017年のロヒンギャ問題や2021年のクーデターなど、政治的な不安定さが依然として続いています。また、今年の2月10日から、ミャンマー 軍は18歳以上の男女に少なくとも2年の兵役が義務つけられると発表したようです。

軍事政権の復権により、政治的な対立が激化し、国内外からの投資やビジネス環境に深く影響を与えています。

経済

ミャンマーの経済は軍事政権の影響で長年にわたり停滞してきましたが、近年では経済改革が進展しています。

天然資源に恵まれ、農業や鉱業が主要産業です。しかし、貧困率が高く、インフラ整備や教育・医療制度の不足が課題となっています。

外国からの投資が増加している一方で、政治的な不安定さや軍事クーデターの影響で投資環境は不透明な状況が続いています。

社会

ミャンマーの社会は政治的な不安定さや民族間の対立が影響し、治安状況が脆弱です。

特に民族間の紛争や軍事衝突が続く内戦地域では治安が悪化しており、市民の生活に影響を与えています。

この内戦は長期化しており、政府と少数民族武装組織との間で交戦が続いています。

このような社会的不安定さが、ビジネス環境にも悪影響を及ぼし、安定したオフショア開発環境を構築する上での障害となっています。

技術

ミャンマーの技術環境は発展途上段階にあります。インフラや技術教育の整備が不十分であり、情報技術やソフトウェア開発などの分野での技術力は他国に比べて低い傾向があります。

しかし、近年の経済改革により、外国企業の進出や技術の導入が進んでいます。政府も技術分野の発展を目指し、投資や教育の促進に力を入れています。

技術力の向上が進む中で、ミャンマーがオフショア開発の重要な拠点となる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか。本日は主要オフショア開発国中国、ベトナム、インド、フィリピン、バングラデシュ、ミャンマーについてそれぞれをPEST分析していきました。

各国の政治、経済、社会、技術の要因を総合的に考慮することで、オフショア開発におけるリスクや機会を把握し、戦略的な意思決定を行うことが可能となります。

ぜひ本日の内容を参考にしていただければと思います。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT