deha magazine / SaaS / 【注目】Shopify(ショッピファイ)開発のハードルを越えられるのはオフショア開発だけ!

【注目】Shopify(ショッピファイ)開発のハードルを越えられるのはオフショア開発だけ!

2020/11/16

人気のECサイト構築サービスShopifyは、カスタマイズ性に富んでいて本格的なECサイトを作成することができます。

一方、海外発のサービスということで英語力に自信のない方などは扱いにくいプラットフォームでもあります。

Shopifyを始めてみたいけど英語力に自信がない

そんな方はオフショア開発を利用してみるのはいかがでしょうか?

この記事では

・Shopify開発のハードルを越えられるオフショア開発とは何か
・オフショア開発がShopify構築におすすめの理由

について解説しています。これを読めば英語力がなくてもShopify構築ができる秘密が分かりますよ。

Shopify(ショッピファイ)開発のハードルとは

Shopifyの構築にはいくつかのハードルがあります。

1つは、英語のドキュメントが多い点です。
Shopifyはカナダ発のサービスであり、まだ日本国内ではあまり浸透していません。
そのため、一次情報は、英語の物が多いです。

最近では、じわじわと日本語の情報も増えてきていますが、それでも本格的にShopifyの構築やカスタマイズを行うには、英語のドキュメントに触れる必要があります。

もう1つは、開発会社の少なさです。

Shopifyは、2017年ごろに、Shopify Japanを立ち上げ、日本に進出してきました。
2017年当初よりは、対応している開発会社や個人のエンジニアも増えてきていますが、それでも他のECプラットフォームより開発会社が少ないのが現状です。

そのため、予算を抑えながら、国内の開発会社を探すのは難しいのが現状です。

オフショア開発がShopify構築に向いている理由

先ほど紹介したShopify構築のハードル。これを越えていかないと運営は難しいと言えます。

そこで注目したいのがオフショア開発です。オフショア開発とは ”Off Shore”=「岸:Shoreから、Off:離れた」が語源で、海外での開発を行うことを指します。

オフショア開発を行っている会社は、海外の情報に強い

まず、オフショア開発を行っている会社は、常日頃から海外の開発チームと共同し、プロジェクトに当たっているため、海外の情報に強い傾向にあります。

当然、英語のドキュメントに触れる機会も多いため、国内で完結している開発会社よりも、正確にShopify構築を行えるでしょう。

また、越境ECを構築する際の言語や通貨対応等も、国内企業と比較して強い傾向があります。

オフショア開発では、低コストで優秀な技術者を登用できる

オフショア開発では、コストを下げつつも、優秀なエンジニアを登用することができます。
そのようなことが可能な理由は、日本と開発をする国との間にある、賃金格差です。

日本では低賃金とされる金額でも、ベトナムなどでは高級取りになりえます。
日本で同じ金額でエンジニアを雇おうとしたら、技術力の高くないエンジニアしか登用できませんが、ベトナムでは国の中でもトップクラスのエンジニアを登用できる可能性があります。

一般的に、オフショア開発では、国内で開発するより40%ほど費用を抑えることができると言われています。

Shopifyの構築においても、国内だけでなく、オフショア開発を視野にいれて検討すると、より費用を抑えた開発が可能となるでしょう。

Shopifyの構築をオフショア開発に依頼するときの注意点は?

Shopifyの構築をオフショア開発に依頼する際は、以下の2点を注意しましょう。

  • Shopifyの構築に実績のあるオフショア開発会社を選ぶこと
  • 異様に金額の安いオフショア開発会社は避けること

Shopifyの構築に実績のあるオフショア開発会社を選ぶこと

いくらオフショア開発会社が、海外の情報に強いといっても、Shopifyの構築をしたことがない開発会社の場合、プロジェクトがスムーズに進行しない可能性があります。

Shopifyの構築実績のある開発会社の場合、Shopifyの構築に必要なエンジニアを抱えている場合が多いです。

また過去の経験から、Shopify特有のトラブルへの対処もスムーズに行えるはずなので、実績ある開発会社を選ぶようにしましょう。

特に、Shopify partnerと呼ばれる、Shopify公認のサポート会社なら、より安心して依頼できます。

異様に金額の安いオフショア開発会社は避けること

また、たまに異様に安い金額を提示していくるオフショア開発会社もあります。
上述したように、オフショア開発では、国内での開発より40%程度費用が下がるのが相場です。

異様に安い金額を提示してくるオフショア開発会社では、まともにエンジニアを確保していなかったりする場合があり、依頼したプロジェクトが頓挫する危険性があります。

相場から大きく解離した価格を提示された場合は、注意が必要です。

Shopifyを構築する際の相場は「【ECサイト運営のコツ】Shopify(ショッピファイ)構築の相場は?【知らないと失敗】」の記事で解説しています。

dehaにご相談してみませんか?

dehaは、Shopify partnerとして、Shopifyの構築やカスタマイズ、既存ECサイトのリプレイスやマイグレーションなどを請け負っています。

オフショア開発で開発を行っており、Shopify以外でも、ウェブ制作からAIを使った画像識別ソフトの開発まで、幅広い開発実績があります。

ベトナムの優秀なエンジニアチームと連携してプロジェクトにあたるため、費用を抑えつつも、クオリティの高い開発を行うことができています。

もし、Shopifyの構築を依頼できるオフショア開発会社をお探しなら、ぜひ一度、dehaにご相談いただければ幸いです。

>> お問い合わせはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT