TOP テクノロジーShopify Shopify構築を外注する時の開発会社選定ポイント

Shopify構築を外注する時の開発会社選定ポイント

by kataokayusuke
0 コメント

新しくECサイトを立ち上げたい、または自社のECサイトを越境ECにリニューアルしたいと考えた時、Shopifyは、非常に有力な選択肢です。

Shopifyは、多言語、多通貨に対応しており、さらに他のSNSと連動し、販売チャネルの拡大も狙えます。

自社内でのリソースが足りない場合、Shopify構築の外注を検討されると思いますが、現状、日本国内では、Shopifyはまだまだ浸透しきっておらず、外注先の選択肢や情報も少ないです。

「Shopify構築を検討しているが、どの開発会社に依頼すれば良いかわからない」
「可能な限り費用を抑えつつ、Shopifyを構築したい」

こういった疑問にお答えするため、Shopify構築を外注する際に、失敗しないための開発会社選定のポイントについてまとめました。

ご参考にしていただければ幸いです。

Shopify構築を外注する時の開発会社選定ポイント

Shopify構築を外注する際は、以下の2点に注意しましょう。

  • 開発実績を見る
  • ECサイトへの理解が深い開発会社を選ぶ

まず、依頼する開発会社の開発実績に注意します。

「Shopifyの開発実績」そのものがあるかどうかだけでなく、「システム開発の実績があるか」も見ると良いでしょう。

ECサイトのシステムは、HP作成やLPなどと異なり、サーバー側での処理が多くあります。

HP作成やLPなど、ただのウェブサイト制作では、デザイン力や、HTML , CSS , JavaScriptを主に使うフロントエンド開発が重要になります。

一方、ECサイトのシステムでは、サーバー側で、会員情報の管理、商品情報の管理、決済処理などを行う必要があります。

そのため、システム開発力が弱い開発会社の場合、不具合対応などに不安が残るでしょう。

また、他のECサイトの立ち上げやリプレイスを経験している開発会社だと心強いです。

国内には、Shopify以外にも、BASEやSTORES.jpなどECサイトのサービスがあります。

Shopifyの開発実績に加えて、ECサイトサービスの実績がある開発会社や、独自のECサイトシステム構築の実績がある開発会社であれば、安心して依頼できます。

Shopify構築外注の相場

Shopify構築の外注費用は、どこまで依頼するかによって大きく変わります。

初期導入であれば、30万円前後が相場です。

以下のような作業を想定しています。

  • アカウントの取得
  • ドメインの設定
  • メールを日本語化する
  • 管理画面マニュアルの作成
  • 10ページ分の商品登録
  • 送料設定、ペイメント設定、設定メールなどのサポート
  • 無料公式テーマ設定
  • オリジナル納品書&領収書設定

これだけでも、最低限、ECサイト運営ができる状態になるでしょう。

オリジナルデザインを使ったサイト構築や、既存のECのリプレイスの場合、100万円〜300万円程度が相場です。

既存ECのリプレイスをする場合は、商品数やサイトの規模によって価格が大きく変動すると思われます。

大規模サイトのリプレイスでは、1000万円近くの費用が発生することもあるため、事前に、詳細な見積もりを取るのがおすすめです。

Shopifyは、多言語、多通貨に対応していますが、他の国に対応したサイトにしようとすると別途設定などが必要になります。

全世界向けの越境ECを構築するために、たくさんの国に対応したECサイトを立ち上げる場合、1000万円以上の費用がかかることもあります。

また、Shopify自体の利用料も発生します。

shopify(ショッピファイ)の特徴とは?注目される理由や費用、活用事例も解説」という記事で、詳細を説明していますので、合わせて読んでみてください。

Shopify構築を外注する費用を抑えるには?

初期導入だけであれば費用は抑えられますが、既存サイトのリプレイスや、既にオフラインで展開中のブランドをECサイトで販売する場合、費用が高くなりがちです。

Shopify開発は、対応している開発会社が少ないため、普通のシステム開発より選択肢が少なくなりがちですが、以下のような方法を使えば費用を抑えられる可能性があります。

個人の開発者に依頼する

1つは、個人の開発者に依頼することです。

個人の開発者に依頼するには、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスを通して依頼をする方法、その他のエージェントを介して依頼をする方法などが考えられます。

個人の開発者は、非常に安い費用で依頼することができる場合がありますが、能力や実績が人によってピンキリです。

大規模な依頼を行う場合、余計なコミュニケーションコストがかかったり、プロジェクトの進捗が遅れたり、最悪の場合プロジェクトが頓挫する可能性もあります。

個人の開発者に依頼する場合は、事前に面談などを行い能力と実績をヒアリングしたり、しっかりと契約を結んだりといったリスクヘッジが重要です。

オフショア開発を使う

オフショア開発とは、ベトナムなどの外国の開発会社に開発を依頼する方法のことです。

オフショア開発には、国内での開発依頼より安い費用で、優秀な人材を盗用できる可能性が高いというメリットがあります。

一方で外国に依頼をするため、コミュニケーションコストがかかるのがデメリットです。

大規模な依頼になるほど、抑えられる費用も大きくなるので、既存サイトのリプレイスなどでは一度検討してみるのがおすすめです。

dehaにShopify構築の相談をしてみませんか?

dehaは「Shopify partner」として、Shopify公認でShopify構築のサポートを行っております。

ShopifyでのECサイト作成、Shopifyの運用、既存サイトのリプレイスやマイグレーションなどのサポートを提供可能です。

またShopify以外でも、ウェブ制作から問い合わせ管理システム、AIを用いた画像処理など様々な開発実績があります。

オフショア開発も行っておりますので、費用を抑えたご提案が可能です。

Shopify構築をご検討中であれば、ぜひ一度、dehaにご相談いただければ幸いです。

>> お問い合わせはこちら

関連記事