TOP オフショア開発 スクラム開発におけるプロダクトオーナー(Product Owner)の役割とは?

スクラム開発におけるプロダクトオーナー(Product Owner)の役割とは?

by Van Nguyen
Published: Last Updated on

前回の記事ではスクラムについて基礎知識を紹介しました。今回の記事ではスクラムチームの3つの役割の中の1つであるプロダクトオーナーについて説明したいと思います。

プロダクトオーナーとは

プロダクトオーナーは、スクラムチームの3つの役割の1つを担う人であり、開発チームから生み出されるプロダクトの価値の最大化に責任を持知ます。

プロダクトオーナーはプロダクトのビジョン、プロダクトの特徴・価値を把握し、プロダクトの機能を決めてプロダクトの全て側面に責任を持ちます。

役割、責任、業務

上記で定義したように、プロダクトオーナーは開発チームの仕事の実績として製品の価値を最大化する責任があります。

そしてそれは次の2つの部分になります。

  • 製品の価値を最大化する
  • 開発チームの仕事の実績を最適化する

プロダクトオーナーは、ステークホルダー ステークホルダーとスクラムチームの間の架け橋として見なされます。

プロダクトオーナーは個人であり、グループではありません。プロダクトオーナーは、プロダクトバックログ経由でグループの希望を表す代表です。しかし、プロダクトオーナーは、プロダクトバックログに各項目の優先度を変更することが決定できます。

アイテムを最適な順序で配置するためにプロダクトオーナーが以下の問題に注意する必要があります。

  • ビジネス価値
  • 現時点で製品の機能を開発するためのコスト
  • リスク
  • アイテム間の相互依存性

プロダクトオーナーの主なタスクは次のとおりです。

  • 製品のビジョンを構築し、それが関係者と共有されるようにする保証する( product roadmap)。プロダクトオーナーは、この製品は誰が使用する、かどうしてそれを開発するかどのような価値をもたらすかよく理解する。
  • 製品リリースを目的とし、概要計画を立てる。プロダクトオーナーが関係者から必要な情報を収集してロードマップを作成します。そしてその責任者および決定者はプロダクトオーナーでなければなりません。
  • プロダクトバックログを管理する。プロダクトオーナーは、プロダクトバックログの管理に対して単独で責任を負います。プロダクトバックログの管理には以下の通りに:
    • プロダクトバックログの項目を明確にする。
    • タスクと目的を最大限果たすようプロダクトバックログの項目を配置する。
    • プロダクトバックログは皆に明確であるようにする。スクラムチームに次に何をしようか指導します。
    • 必要に応じて開発チームがプロダクトバックログの項目を理解していることを確認する。
    • プロダクトオーナーは、上記のタスクを自分で実施するか開発チームにその実施を要求することができます。しかし、責任を持つ人はプロダクトオーナーです。

スクラムチームのスプリントイベントに参加する

  • プロダクトオーナーは、チームの目標作成者としてスプリントプランニングというイベントに参加し、スプリントで何をするかを決定し、必要な項目を説明します。その目標を達成する方法は、開発チームが決定します。
  • プロダクトオーナーは、デイリースクラムイベントに参加してもしなくてもかまいませんが、参加したら進捗の全体情報を取得してプロダクトの重要な情報をお知らせ、チームのやり方・計画を干渉しないほうがいいです。
  • プロダクトオーナーは、ビジョン、スプリントの目標、およびプロダクトバックログの各アイテムの計画に基づいて、進捗の検証者としてプロダクトレビューに参加し、開発チームにフィードバックを行います。
  • プロダクトオーナーは、スクラムチームのメンバーとしてレトロスペクティブミーティングに参加し、プロダクトオーナーと開発チームの作業を改善するための提案をします。
  • プロダクトオーナーは、スクラムチームメンバーが一つあるとしてリリースレトロスペクティブに参加してプロダクトオーナーとチームの連携方法を改善するための意見と提案を挙げます。

必要なスキル

プロダクトオーナーの役割および責任はプロジェクトにとって非常に重要であると言えます。これらの責任を負担して、関係者とスムーズに連携するために、プロダクトオーナーは次のスキルが身に付いてないといけません。

  • IT の業界、製品の専門分野に関する知識
  • コミュニケーション
  • 組織統制力
  • 交渉
  • 分析
  • 技術
  • 優先順位の配置
  • コミットメント
  • ステークホルダー の管理
  • 語り手

記者のBarry Boehm と Richard Turnerによって書かれている「Balancing Agility and Discipline」という著書の中ではプロダクトオーナーが優良なプロダクトオーナーになるためにクラックの原則を守らなくてはいけないと書かれています:

Collaborative:直接な働いている時に開発チーム及びステークホルダーとスムーズに協力できます。いつどんな連絡手段(ライブチャット、メール、電話)でも開発チーム及びステークホルダーに連絡します。 あなた自身をチームのメンバーの1人として考えます。

Representative : 顧客と開発チームの両方の代表者です。顧客との信頼関係を築き、顧客のニーズに応じてプロダクトのビジョンを構築して結び付け、製品の価値を取り次ぐためにスクラムチームを代表します。

Authorized:プロダクトオーナーは決定する権限を与えられています。プロダクトオーナーは、一人または大勢を代表する「中間者」ではなく自分が製品の「真の所有者」である事を表さなければなりません。しかし、プロダクトオーナーは直接決定し責任を負う人ではありません。

Committed:プロダクトオーナーは自分の勤めに十分な時間があるを確約します。 一つ製品に対してフルタイムで作業することをおすすめします。プロダクトオーナーが複数の製品に取り組む場合は、集中が切れる状態に繋がり作業効率が大幅に低下てしまいます。

Knowledgeable: 製品開発の分野を理解し、その分野の知識を常に学び続けます。知識を絶えず学ぶためにその分野のユーザーまたは専門家と直接作業をします

まとめ

上記は、プロダクトオーナーの役割に関する基本的な知識です。非常に重要な地位であり、プロジェクトの成功を決定する役割であると言っても過言ではありません。この地位には多くの知識、スキル、実践的な経験が必要であるため、優良なプロダクトオーナーになる道のりは簡単ではありません。

次の記事でお会いしましょう!

引用元はこちら 

  1. The Professional Product Owner LEVERAGING SCRUM AS A COMPETITIVE ADVANTAGE – Don McGreal vs Ralph Jocham 
  2. https://productcoalition.com/who-the-product-owner-is-not-25be507dc27b
  3. https://hocvienagile.com/agipedia/product-owner/

関連記事