deha magazine / オフショア開発 / Ruby on Railsを使用した開発のメリットと案件傾向

Ruby on Railsを使用した開発のメリットと案件傾向

2021/07/12

新規でWebサービスを立ち上げる時、Rubyは優れた選択肢の一つです。
Ruby on Railsを用いることで、少人数で、大規模なWebサービスを立ち上げることができます。

今回は、Ruby on Railsを開発に使うメリットと、Ruby on Railsを用いた開発案件の傾向について解説します。
Ruby on Railsを用いた開発に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

Ruby on Railsを使うメリット

Ruby on Railsは、プログラミング言語Rubyを用いた、Webフレームワークです。
Ruby on Railsには、幾つか際立ったメリットがあるため、それを紹介します。

短いコードで開発できる

Ruby on Railsは、非常に短いコードで、たくさんの機能を実装できることで有名です。
その背景には、Ruby on Railsの8つの原則があります。

1.プログラマの幸福度を最適化
2.設定より規約(慣習)を重視する(Convention over Configuration、CoC)
3.メニューは”おまかせ”で
4.パラダイムが1つではない
5.美しいコードを称える
6.統合システムを尊重する
7.安定性より進歩を重視する
8.テントを押し上げる

この中の、「メニューは”おまかせ”で」という思想は、「よく使う機能や設定に関してRailsのおすすめをデフォルトにしてくれているよ」という意味合いがあり、短いrailsコマンドを書くだけで、おまかせ設定のWebアプリケーションを製造してくれます。

これにより、特別な設定や、特定の記述をしなくても、少ない手間でシステム開発を行えます。

少人数で開発できる

上記の「短いコードで開発できる」にも関連しますが、Ruby on Railsは、少人数開発にも向いています。
理由は、短いコードで素早く開発できるため、マンパワーが少なくてもたくさんの機能を実装できるからです。

新規開発にも向いているフレームワークのため、スタートアップ企業のような、少数精鋭チームでの開発に重宝されます。

また「少人数で開発できる」をメリットとしてあげましたが、大人数での開発になっても、Ruby on Railsは使いやすいです。
「美しいコードを称える」という原則にも現れているように、通常のソースコードが読みやすいですし、基本的にRuby on Railsがおすすめする設定でソースが作られるため書き方が一定になります。

開発者の人数が増えれば増えるほど、他の人が書いたコードを読む機会が増えるため、チーム開発の面でもRuby on Railsは優れた選択肢と言えるでしょう。

日本語での二次情報が多い

Ruby on Railsは、一時期、日本のエンジニア界隈で流行ったこともあり、日本語での二次情報が非常に多いです。

技術者が、開発を通じて得た情報を発信するQiitaでは、「Rails」関連の記事が32000件以上ありました。
PHP関連の記事が約24000件だったので、これは非常に多いと言えるでしょう。

二次情報の多さは、開発時のトラブル回避に繋がります。

Ruby on Railsを使用した開発の案件傾向

次に、Ruby on Railsを使用した開発案件の傾向についてまとめます。

Webサービスのプロトタイピング

Ruby on Railsは、素早く開発できるという特徴があるため、構想段階のWebサービス開発に使われがちです。
クラウド会計サービスの、freeeも、プロトタイピング段階でRuby on Railsを使っていました。

Webサービスのプロトタイピングでは、素早く全体像を作ることが求められるため、Ruby on Railsが最適です。

社内業務システム案件

社内業務システムでは、結果として多くの機能が必要になりがちです。
少ないコードで大規模なシステムを構築できるRuby on Railsは、社内業務システムの開発にも向いています。

新規のWebサービス開発

日本では、PHPを用いたWebサービスが多く、これらのWebサービスをRubyに置き換える案件はそれほど多くないでしょう。
しかし、新規のWebサービス開発ではRuby on Railsを用いることも少なくありません。
理由はメリットのところで解説したように、短いコードで開発できるという点と、大人数での開発にも耐えうる構造をしているという点からです。

Webサービス開発ならdehaにご相談ください

以上のようにRuby on Railsは多くのメリットがあるフレームワークです。
Webサービス開発をお考えなら、Ruby on Railsを検討するのは、かなり良い選択だと思います。

dehaでは、5年に渡りベトナムオフショア開発を、行ってきました。
ベトナムオフショアでは、日本国内より人件費を抑えつつ、一定以上のクオリティの開発を行うことが可能です。

Webサービス開発を検討中の企業様や、Webサービス開発案件を受注したもののリソースが不足しているITベンダー様は、ぜひ一度dehaにお問い合わせくださいませ。

オフショア開発のご相談やお見積りはこちらから
CONTACT

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT