TOP テクノロジーShopify 【徹底解説】ShopifyとShopify Plus比較。10個の大きな違い!

【徹底解説】ShopifyとShopify Plus比較。10個の大きな違い!

by Mai Tran

はじめに

ShopifyとShopify Plusどちらを選択しようと悩んでいる方はいらっしゃいますか。

現在、個人や中小企業にとってオンライン販売を検討する際にShopifyが最適な選択だと思います。

ですが、大手企業なら、よりカスタマイズ可能な要望があるかもしれません。そしてShopify Plusはその場合、適切です。

Shopify Plusはエンタープライズ向けで、Shopifyの通常プランと同基準のダッシュボードや優れた機能を導入していますが、新機能や専用の支援など総合的なサービスが追加されています。

そこで本記事ではShopifyとShopify Plusを比較し、10個の大きな違いを解説させていただきたいと思います。

専用のアプリとチャネル

Shopify Plusを活用したユーザーは、Shopifyの通常ユーザーより専用のアプリ・チャネル限定で使用することが可能です。

卸売チャネル:BtoB向け販売に関するユーザーを支援するチャネルです。

Shopify Flow: 自動的なEコマースプラットフォームです。シンプルなビジュアルビルダーを使用し、ネットショップ内や自社のアプリの上で、顧客対応のタスクとオフィスのプロセスを自動化することに役に立ちます。指定されたトリガー・アクション・条件が保存・実行されます。例えば優良顧客をタグ付けや再配置の要求送信などです。

Launchpadフラッシュセールの計画・自動化や、販売キャンペーンや、商品発売活動などを支援するものです。Launchpadを使用してイベントが終了すると、商品価格の変更がすぐ戻るようになります。

Script Editorカート内やチェックアウト段階で顧客の体験を個人化することが可能です。小さいコードは、割引を適用し、支払いや配達などのオプションをカスタマイズできるようになります。そして、カート放棄率が減少されます。

Transporter: 顧客・商品情報データや、注文履歴を自社のネットショップに入力します。このアプリは、他のショップに顧客情報データを簡単に送ることができます。

Bulk Account Inviter: 別のプラットフォーム・ショップから顧客アカウントを招待することが可能です。

追加APIコールと結合する

ユーザーが第三者のアプリを最大限に活用できるため、Shopify PlusはGift cardやUserやMultipass loginなどの高度なAPIリソースを含みます。

Gift card:APM(Alternative Payment Method-支払代替方法)の一つの決済のことです。

Multipass login:といったのは、サイト訪問者を自社のショップにリダイレクトすることです。個別の登録情報無しで、顧客のデータベースを同期する必要がありません。

User:スタッフのアカウントに関して情報を追加・削除・編集・取得などができることです。

既存のプラットフォームと結合する

自社のショップが無制限で様々なアプリと連携できるかもしれません。ですが、高成長と複雑な企業に対して、既存のプラットフォームと結合できれば、より役に立つと言えます。そいう場合なら、ShopifyのAPIを利用することが可能です。

例として、下記のプラットフォームがあります。

・商品情報管理(PIM)

・企業のリソースに関する企画(ERP)

・在庫・注文の管理(IMS及びOMS)

・顧客との関係管理(CRM)

・第三者のロジテックス(3PL)

・倉庫システム管理(WMS)

・世界中のフルフィルメントの協業者(GFP)

決済に関してより細かく制御

自社のショップオーナーとして、既存顧客に対する多くの特別な面倒をすることが当たり前です。その面の上に、Shopify Plusを使用する際に、ショッピングカートの価値や他の条件に基づいて顧客の決済手段をカスタマイズすることが可能です。さらに、自社はShopify ScriptsやScript Editorアプリを使用できるようになります。両方を使用すると、より細かく制御するだけではなく、配送方法や顧客分別や決済選択などをカスタマイズすることが可能です。もちろん、Shopify通常プランの場合には、上述したことが不可です。Shopify Plusのみが利用できます。

Liquidのアクセスでより豊富なテーマのカスタマイズ

Shopifyの通常プランの際に、Theme Ediorアプリを使用すると、テーマをカスタマイズできますが、完全に新しいテーマに切り替えるのは難しいと言えるでしょう。

一方、Shopify Plusプランなら、高度なカスタマイズでLiquidのようなテーマ言語にアクセスすることが出来ます。そうすると、コードレベルの変更を加えて、より細かく制御できるようになります。

専任のアカウントマネージャー (専任のエンジニア)

Shopifyの特徴の一つが24時間年中無休サポートサービス(メール、電話、チャットなどでサポートする)を提供していることです。しかし、問題がより大変になってきた場合、Shopify Expertsが必要になります。

一方、Shopify Plusプランなら、自社のショップに個人的な専用のサポートが提供されるようになります。自社のショップのサイト構築・運用するために、指定されたエンジニアの支援を導入します。また、第三者のサービスと結合したり、ビジネス協業者を探したりする場合、エンジニアもサポートします。

無制限のスタッフアカウントに対応

Shopify通常プランにおいては、スタッフアカウントが限られるようになります。

Shopify Plusなら、無制限のスタッフアカウントを追加が可能で、追加権限設定も許可されます。

さらに、管理者アカウントとして、スタッフアカウントの操作履歴も管理できるようになります。

個別の卸売販売チャネル

Shopify Plusプランにおいては卸売販売チャネルがあります。

自社のビジネスが成長していく場合、まとめて商品を購入したい顧客がいるようです。そうすると、卸売販売向けのプラットフォームが必須になってきます。

パスワードで保護された個別の卸売販売チャネルを作成できるようになります。そして、そのチャネルにおいて卸売の購入者に向けて同じ商品が限定価格で売られ、限定商品が提供されることが可能です。

また、価格表や割引コードなどをカスタマイズすることができます。

Shopify Plusプランを使用する際に、BtoCビジネスとBtoBビジネスの両方も合わせると言えるでしょう。

一つのダッシュボード(管理画面)から全てのストアを管理

Shopify Plusプランは、自社に全てのストアや分析データやスタッフアカウントや自動化のツールなどを一つのダッシュボードで管理できるようになりました。そのダッシュボードから見ると、自社のビジネス運用の概要を把握し、社内のチームワークを促進し、自動化を改善することができると思います。

Merchant Success ProgramやShopify Plusパートナープログラム

Shopify Plusを使用して、最大限の価値を導入するといったMerchant Success Programがあります。第三者の総合や、商品や、プラットフォームなどを提供しています。

他に、24時間年中無休のサポートに加え、Shopify Plus パートナープログラムが最も様々なことを支援すると承認されています。例えば、フラッシュ販売などのイベントの支援や、業界の流行などです。

まとめ

いかがでしょうか。

ShopifyとShopify PlusでECサイト構築・運用の基準な機能に関して様々なサービスを提供していることがわかります。比較のポイントとしては、Shopify Plusなら、エンタープライズ向けの柔軟性や、サポートオプションなどがあります。

Shopify構築と運用に関してご質問・ご相談がございましたら、DEHAにお気軽にお問い合わせください!

関連記事