TOP テクノロジーShopify 越境ECはShopify(ショッピファイ)で構築するのが最適な理由

越境ECはShopify(ショッピファイ)で構築するのが最適な理由

by kataokayusuke
0 コメント

自社ブランドの売り上げをのばそうと考えるとき、越境ECは一つの選択肢として有力になってくると思います。

ですが、実際に越境ECを構築する方法を考えてみると様々な選択肢があり、迷ってしまわれる方も多いのではないでしょうか?

当サイトでは、越境ECの構築に、Shopifyをおすすめしております。
今回は、Shopifyで越境ECを構築すべきな理由についてまとめました。

越境ECはShopify(ショッピファイ)で構築するのが最適な理由

越境ECとは、ECサイトを通した、国際的な商取引の総称です。
クロスボーダートレード(CBT)とよばれることもあり、外国向けのECサイトをイメージしていただければ間違いありません。

越境ECの構築には、様々なハードルがあります。
代表的なものは、以下になります。

  • 言語の壁
  • 決済方法や為替変動
  • 取引規制
  • サイトが遅くなりがち
  • セキュリティの問題

Shopifyは、これらの課題のうち「取引規制」以外のすべての問題について、高いレベルで解決してくれるプラットフォームです。

そのため、現時点では、Shopifyを使った越境EC構築が最適だと思われます。

越境ECの課題点

課題点について順に見ていきましょう。

言語の壁

言語の壁は、海外発信をする際に、必ず発生する課題です。
英語圏ならまだしも、他の言語への翻訳は、対応できる技術者が多くありません。

仮にGoogle翻訳等のツールを使って対応をしたとしても、無理のある表現になってしまったりするので、表現に限界があります。

決済方法と為替変動

扱う通貨が異なると、主流の支払い方法に差が出ることがあります。

たとえば、アメリカやヨーロッパ向けであれば、Paypalの導入が必須ですし、中国向けであればAlipayやWechatPayなどの導入も検討が必要です。

また、国際間での取引だと、為替変動の影響を受けます。
売り上げ金額が、為替によって変動してしまいますし、他国通貨での表記に関しても難しいものがあります。

取引規制

国際輸送では、国ごとや商品ごとに特別な手続きが必要な場合があります。
各国、各商品ごとに、通関を把握しないといけないため、国際輸送に関する知識は必須といえるでしょう。

また、国によっては輸送が禁止されている商品もあるため、その辺りも調査が必要です。

サイトの速度とセキュリティ

海外から日本のサーバーにアクセスする場合、物理的な距離が遠くなるため、サイトへのアクセス速度が遅くなる場合があります。

また海外からのアクセスを許可することで、海外のサーバーを踏み台にしたハッキングなどの攻撃をうけるリスクが高まります。

Shopifyの強み

次に、上記の課題に対応できる、Shopifyの強みをみてみましょう。

多言語対応

Shopifyは複数の言語に対応したプラットフォームです。
管理画面から、複数言語での販売の設定を行うだけで、自社ページをその国の言語に翻訳し、各言語専用のURLを作成してくれます。

2020年11月現在、以下の言語に対応可能です。

  • 中国語 (簡体字)
  • 中国語 (繁体字)
  • チェコ
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語
  • フィンランド
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ノルウェー
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ポルトガル語 (ポルトガル)
  • スペイン語
  • スウェーデン
  • タイ語
  • トルコ
  • ベトナム語

多通貨対応・多様な決済システム

同様に複数の通貨での決済にも対応しています。
こちらも言語同様に、管理画面から設定可能です。

また通貨だけでなく、多様な決済手段にも対応しています。
すべてには対応しきれてはいませんが、それでも他のECプラットフォームと比べて、幅広い決済手段を搭載しているのが魅力の一つです。

高速アクセスと強固なセキュリティ

何故Shopifyはサーバーダウンしないのか?稼働の安定性を解説」でも書きましたが、Shopifyはアクセス速度が早いです。
その理由の一つは、CDNを使っているからです。

CDNでは、複数のサーバーに、サイトの情報を持たせることで、物理的に一番近いサーバーにアクセスさせます。

たとえば、日本の企業が作ったサイトにブラジルからアクセスする場合でも、日本のサーバーではなく、ブラジルから近いところにあるサーバーにアクセスできるため、日本国内からアクセスするのと遜色ない速度をだせます。

またセキュリティも、金融機関のプログラム並に強固なので、安心して運用可能です。

dehaに相談してみませんか?

Shopifyは非常に優秀な越境ECプラットフォームですが、日本ではまだそれほど浸透していません。

日本に上陸した2017年当初に比べれば、対応できる開発会社の数は増えたものの、他の分野にくらべれば遥かに少ないのが現状です。

そのため、良い開発会社を選ぼうと思ったら、高額な開発費用が必要です。
Shopifyをオリジナルカスタマイズしたい場合や既存のECサイトをShopifyにリプレイスしたい場合は、数百万円〜1000万円の費用がかかることもあります。

dehaでは、コストを下げつつも高品質な開発を行うため、オフショア開発を行っております。
国内開発の相場から3割ほどコストを抑えた提案が可能です。

もし、越境ECに興味がある方は、ぜひ一度dehaにご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事