deha magazine / システム開発 / 基幹システム開発とは?ERPとの違いを解説

基幹システム開発とは?ERPとの違いを解説

2024/03/22

基幹システム開発は企業の重要な業務を支えるシステム開発です。業内の様々な部門やプロセスを統合し、情報の一元化や効率化を図ることができます。

一方、似たようなシステムでERPがあります。

本日はそんな基幹システム開発とERPについてどんな特徴があるのかや、それぞれの違いについて解説していきたいと思います。

  • 基幹システム開発とは何か知りたい方
  • ERPとは何か知りたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めば基幹システム開発がどんな役割を果たすのかが分かりますよ。

基幹システム開発とは?

基幹システム開発とは、企業が業務の中核となる様々なプロセスや機能をサポートするためのソフトウェアシステムを構築することを指します。

これは、企業の基本的な業務プロセスやデータの管理、リソースの配分などを効率化し、組織全体の効率性や生産性を向上させることを目的としています。

基幹システムは、会計、人事、在庫管理、顧客管理など、企業の中核的な業務領域をカバーすることが一般的です。

これらのシステムは、企業内の様々な部門やプロセスを統合し、情報の一元化や効率化を図ることで、組織全体の意思決定や戦略立案に貢献します。

ERPとは

ERP(Enterprise Resource Planning)は、企業全体の様々な業務領域を統合的に管理するためのソフトウェアシステムです。

会計、購買、在庫管理、生産、人事などの機能を統合し、リアルタイムで情報を共有することで、業務プロセスの効率化や意思決定の迅速化を図ります。

ERPは、企業の生産性向上や競争力強化に貢献し、組織全体のリソースを最適化します。

関連記事:SaaS型ERPとは?製造業における活用方法を解説

基幹システム開発とERPの違いは?

基幹システム開発とERPの違いは、主に以下の点にあります。

カスタマイズ性

基幹システム開発は、企業の独自の業務プロセスやニーズに合わせてカスタマイズされることが一般的です。これにより、特定の業界や企業に最適化された機能やワークフローを実装することが可能です。

一方、ERPはある程度の標準化された機能を提供しますが、カスタマイズは可能ですが柔軟性には限界があります。

ERPのカスタマイズは、モジュールや設定の変更、ワークフローの調整などを通じて行われますが、全ての要件に対応することは難しい場合があります。

基幹システム開発は、ERPよりも柔軟性が高く、より細かいニーズに対応することが可能ですが、その一方で導入にはより多くの時間やリソースが必要となります。

範囲と規模

基幹システム開発は、特定の業務領域やプロセスに焦点を当てることがありますが、その範囲は企業によって異なります。

例えば、会計、人事、在庫管理、顧客管理など、ある特定の業務領域に特化したシステムを構築することがあります。

一方、ERPは企業全体の機能を網羅することが一般的です。ERPは会計、生産、購買、販売、在庫管理など、複数の業務領域を一元管理するための包括的なソリューションです。

ERPは、組織全体のリソースを最適化し、業務プロセスを統合することで、効率性を向上させます。

そのため、基幹システム開発は特定の業務領域に焦点を当てることができる反面、ERPはより広範囲かつ包括的な機能を提供することが特徴です。

導入と運用

基幹システム開発は、企業の特定の業務領域やプロセスに合わせてカスタマイズされたシステムを構築することを指します。

導入は、このカスタマイズされたシステムを企業内に導入し、既存の業務プロセスに統合するプロセスです。導入には、要件定義、設計、開発、テスト、トレーニング、データ移行などの段階が含まれます。

一方、ERPは、標準化された機能を提供するパッケージソフトウェアです。導入は、ERPベンダーからソフトウェアを購入し、カスタマイズや設定を行い、既存の業務プロセスに適合させるプロセスです。

ERPの導入は、通常、基幹システム開発よりも迅速に行われる傾向がありますが、柔軟性には制限があります。

運用に関しては、基幹システム開発の場合、企業は自社のITチームやサードパーティーによってシステムを管理し、保守、更新、トラブルシューティングなどを行います。

一方、ERPの場合、ベンダーがソフトウェアの保守やアップグレードを提供することが一般的であり、企業はそのサービスを利用します。

まとめ

いかがでしたか。本日は基幹システム開発に関してどんな特徴があるのかや、ERPとの違いについて解説していきました。

基幹システム開発はカスタマイズ性が高く、特定の業務領域やプロセスに焦点を当てることができました。

一方ERPは、企業全体の機能を網羅することが一般的でしたね。

基幹システム開発とERPは、企業の業務効率化や生産性向上にとって重要な役割を果たしますが、それぞれの特性や適用範囲を理解し、適切に選択することが重要です。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT