deha magazine / EC開発 / アパレル専門店 業界の動向〜今こそShopifyでECに力を入れよう〜

アパレル専門店 業界の動向〜今こそShopifyでECに力を入れよう〜

2022/03/18

アパレル専門店やアパレル業界では、新型コロナウイルスにより実店舗の売上が低迷している一方、EC市場が大きく成長しています。

その一方で、EC化は拡大しているものの海外などと比べるとまだまだ伸び代のある分野とも言われています。

そんなアパレル業界のEC市場において、今回は業界の動向を徹底解説していきたいと思います。

  • アパレル業界の動向が知りたい方
  • アパレル業界にお勤めの方
  • ネットショップを構築したい企業の方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばアパレル業界におけるEC市場のトレンドが丸わかりですよ。

アパレル専門店 業界の動向

主要企業

アパレル専門店の主要企業は、ユナイテッドアローズや、パルグループホールディングス、パレモ・ホールディングスなどが挙げられます。

アパレル小売業界にはファーストリテイリングやアダストリアなど、低価格帯ブランドが拡大をしていて、アパレル専門店にも影響を与えていると言えます。

ユナイテッドアローズは、若年層向けローエンドから中高年層向けハイエンドまで20ブランドを展開。レディースアパレルだけでなくメンズアパレルも多く扱っていてその売上高比は2017年から3割を超えています。

2009年には自社通販運営サイトをオープン。2020年度には前年度23%に対し32%まで上昇。ネット通販の売上高構成比は年々上昇傾向にあります。

EC化が加速

2020年から続く新型コロナウイルスの影響により、アパレル専門店 業界において実店舗が大打撃を受ける一方、EC化が拡大しています。

緊急事態宣言による休業や時短営業などもあって、主要な駅ビルやファッションビルの売上は30~48%ほど減少、大手のアパレルブランドは40~54%の売上減と言われています。

一方、矢野経済研究所の調査によると、国内アパレル総小売市場において通販分野のみが前年比105.4%と成長傾向となっています。

しかし、日本国内におけるアパレル業界のEC化率は13.87%で、アメリカの26.2%と比べると低い値となっています。EC化は拡大しているもののまだまだ伸び代のある分野なのです。

アパレル専門店 業界のECの動向

D2C販売が加速

D2Cとは「Direct to Customer」のことでメーカー直販の販売方法のことを指します。従来のように問屋や小売業者を通すことなく自社のECサイトから直接お客様に商品を販売する仕組みのことです。

お客様に対して直接やり取りをすることができるため、ブランドの信念やビジョンがお客様に伝わりやすくなる他、お客様からのご意見を直接吸い取ることができより良いサポートを行うことができます。

Shopifyなど簡単にECサイトを構築できるサービスが登場したことによりD2Cが加速するようになりました。

D2Cのメリット①直接顧客と接することができる

D2Cでは直接顧客と接することにより、小売店に頼ることなく自分のブランドの宣伝をすることができます。例えばSNSなどの発信などより柔軟に行うことができるのです。

近年ではインスタライブを行って顧客の生の声を広い、商品製作に反映させるブランドも増えています。

またユーザーとの距離が近くなることによって販売後のサポートがしやすくなります。直接お客様の声を吸い上げて商品やサービスの改善が可能になります。

D2Cのメリット②顧客データの収集

D2Cを行うことにより、顧客情報の管理もしやすくなるので、顧客データから「どういった商品が人気なのか」や「今後どういった商品を展開するべきか」などといったことを分析することも容易になります。

こうしたお客様との関わりやブランドのファンを増やし、リピーターを増やすことも期待できます。

D2Cのメリット③カスタマイズ製品を提供することができる

D2Cならユーザーがカスタマイズパッケージやカスタムの詰め合わせをデザインすることを可能にしたり、ブランドアンバサダーとしてコンテストに参加してもらうなどイベントのようなことを自由に行うことができます。

