TOP テクノロジーShopify 何故Shopifyはサーバーダウンしないのか?稼働の安定性を解説

何故Shopifyはサーバーダウンしないのか?稼働の安定性を解説

by kataokayusuke
0 コメント

ECサイトを運営するときに気になるのが、サーバーの安定性です。
アクセスの増加によって、サーバーが落ちてしまうようなことがあれば、大きな販売機会の損失になってしまいます。

「ストアにアクセスが集中しても、Shopifyは大丈夫なのだろうか?」

今回は、Shopifyの安定性についてまとめました。
上記のような疑問をお持ちでしたら、ぜひ最後まで目を通していただければと思います。

Shopify(ショッピファイ)がサーバーダウン。稼働の安定性を解説

Shopifyのサーバーは非常に安定しており、滅多にサーバーダウンすることがありません。

サーバーがダウンする大きな原因の一つは、サーバーが対応できないほどのアクセスが集中することです。

たとえば、同時に100人来店することを想定した店舗があったとして、そこに同時に1000人の来客があった場合、対応が間に合わずたくさんの顧客を待たせてしまうでしょう。

アクセスの集中によるサーバーダウンとは、上記のような事態が、ECサイトのサーバーで起きている状態です。

もしかしたら、以前Shopifyで発生した不具合のニュースを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、これはサーバーダウンではなく、別の不具合になります。

詳細は以下の通りです。

2020年7月に発生した不具合は、CloudflareのDNSサーバーが原因

米国時間で、2020年7月17日の午後2時ごろ、Shopifyに接続できない不具合が発生しました。
この不具合はCloudflareという別会社が運営するDNSサーバーで発生した不具合になります。

DNSサーバーとは、ドメイン名(当サイトであれば”deha.co.jp”のこと)とIPアドレス(ネットワーク上の住所。”127.0.0.1″のような数値で表される)を一致させる仕組みで、ブラウザでURLを叩いたときに正しいサーバーにアクセスするために使われています。

この不具合により、Shopifyだけでなく、以下のような大型サービスにも接続できなくなりました。

  • Discord
  • Feedly
  • Politico
  • League of Legends

2020年7月に起きた不具合は、たとえるなら、お店自体(Shopifyサーバー)は平常運転していたが、お店に辿り着くための道路が壊れてしまったような事態です。

滅多に起こらない不具合で、Cloudflare側でも、根本的な対策を行ったとアナウンスがあったため、今後再発する可能性は低いでしょう。

Shopifyのサーバーの稼働率は99.8%

Shopifyのサーバーの稼働率は99.8%です。

サーバーの稼働率とは、サーバーが正常に稼働している割合のことをさします。
Shopifyのサーバーは、当然ながら365日24時間動いているので、年間で約17時間だけメンテナンスなどが入る計算です。

またShopifyのサーバーは、365日24時間体制でサーバー監視されており、モニタリング結果は公表されています。

万が一トラブルが起きた際も、すぐに通知を受け取れるので安心です。

Shopifyのサーバーは、1分間に1万件の注文を処理できる

Shopifyのサーバーは、帯域幅とトランザクションに制限がないため、1分間に1万件の注文を処理できます。

帯域幅とは、通信するときに使われる電波や光の周波数の範囲のことであり、通信速度に大きく影響します。
また、トランザクションとは「一連の処理」のことを指しており、同時に処理できるアクセスの数を示します。

先ほどのお店の例えで言うと、一度にどれだけのお客さんが入れるか、また一度に何件までオーダーを受けれるか、といった能力を示しています。

Shopifyのサーバーでは、帯域幅とトランザクションに制限を設けておらず、1分間に1万件の注文を処理できる環境が整っています。
テレビや雑誌で紹介され、アクセスが増加したとしても、サーバーダウンすることはありません。

CDNを使った読み込みの最適化

ShopifyのネットワークにはCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)という技術が使われています。

CDNは、世界中にある複数のサーバーに、同様のコンテンツを持たせることで、世界中の様々な場所からアクセスしても物理的に一番近いサーバーで対応するようにしている仕組みです。

これにより、世界中どの国からアクセスしても、素早くページ読み込みをすることができます。

ページの表示速度は、売り上げを左右する大きな要素の一つです。
Amazonは、ページの読み込み速度が0.2秒縮まるだけで、約7,000万円も売り上げが増加すると試算しています。

Shopifyは非常に安定した、安全なサービス

  • サーバーの稼働率が99.8%で、ほとんどサーバーダウンすることがない
  • 1分間に1万件の注文を処理できる
  • 世界各国からアクセスされても、表示速度が遅くなりにくい

Shopifyは、越境ECという、アクセスが大きくなりやすいサービスにもかかわらず、非常に安定しています。

越境ECを考えるのなら、Shopifyは非常に有力な選択肢といえるでしょう。

dehaでは、Shopify partnerとして、Shopifyの構築やカスタマイズ、既存ECサイトをShopifyにリプレイスするサポートなど、様々なサービスを提供しております。

もし、Shopifyの構築をご検討でしたら、ぜひ一度、dehaにご相談してみてください。

>> お問い合わせはこちら

最後まで、お読みいただきまして、ありがとうございました。

関連記事