deha magazine / システム開発 / OpenCVを使ったブロブ検知の概要

OpenCVを使ったブロブ検知の概要

2020/06/19

1.Blob とは?

ブロブとは塊のことです。例えば、白い紙に黒墨を溢して残った塊ごとに1つブロブとして扱われます。

2. Open CVを使ったブロブ検知の利用方法

ブロブ検知を利用して画像にあるブロブを見つけ、カウントします。

C++ 言語でインストールする手順:

using namespace cv;

// Read image

Mat im = imread( “blob.jpg”, IMREAD_GRAYSCALE );

// Set up the detector with default parameters.

SimpleBlobDetector detector;

// Detect blobs.

std::vector<KeyPoint> keypoints;

detector.detect( im, keypoints);

// Draw detected blobs as red circles.

// DrawMatchesFlags::DRAW_RICH_KEYPOINTS flag ensures the size of the circle corresponds to the size of blob

Mat im_with_keypoints;

drawKeypoints( im, keypoints, im_with_keypoints, Scalar(0,0,255), DrawMatchesFlags::DRAW_RICH_KEYPOINTS );

// Show blobs

imshow(“keypoints”, im_with_keypoints );

waitKey(0);

3. 色彩、形、サイズでブロブを検知する

SimpleBlobDetectorのパラメターを設定すれば、絞り込みたいブロブを検知する事が出来ます。

・SimpleBlobDetectorのパラメターを設定する方法

SimpleBlobDetector::Params params;

・閾値でフィルター

// 閾値の min, max値を定める 

params.minThreshold = 10;

params.maxThreshold = 200;

サイズでフィルター:

params.filterByArea = true;

params.minArea = 1500;

params.maxArea = 5000;

円形度(circularity)でフィルター:

params.filterByCircularity = true;

params.minCircularity = 0.1;

円形度(circularity)の数式:円形度 = 4πS / L^2

S:面積(画像数)
L:周囲長
0 < circulary < 1.
円形の近い形であればあるほど循環が1に近くなります。

凸面(convexity)でフィルター:

params.filterByConvexity = true;

params.minConvexity = 0.87;

凸面 (convexity)の数式:(ブロブの面積) / (凸面の面積)

0 < convexity < 1.

Inertia Ratioでフィルター:

params.filterByInertia = True

params.minInertiaRatio = 0.1

Inertia Ratioは形態の伸び率を意味します。

円形のInertia Ratio = 1
楕円形のInertia Ratio 0< Inertia Ratio< 1 
直線のInertia Ratio = 0

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

オフショア開発のご相談やお見積りはこちらから
CONTACT

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT