TOP テクノロジーReact Native クロスプラットフォーム対応の「React Native」で効率的にアプリを開発

クロスプラットフォーム対応の「React Native」で効率的にアプリを開発

by Van Nguyen

スマートフォンやタブレットの普及が進み、私達の生活やビジネスにはなくてはならない存在となりました。そして数え切れないほど存在するアプリの中から、興味があるもの・必要なもの・勧められたものなど、無料・有料を問わず日常的にダウンロードをして手軽に利用します。利用者にとっては自分のスマートフォンに対応したネイティブアプリを利用する、ホームページを利用しているつもりで無意識にWebアプリを利用する、といったことが日常になっていますが、アプリを開発する側にとって、プラットフォームをどうするか、というのはとても重要なポイントです。iOSとAndroidの2種類をそれぞれ開発するか、Webアプリで開発するか、あるいはハイブリッドアプリを開発するか、などの選択肢があります。
社内のエンジニアのリソース・スキルやクライアントの予算・納期などさまざまな要素を考慮しなくてはなりません。

そこで今回はクロスプラットフォームに対応し、アプリ開発をスムーズにできる「React Native」をご紹介します。

「React Native」とは?

「React Native(リアクト・ネイティブ)」はFacebook社が開発したJavaScriptのフレームワークである「React」をモバイルで利用できるようにしたものです。

さまざまなメリットがあるため、世界中で数多く採用されています。「Github」の2019年の「Top Open Source Projects」のContributorランキング※では6位となっていて、習得するエンジニアが多いこともわかります。

※https://octoverse.github.com/#top-and-trending-projects

「React Native」で開発されたアプリ

Facebook社が開発したので当然ですが「Facebook」「Instagram」は「React Native」で作られています。
その他にも以下のような有名・人気のアプリ・サービスも「React Native」を採用していると言われています。

フリマアプリ「メルカリ」
写真共有サービス「Pinterest」
フードデリバリーサービス「Uber Eats」
通話アプリ「Skype」
Web作成サービス「WIX」
Twitterまとめ「Togetter」

「React Native」は約1ヶ月に1回アップデートのリリースがあり、進化を続けているため、今後も採用する企業が増えると予測されています。

「React Native」のメリットとデメリット

一番のメリットはクロスプラットフォームであることです。
通常のネイティブアプリはiOS用、Android用とそれぞれ開発が必要で、開発エンジニアもそれぞれ必要です。しかし「React Native」はiOS・Androidのアプリを同じコードで開発できます。
さらに、多くのWebエンジニアが習得している「React(JavaScript)」でコードが書ければ、新たにアプリ用の言語やフレームワークを習得する必要がありません。その他のフレームワークと比較しても学習時間・コストが抑えられるので、開発側、クライアント側にとってコスト・リソース・納期などで大きなメリットがあります。
また開発者にとってのメリットとしてはリロード機能が使いやすく、修正対応がスムーズに行えることも挙げられます。

ただし「React Native」にもデメリットははあります。アップデートが頻繁に行われるため自身の開発環境のアップデートもその都度必要になってしまいます。改良されるのはよいことですが、環境維持・メンテナンスの手間が増える場合もあります。
また日本語の情報が少ないので、情報収集をする場合には英語のスキルも必要となります。リリース当初に比べると日本語の情報も増えてきてはいますが、やはり最新の情報となると英語になってしまいます。

ライバル?Googleの「Flutter」と比較

Google社が開発した「Flutter」も人気のモバイルアプリケーションフレームワークです。

「React Native」がWebを前提としているのに対し「Flutter」はネイティブモバイルアプリを前提としているのが大きな違いです。そのためWebよりネイティブの経験があるエンジニアにとっては「Flutter」の方が入りやすいと言われています。

ただし「Flutter」はプログラミング言語がGoogle社の開発した「Dart」となっています。C#やJavan近い構文とは言われていますが、習得コスト・時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

「React Native」と「Flutter」のどちらがよい、ということはありません。開発するアプリの特性やクライアントからの要望にマッチするものを選定する必要があります。

まとめ

「React Native」はWeb技術や仕組みを元にしているためWebエンジニアが今まで培ってきたスキルを活用し効率的にアプリを開発することができます。

また「React Native」を採用している開発会社のオフショア開発を利用すれば低コスト、短期間でのアプリ開発が可能です。

メリットとデメリットをバランスよく解決できれば「React Native」は強力な武器となるでしょう。

React nativeの関連記事

React NativeのプロジェクトにTypeScriptを導入する方法 (2019年最新版)

React Nativeのアプリ開発環境の構築 (Mac編)

関連記事