さらに卸や流通、販売代理店の中間コストを削減することができるので、収益性の改善にも繋がります。

PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリケーション)でモバイルファーストの実現

Eコマースの分野においてモバイル端末を利用して商品を購入するユーザーが増えています。

PayPal(ペイパル)の「モバイルコマースに関するグローバル調査」によると日本人の73%が買い物にモバイル端末を利用しているとのことです。

そんな中PWAを利用して、最適なもないる体験を提供する企業が増えています。

PWAとは、ネイティブアプリのように高速なモバイル向けのWebサイトを作成できるツールです。

Webページのように大きなリーチを得ることはきる一方で、プッシュ通知やホーム画面へのアイコン追加などネイティブアプリのような機能を使うことができます。

PWAを実装することで、ウェブサイトのコンテンツがキャッシュされ、表示速度が高速化されるようになります。さらにオフラインでのサイト利用を可能に。

必ずしもネット環境が必要ではないような機能はオフラインでも使えるようにすることで、よりユーザーが利用しやすい環境を作ることができるのです。

業務の自動化

業務の自動化を行うことでより効率的に販売を行うことができ、余った時間をEC運営において重要な商品開発や集客に注力していくことができます。

アパレル業界はトレンド性が高く、他の小売業に比べ適切な需要予測と在庫管理が必要になります。

アナログ管理では限界も多いことから、近年はRFIDやAIなどといったテクノロジーを活用した解決が注目を浴びています。

RFIDは非接触で利用できるICタグ、リーダーなため、レジ業務や検品、棚卸などの作業を大幅に効率化できたり、適切な在庫管理ができるのです。

AIは需要予測ができるため、在庫を抱えすぎるといった問題を解決することが可能になります。

サスティナブルな商品

サスティナブルな商品が近年注目を浴びています。

まだまだ商品のデザイン性、価格などが購入の目的ではあるものの、将来的にはブランド商品がどのように製造しているのかや、資源を節約した製造方法なのかなどが購入率を左右していくでしょう。

サスティナブル製造の環境的な利点を認識するために、DMS(分散製造システム)の取り入れが検討されています。

DMSとは順応性のある小規模工場の分散ネットワークのこと。顧客と製造拠点の物理的な距離を近づけることで、輸送時のエネルギーを節約することができます。また、その工場で雇用が生まれるため地域経済の活性化を期待することができるのです。

また、取り入れやすいサスティナブルな商品として、必要最小限の梱包やパッケージがあります。ビニール袋を極力なくし、再生紙などで梱包、過剰包装をなくす、納品時の段ボールは二次利用するなど。

デジタルネイティブブランドのオフライン化

Amazon Goのようにデジタルブランドがオフラインでビジネスを行う機会が増えています。Amazon GoとはAmzonが展開する無人決済店舗のことを指します。

コンビニのような店舗で、レジを通さずに商品を購入できるということで、全米4都市で一時閉鎖中の店舗も含めて22店舗、米国外としては英ロンドンに5店舗を展開しています。

なぜデジタルブランドがオフラインに参入しているのでしょうか。

その理由の1つに実店舗(オフライン)でしか体験できない人やブランドとの繋がりがあります。先ほど紹介したAmazon Goは無人販売ですが、実店舗では通常接客が行われます。

店員さんとたわいもない会話から、商品を選択していくことも多いでしょう。コロナ禍でこうした人の繋がりを持ちたいと思う人が増えています。

実際、Appear Here社の調査によると、アメリカ、イギリス、フランスでは、2020年の6月から8月にかけて、レンタル可能な小売スペースが125%増加しているそうです。(Shopify公式ブログ参照

コロナ禍によって店舗の空きスペースも増えていることから、賃料の低下や賃貸条件の緩和なども期待できます。

SNSの活用

EC事業が台頭し始めた頃から問題視されているものとして、実店舗のショールーミング化があげられます。実店舗で商品を見るだけ見て、購入はECでという方が増えたことにより、実店舗のスタッフの士気の低下が問題視されました。

そこで、実店舗のスタッフが商品を紹介する動画コンテンツやSNSを作成する取り組みが進んでいます。

スタッフのブランドへの愛着や意欲の向上が期待できるだけでなく、SNSコンテンツが充実することにより、購買率の向上も期待ができます。

また、近年ではSNSから直接商品が購入できるようになりました。InstagramをShopifyと連携させることで、Instagramから直接商品を購入できるようになります。

Instagramは写真とテキストを使った投稿はもちろん、24時間で消えるストーリー機能や動画を使った投稿、ライブ機能まで備わっています。

従来のECサイトでは難しかった商品の細部を見せたり、ユーザーの疑問をライブ機能を使ってその場で解決させることも可能ですよ。

まとめ

いかがでしたか。本日はアパレル専門店やアパレル業界におけるEC市場の動向について解説していきました。

アパレル業界ではEC市場が進んでいるものの、まだまだ発展途上です。

サスティナブルな商品が注目され、オフラインやSNSなどを活用したマルチプラットフォームが重要視されています。

またモバイルファーストなショップ作りも重要でしたね。

これらを踏まえたECサイトをShopifyで構築してみてはいかがでしょうか。

Shopifyなら本格的で売れるショップを構築していくことができます。本日紹介したようなSNS連携やオフラインとの融合などにも大きな強みを持っています。

DEHAソリューションズは、shopifyの公式パートナーとして、構築サービスを提供しています。
「Shopifyが気になるけど、自分で構築するのは不安」という方。ぜひ一度お問合せくださいませ。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT